唯「だからりっちゃんは、えーと……、やっぱり澪ちゃんかな?」

澪「ひゃえいっ!?」 ビクッ

唯「ここは一肌脱いでさ、りっちゃんの欲求不満を晴らしてあげてよ!ぱーって!」

澪「わ、私が!?りりりり律とっ!!?」 カァァ

唯「りっちゃんも澪ちゃんの方がいいんじゃないかな?どうしても嫌なら、私の体を使ってもいいけど」

澪「だめだ!それは絶対だめえっ!!」 バン!

唯「そう?じゃあやっぱり澪ちゃんしかいないね!」

澪「え?ええええええっ?? ///// 」 クラクラ


唯「? んもう、澪ちゃんの恥ずかしがり屋さんも相当なもんだよね、あずにゃん」

梓「……いやあ、えー。うわあ、えー。」 クラクラ


唯「じゃあ、りっちゃん起こすから、思う存分よっきゅーふまんを解消させてあげてね!」

紬「ライブ?ライブなの?ライブなのオオオッッッ!?!?!?」 シュッポ シュッポ

梓「落ち着いてくださいムギ先輩!ブレーキ!ブレーキはどこっ!?」

唯「りっちゃーん」

澪「まってー!まってー!家で!家でやるからまってー!!!」

唯「えー?んもー、澪ちゃんたらシャイすぎるよー♪」

澪「う、ううう(なんか決まっちゃった、なんか決まっちゃった)」 グルグルグル


紬「家……か…」 プシュウ

梓「と、止まった……」


律「アン…アン……」 クチュクチュ


紬「りっちゃん?りっちゃん……」 ナデナデ

律「ん……むにゅ」

律「んー、ふああ、あれ?部室だ」

唯「おはよう!りっちゃん」

律「そか、あたしここで寝て…ふわーっ」

梓「えーと、よく眠れましたか?律先輩」

律「おう!悪いな梓、練習できなくてさ」

梓「い、いえ!アハ、アハハハ」

律「?」



~~~~~~~~かえりみち!~~~~~~~~


澪(律と律と律と今日の夜に律と) モンモンモン

律「? どした澪、人の顔じっと見て」

澪「え!?な、なんでもないっ!」

律「さては惚れたなー?このあたしに!にひひ」

澪「……」

律「あいたー!……って、あれ?ツッコミなし?」

澪「あ、いや!だ、だれがだー」 コツン

律「うわー」

澪「……」

律「調子悪い?」

澪「そういうんじゃないっ!」

唯「がんばれ、澪ちゃんっ!」

紬「うふふ♪うふふふふふ♪」

梓「早く帰って頭を休ませたいです…」

紬「それじゃあ、私はここで♪」

唯「ムギちゃんまたねー」

律「またなー」


紬「……」

紬「……」 カチリ


律『ほーら、元気だしてー』

澪『だ、だからそういうんじゃないってばっ』

唯『澪ちゃんはえーきを養ってるんだよ!』

澪『ゆ、ゆいっ!』


紬「感度良好ね。りっちゃんのカチューシャに取り付けた盗聴器」

紬「……教室での一件を録音できなかったのは、琴吹紬一生の不覚。」

紬「同じ失敗は決して二度と繰り返さない。これはスケベ心からではないわ、
   琴吹の人間としてのプライドを守る戦いでもあるのよ!」 キリッ

カパッ ピ ピ ピ レディ

紬「斉藤?一般車両と録音機材を用意させなさい。一時間以内に!」



~~~~~~~~~りつんち!~~~~~~~~~~


律「なんか、あたしんちに寄ってくのも久しぶりだよなー?」

澪「あ、ああ……」

律「いやな、今日親いなくてさぁ。」

澪「えっ! //// 」

律「なんなら出前でも」

どたどた

聡「ねーちゃん!おれの…、あ!」

澪「あ、聡くん!……久しぶり」 ニコ

聡「あ、うん、うん!久しぶり!てへへ」 デレ

律「おーおー、色気づいちゃってまあ」 ニヤニヤ

聡「ち、ちげーし!馬鹿アネキ!」 どたどた

律「やれやれ」

澪「さ、聡くん、いるんだ……」

律「ん?いるよ。」

澪「そうなんだ……」

律「?」


~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~
~~~~~


律「ごっそさーん」

澪(普通におそば食べてしまった……。)

律「……」

澪(…よくよく考えれば、いったい、なんて切り出せばいいんだよぅ…。)

律「……なあ、澪」

澪「ん」

律「何かあった?」

澪「えっ」

律「いや、急に泊まるって言い出すからさ。何か悩みとかあるなら、聞くよ?あたし」 キリッ

澪「り……つ」 ジワ

律「まったくー、何年付き合ってると思ってんだい!
  澪がそんな顔してる時は、何か言いたいことがあるけど、言えないって時だよ」

澪「……うん」 グスッ

律「相談でも、手助けでもさ。あたしにできる範囲で力になるからさ。話してみ?」 ニコ

澪「うん……律、ありがとうっ」 グスン

律「よせやい」




~~~~~~~~~~~~~~~


紬「はう」 プシュ

側近「お嬢様が出血なされました!」

斉藤「なんだと!?すぐに止血を!患部は!?」

側近「鼻ですッ!!」



~~~~~~~~~~~~~~~

澪「律……実は、ええと…」

律「うん」

澪「な、何から話せば」

律「ゆっくりでいいから、さ」

澪「うん……えっと、欲求不満を沈めなきゃならなくて」

律「えっ?」

澪「それで、律と…私が」

律「うん。……うんん?」

律「ちょっと待てちょっと待て。もう少し詳しく話してくれ。(澪の)欲求不満がどうしたって?」

澪「こうして意識を保っている間は表には出てこないけど、もう、大変なレベルなんだよ……」

律「た、大変なレベルなんだ……。」

澪「すでに実害も出ているわけだし」

律「じ、実害っ!?」

澪「あ、いや!これは律は知らなくていいんだ」

律「な、なんだよ。そこまで話しておいて…」

澪「…ごめん。でも、そうだよな。ここで止めても気になって仕方なくなるもんな。」

律「じ、実害って、一体……?」

澪「その…教室で、みんなの見てる前で……」

律「えええっ!?」

澪「あ、喘ぎ声…とか、その、指でしてるの見られたり……とか」

律「そ、そんなこと……してたのかっ(澪が)」 クラッ

澪「あ、り、律っ!!大丈夫だ、すぐにみんな忘れてくれるからっ!」

律「い、いやいやいや!楽観的すぎるだろ、澪っ!」

澪(やっぱりショックだったんだ…でも、今は私が律を励まさないと!)

澪「大丈夫、犬に噛まれたようなもんだから!」

律「いや、明らかに自分から噛まれに行ってるよな!?」

澪「無意識のうちなんだよ!仕方がなかったんだ!」

律「無意識なんだ!?いや、それはそれで問題だろ!!」

澪「そうだよ、問題なんだ!」

律「問題だよね!?………うん。」

澪「だから…………」

律「だから………?」


澪「律、……わたし……の…身体…で……欲求不満を……解消………して…くれ……… ///// 」 ぼそぼそ

律( 律・の・身体・で・欲求不満を・解消・させて・くれ……って、えええええっ!?)

律「ほ、本気かよっ!?澪っ!!?」

澪「じょ、冗談でこんなこと言うかっ!!私は本気だっっ!」 キリッ

律「うっ……(この目、澪が決心して周りが見えなくなった時の目だ…)」

澪「私は本気だぞ。律」 キリッ

律「澪……」

澪「……」 ブルブル

律(震えてる……そうだよな。こんな悩みを告白するのに、一体どれほどの勇気が必要なのか……)

律(あたしだから告白してくれたんだ。あたしがここで澪を見捨てたら、一体誰が澪を助けるんだっ!)

澪「律……」

澪(律に…律にこれ以上、あんな恥をかかせるわけにはいかない)
  (私の身体で、律を助けることができるのなら!)

律「……澪」

律(澪に…これ以上、あんなことをさせるわけにはいかない…)
  (あたしの身体で、澪を助けることができるなら……!)

律「……わかった」

澪「律っ!」 パアアア

律「こ、今回だけだかんな!」

澪「だ、だめだ!ちゃんと満足するまでやらないと!」

律「なっ……」

澪「中途半端にするのが一番良くないんだ。……わかるだろ?」 キリッ

律「えっ……う ////」

律「す、好きにしろよ…… //// 」

澪「だから!駄目なんだよ、それじゃあ」

律「ええっ?」

澪「律が満足するまでやらないと、意味がないんだっ!」 ふんす

律「いっ!?」

律(いや、その、あ、あたしのこと考えてくれるのは嬉しいけど、って、そうじゃなくてー、ううー //// )

律「わ、わかったよ。とことん付き合うよ…… //// 」

澪「ありがとう、律……」 スッ

律「あっ……」


トサッ


澪「律……」

律「み、澪……」

澪「律……」

律「ちょ、近いから、澪、このままだと……ん……」




~~~~~~~~~~~~~~~


側近「お嬢様!出血が多すぎます!このままではッ!」

紬「これは、琴吹の名誉をかけた戦いなのよ!ここで死すとも、私は本望ッ!」 だらだらだら

斉藤「ええい、本部!医者と輸血用血液を手配しろッ!大至急だあッ!!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


紬「………はっ!」 がばっ

医者「おお、目が覚めたようじゃ」

斉藤「お気づきになられましたか、お嬢様」

紬「斉藤……私、どのくらい眠っていたの?」

斉藤「貧血で失神なされておりました。1時間ほどでしょうか」

紬「いけない!りっちゃんと澪ちゃんは!?」



澪『可愛いかったよ、律……』 ナデナデ

律『ば、ばか!……ばか』 ////



紬「………うまく…いったみたいね…」


斉藤「録音は完璧にできております。お聞きになられますか?」


キュルキュル カシャ

澪『どうなんだ?律?』 クチュ

律『ひゃうっ!わ、わかんねえよ!あっ!わかんない、からあ!』 ビクンッ

澪『わかんないじゃ、わかんないだろ…な?』 ピチュ

律『ふぅんっ!んっ、……き…きもちーし… //// 』

澪『ふふっ、かわいい。律っ』 グチュッ

律『ひゃああっ!!?』 ビクンビクン

カシャ


紬「……家に帰って聞くわ。ありがとう」

斉藤「はっ」

紬「……」

紬「りっちゃん…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


澪「律……」 なでなで

律「澪……あ、そうだ。ビデオ見ね?」 むくっ

澪「……律…おまえは、ムードとかそういう!」

律「ままま、昨日さ、学校行く前にBS回してたら丁度やってたんだよ!○×△の伝説のライブ映像!」

澪「で、伝説のライブ映像ッ?」 ぐぐっ

律「初公開だってさ!もう空いてるビデオないから、慌てて聡の部屋漁って空のテープ探してきてさ」

澪「事情はいいから!はやく見ようっ!」

律「はは、乗り気だなー?昨日は宿題終わってから見ようと思ってたら、夜遅くなっちゃってさー」

ガシャン ガコ ウィーーーーン

律「不覚にも見てる途中で寝ちゃってたんだよな。はは」

澪「安心しろ、今日は寝たらゲンコツだ」

律「だ、大丈夫だって!まだ夜遅くねーし!」

澪「はじまるぞ!」

律「おお!」


~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~


\ワー/ \ワー/


律「素晴らしかった…」 ウルウル

澪「感動だ……」 ウルウル

律「○○が○○で!」

澪「□□の□□□なんか、もう!」


TV『この後は○○!チャンネルはそのまま!』


澪「あれ、この後は?」

律「予約録画だから、何も入ってないだろ。空ビデオだし。止めるぞ?」


「あん!」


律「えっ」


『アン!アン!アハン!しゅごい!これしゅっごいのお!』
『ええやろ奥さぁん、こんなんひさしぶりとちゃいまっかぁ?』
『ひさしぶりなのお!ああん、あなたごめんなさい!なにわのあきんどと不倫しちゃってごめんなさい!』
『げへへへ、こいつは非売品でっせぇ、奥さぁん』
『んほぉうっ!ほしいっ!このお○○ぽ一家に一本ほすぃーん!!』

澪「」

律「なっ、ななな」

律「なんじゃこりゃあああああ!うおいこら聡てめえええええええええええっ!!」

ガチャバタン ズシンズシン ドタバタン



澪「……ああ…、なるほど…。」


~~~~~~~~~~~~~~~


紬「睡眠学習と、いうことだったのね……」




~~~~~~~~~~~ひらさわけ!~~~~~~~~~~


憂「ふう、宿題もおわったし。おやすみなさーい」

ガチャ

唯「……うい?」

憂「(あは)、おねえちゃん!」

唯「一緒に寝ても……じゃなくて、」

唯「今日は人肌が恋しいから、憂の身体で欲求不満を晴らしに来ました!」

憂「っえ?ええええっ!? //// 」

唯(あずにゃんに教わった難しい言い方でお姉ちゃんっぽくね!) ふんす

憂「お、おおおおおおねえちゃんっ!!?!?」

唯「憂の身体で、欲求不満はらしても、いい?」 ポワン

憂「もちろんッ!!」

唯「わーい!」

憂(よくわからないけど、神様!贈り物をありがとうッ!!!!!)


                                                HAPPY☆END



最終更新:2010年09月28日 20:50