律「唯パジャマどれだ」

唯「こぇ」

律「これか?」

唯「うん」

律「脱がすからじっとしてろよ」プチプチ

唯「ひははwくすぐったい」

律「じっとしてろって」

律「これで全部終わりか?はぁ」

一息ついて唯の部屋を見回す。

律(こうなってからベッド以外ろくに使ってないんだろうな。…ん?)

律「これ…」カタッ

律(…唯が軽音部に入った時に撮った写真だ…)

唯「りった!りった!」

律「ん?あぁ、これ私だなwほとんどデコだな、プハ」

唯「みおた、むぎたん」

律「おーそうだな。唯もいるな」

唯「ゆい」

律「……ま、寝るか」カタン

唯「ねゆ」

律「おやすみな。じゃあな」

グィッ

唯「りったん」

律「なぁ唯、私もう帰るんだ。分かるよな」

唯「っかんなぃ…」ギュウ

律「なぁ…」

唯「りったん」

律(…あ、もう日付変わってるし…あーもう明日めんどくさいなー…)

律「分かったよ一緒に寝てやるから」

唯「りったん!りったん!」

律「なぁ唯、明日学校休んじゃうか」

唯「やすむ」

律「おー休もう。どっかいきたいとこあるか?」

唯「んん…りったんがいい」

律「そうか」

律「電気消すぞ、おやすみ」パチン

~~

律「おいーす」ガチャ

唯「あ、りっちゃん隊員!おいっす!」

律「あー唯、早いな。他の皆は?」

唯「私だけだよ~」

律「そうかー」

律「ムギ早くこないかなーお菓子くいてー!」

唯「あははそうだね」

律「澪もまだなのか~、何してんだあいつ」

唯「そだね、遅いね」

律「梓も練習練習うるさい割りに遅いのな」

唯「はは、ほんとだね~」

唯「……ごめんねりっちゃん私しかいなくて」

律「ん?何言ってんだ唯」

唯「ごめんねりっちゃん…」

律「お、おい唯なんだよ謝るなって意味わかんないって…なぁ…」

~~

律「…!!」ガバッ

律「……夢かよ」

律「……」チラ

唯「んん~…りった…ムニャ」

律「……」

律「ぅっ」ブルル

律「トイレいこ」


唯「りった!りった!」ギュウギュウ

律「んが…ぅあ… …ゆ、ゆい」

唯「りったん!りった!」

律「はいはい起きるよ、んん~っ!」

律(唯に起こされるとは)

唯「りった、ごはん」

律「あぁ分かった分かった。ちょっと待ってな」


律「うーん、食パンぐらいしかないなぁ…まぁいいか」

唯「んぐもぐ」モシャモシャ

唯「…ぇう」

律「どうした唯」

唯「じゃむ」

律「いや、無かったぞ」

唯「じゃむ~」

律「わ、わかったよ…ちょっと待てってもっかい探すから」


律「自分ちじゃないから全然わかんないってもう…」ゴソゴソ

唯「じゃーむうー♪じゃーむぅうう」

律「分かった分かったから静かにしてろってもう」ゴソゴソ

律「あ、ここか?…あった。ふぅ~買いに行かなきゃならないかと思って焦ったぜ」

律「ほら貸せ、塗ってやるから」

唯「じゃむりったん!ひははw」

律「ジャムおじさんって言いたいのかこいつ」


唯「はらいっぱい!」

律「よかったな」

唯「いっぱい!」

律「聞いたよもう」

唯「いっぱいい~」

律「…あ、ああ。これか」ポンポン

唯「んくくwおなかぽんぽん」

律「はいはい」ポンポン

唯「りったん!りったん!」

律(こりゃ憂ちゃん大変だわ…)ポンポン

唯「ぁうー」ゴロゴロ

律「なぁ唯、せっかく休んでるのにずっと家にいるのもつまんないだろ」

唯「んぁあ?」

律「どこかでかけたくないのか?」

唯「りったんがいい」

律「って言われてもなぁ」

唯「うーいー」

律「あ、そうか。そうだな、憂ちゃんに会いに行こうか」

律(…昨日みたいにならないといいけど)

唯「うーいー!りったん!」

律「わかったわかった。今日は自分で歩けよ」

唯「うん」


ガチャ

律「失礼します」

憂「あ…律さん。学校じゃ」

律「あぁ…なんか休んじゃった」

唯「うーいー!」

憂「お姉ちゃん。 そうなんですか…お、お姉ちゃんのせいですよね」

律「いや…まぁ…いいんだよ、なんかめんどくさかったしさ」

憂「ごめんなさい…」

律「だ、だからいいんだって(もうほんとマジで…)」

唯「うーいーうーいー」

憂「お姉ちゃん、ちゃんと律さんの言うこと聞いてる?」

唯「うーいー」

律「まぁ大丈夫だよ、大体は」

憂「そうですか」

律「まぁ昨日よりは顔色良さそうだし安心したよ」

憂「あ、はい。あとちょっとだけお姉ちゃんお願いします…」

律「いいから気にしないでゆっくり休んでよ、そうじゃないと早く良くならないだろ」

憂「は、はい…」

唯「うーーいいいー」

律「そろそろ行くぞ、唯」

唯「うー!ううー!」

憂「お、お姉ちゃん!」
律「唯」

唯「うー。りったん」

律「…よし、行こう」

唯「うーいーばいばい」

憂「あ、うんばいばい…」

ガチャ

憂「………」



律「はぁ。まぁこれぐらいだよな出かけるって言っても」

唯「だぅーぁ」

律(電車とか使うのもあれだしな)

唯「りった!あいす」

律「分かった分かった、途中で買って帰ろう」

唯「しろくま」

律「分かってるって」


唯「うまうま」ベタベタ

律「あーあーまた口の周りべったべただよ、きったないなー(マジで)」

唯「ぁう」

律「自分で拭けな。ほら」

唯「だぅう」フキフキ

ピリリリリリリ

律「ん、誰だろ」ゴソゴソ

律「澪…」ピッ

澪『もしもし律?』

律「おー澪、なんだよ」

澪『なんだよはこっちの台詞だろ、部活きてないからどうしたかと思ったら
  ムギに今日は律休みだって聞いてさ。風邪でもひいたのか?』

律「いや、ひいてないけど」


澪『じゃあズル休みか?お前そんなことしてるとなー…』

唯「りった、ふいた。りったん!」

澪『……今の唯か?』

律「あぁ、そうだけど」

澪『あー…その…わ、悪かったな。そ、それじゃ』ピッ

ツーッ ツーッ

律「………」

唯「りったんでんわ」

律「もう終わったよ」

唯「りった!」

律「…たく、ここまだついてるし」フキフキ

唯「あぅ」


ピンポーン

唯「ぴんぽん!ぴんぽん」

律「ん、誰だ?(まさか憂ちゃん奇跡の超回復か?)」

律(んー…憂ちゃん以外なら唯出すわけにもいかないよなあ)

律「ちょっと出てくるな」

律「は~い」ガチャ

梓「あっ。え、律先輩?」

律「な、なんだ梓どうしたんだ」

梓「今日憂休んでたのでお見舞いに来たんですけど…律先輩こそ何してるんですか」


律「えーっと…なんてーか、その…とりあえず憂ちゃんは今ここにはいないよ。
  過労で倒れちゃってさ、今は病院にいるよ」

梓「そ、そうなんですか!?」

律「んで私はその…」

唯「あー!あずなん!」

梓「え」

律「あっ、唯」

唯「あずなんー!」だきっ

梓「ひっ!」

律「……」

梓(あ、思わず…や、やな感じだったよね今の…)

梓「あはは、唯先輩お久しぶりです(よ、よだれついてる~…)」

律「…」


3
最終更新:2010年01月27日 03:15