唯「私を飼いたい?」

梓「はい」

律「唯なんて絶対手間かかるって!私にしとけよ。な?」

澪「律なんてダメだ!私を飼ってくれ!」

紬「私を解体して~」

梓「私は唯先輩がほしいんです」

唯「もぅあずにゃんたら~///」


憂「梓ちゃん私を飼って!掃除洗濯料理なんでもするよ!」

和「私なんてどうかしら?みんなほどかわいくはないけど一生懸命尽くすわ」

さわ子「今なら私は半額セール中よ!お願い飼って!!」

梓「うーん…」


ペットショップ「けいおん!」




梓「とりあえず唯先輩を飼ってみました」

唯「あずにゃーん」

梓「はーいどうしたんですか~」

唯「アイス食べたい」

梓「んも~かわいいなぁ~」ギュー 

唯「あずにゃーん///」

梓「唯先輩いい匂い」ナデナデ




梓「とりあえずムギ先輩を飼ってみました」

梓「ムギ先輩ごはんですよ~」

紬「いただきます」モグモグ

梓「どうですか?」

紬「やっぱり庶民の料理は口にあわないわ…」 

梓「へぇ…そんなこと言うんですか…」

紬「…」ドキドキ 

梓「あなたは今私のペットなんだからそれを自覚しなさい!」パンッパンッ 

紬「もっと!もっとぶって!」ハァハァ 

梓「むぎゅううううううううううう」パンパンパンパン

紬「あぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあ!!」ビクビク





梓「とりあえず澪先輩を飼ってみました」ナデナデ

澪「///」

梓「~♪」ナデナデ

澪「なぁ梓…///」

梓「なんですか?」ナデナデ 

澪「なんで胸を撫でてるんだ?普通頭だろ///」

梓「澪先輩を飼ったらこのおっぱいをナデナデしたかったんです」モミモミ 

澪「そうか…ならいいんだけどさ…あん///」

梓「~♪」チュパチュパ





梓「とりあえず和さんを飼ってみました」

和「私たちってちゃんと話したことなかったわよね?」

梓「そうですね。私は年下だし接点があまりなくて」

和「それが今ではペットと飼い主の関係なんてね」

梓「人生わからないもんですね」

和「…やっぱり気まずいわね…」

梓「そんなことないですよ。私今すごく興奮してます」ハァハァ 

和「どうしたの!?」

梓「実は真面目な委員長タイプな人をペットにするの夢だったんです」ハァハァ 

和「ちょっ落ち着いて!」
梓「いただきます!」ガバッ 

和「きゃあっ!」







梓「とりあえず憂を飼ってみました」

憂「よろしくお願いします。お嬢様」

梓「どうしたの?」

憂「私は今日からお嬢様のペットですから。何なりとお申し付けくださいませ」

梓「なんか照れるなぁ」

憂「お食事になさいますか?お風呂になさいますか?」

梓「じゃあまずお風呂にしようかな」

憂「かしこまりました。お背中流させていただきます」

梓「よろしく~」







梓「とりあえず律先輩を飼ってみました」

律「へへーん!梓に私が飼い馴らせるかな?」

梓「こちょこちょ」

律「ぶははwwwやめろよwww」

梓「やめませーん」コチョコチョ 

律「やめてwww」

梓「律先輩はこーゆースキンシップが大好きなんですね」

律「ひぃwwwひぃwwwもうダメwww」

律「お返しだー」

梓「きゃあwwwくすぐったいですよぅwww」

律「ほれほれー」コチョコチョクチュクチュ 

梓「ちょっとどこさわって…やん///」

律「ふふふ…立場逆転だな」クチュクチュ 

梓「やぁぁぁぁん///」




おわり