憂「……」

憂「えっと……いったい何だったんだろ?」

憂「あ、早く帰って晩御飯作らないと!」

……

斉藤「……はあ」

斉藤「まさか女子高生に柵越えされるとはな。笑ってまうわ」

斉藤「これからどうすっかな……」

律「お~い、澪~」

澪「ん、律か」

斉藤(あれは確かお嬢様の……。って何で隠れてんだ俺)ササッ

律「昨日の試合見た?」

澪「昨日の試合って?」

律「野球だよ、や・きゅ・う!ホークスが連敗しちまったよ」

澪「ああ、それか。昨日は杉内が投げたんだよな?」

斉藤「……」

律「ああ、でも5回もたずノックアウトだよ。和田の調子も悪いし……」

澪「最近は先発陣が踏ん張れないよな、ホークスは」

律「SBM48とか言ってるけど、どんなに磐石な必勝リレーでも先発が頑張らないと意味ないのになあ」

澪「でもホークスって先発陣がかなり強くなかったっけ?」

斉藤「……!」

律「あ~、数年前はな。杉内・和田のダブルエースに加えて、新垣と斉藤で4大エースって呼ばれてたなあ」

澪「杉内と和田はともかく、あと二人はどうしたんだ?トレード?」

律「まさか!新垣は今2軍だよ。もともと暴投王だったからなあ」

澪「へ~」

斉藤(渚……)

律「あとは斉藤か……あいつは今、プロブロガーやってるよ」

澪「はあ!?何だそれ」

律「だからブログやってばっかなんだよ。怪我して2007年以降は一回も投げてない」

澪「おいおい……」

斉藤(……)

律「ブログで日記書いて、彼女とデートしてるだけで数億円なんだもんなあ。世の中狂ってるよ」

澪「球団は何をやってるんだよ……」

律「でも斉藤は来年は支配下登録から外れるかもしれないってさ」

澪「え、クビ?」

斉藤(っ!)

律「いや、育成枠になるかもってさ」

澪「かつてのエースが育成枠って前代未聞だな」

律「ぷぷっ、そうだな」

澪「それにしてもホークスは優勝どころかCSも危ないんじゃないか?」

律「そうなんだよなあ。はあ、どっかに鷹の救世主はいないもんかね~?」

澪「そう簡単には見つからないから救世主なんだろ?さっ、帰るぞ」

律「お~」

斉藤(……)

斉藤「救世主か……俺には無理だ」

斉藤「プロブロガー、か。はは、言いえて妙だ」

斉藤「そうだ、ブログ……ブログを更新しないと……。俺を待っている読者のために……」フラフラ

紬「……そうやって、また逃げるのね」

斉藤「!?」

紬「言っておくけど、ブログの読者が聞きたいのは鷹のエース・斉藤の言葉よ。野球を捨てた負け犬を待っているんじゃない」

斉藤「う……」

紬「戻りなさい、斉藤。リハビリを続けるわ」

斉藤「でも俺はもう……女の子にも打たれて……。渾身のストレート、130も出てなかった……」

紬「球威が戻っていないのだから当たり前よ。それに球速のせいにしないで。和田選手は120km/hの直球を150km/hに見せて三振の山を築いた、という逸話を持っているわ」

斉藤「……」

紬「……」

斉藤「俺は、」

紬「……周りに何を言われようと、何を思われようと、俺のことを必要としてくれてる以上は頑張る」

斉藤「え……?」

紬「『投げれる』ことを信じて『今』を頑張る。その時の気持ちに『正直』に生きて行くのが『ROUTE66』や!」

斉藤「!!!」

紬「……分かる?あなたの言葉よ、斉藤」

斉藤「……ええ、もちろん」

紬「あなたは自分の言葉通りに生きてるの?あなたのROUTE66とやらはこんなところで終わるの?」

斉藤「……」

紬「私は、私たちホークスファンは、いつまでもエース・斉藤和巳の帰還を信じているわ」

紬「立ち上がりなさい、斉藤!あなたの2003年の20勝は……!2005年の16勝は……!2006年の18勝はっ!」

紬「投手四冠王は、2度の沢村賞はっ!」

紬「過去の栄光なんかじゃ……ない!」

斉藤「おじょう、さま……」

紬「あなたはまだやれる。絶対やれるから……!」ポロポロ

斉藤「……」グッ

紬「斉藤……?」

斉藤「ふふ、お嬢様を泣かせるなんて執事失格ですね」

紬「……」

斉藤「やりますよ、俺」

紬「え……?」

斉藤「もう一度、必ずマウンドへ戻ってみせます!お嬢様のために、俺を信じてくれるファンのために!」

紬「斉藤……!」

斉藤「不束者ですが、よろしくお願いします」

紬「ふふ、ここで使うにはおかしな言葉よ、それ」

斉藤「ははは、そうですか?」

紬「うふふふ♪斉藤!」

斉藤「何でしょう?」

紬「頑張りましょう!」

斉藤「はいっ!」

……

紬「みんな~、お茶が入ったわよ~」

唯「わ~い♪」

澪「おおいっ!?」

梓「練習……」

律「ティータイムの後にちゃ~んとやるって♪」

澪「絶対だぞ!」

紬「お茶菓子で~す♪」ドサッ

唯「おおうっ!?何か今日はいつもよりさらに豪勢だね~!」

梓「す、すごい量ですね……」

律「ムギ、何かいいことでもあったの?」

紬「復活祝いで~す♪」

澪「復活祝いって……誰の?」

紬「うふふ、秘密♪」

唯「何だかムギちゃん楽しそうだね~♪はむっ、うまい!」

律「もう食っとる……」

梓「もう唯先輩!口元にクリームがついてますよっ」

唯「あずにゃん取って~」

梓「なっ……も、もう。しょうがないですね」

律「いちゃつくなら他所でやれ~」

梓「そ、そんなんじゃないです!」

唯「えへへ~、私とあずにゃんはラブラブだよ~♪」ギュウ

梓「や、やめて下さい!///」ジタバタ

澪「こらこら、暴れるな~」

紬「うふふ……」



『……さあ首位攻防戦、大変なことになって参りました!お聞きください、この大歓声!』

『そうです、満身創痍のホークスにこの男が帰ってきているのです!炎のエース・斉藤和巳!肩の手術で今季絶望という話だったのですが……』

『ここまで首位・西武の強力打線の前に獅子奮迅の投球。なんと8回までに打たれたヒットは0!信じられません、本当に復帰後初登板なのでしょうか!』

『9回のマウンドにももちろん斉藤が上がります。さあ2007年以来の勝利へ、大記録へと向かってエースが躍動するっ!』

『第1球、投げた!ストライク!低め厳しい球……』


斉藤和巳。背番号66。 1995年、南京都高からドラフト1位で福岡ダイエーホークスに入団。
2000年、6月24日に対千葉ロッテ戦でプロ初勝利。
王貞治監督ら首脳陣には2003年1月に「エースは斉藤か寺原」と明言され、3月28日の対ロッテとの開幕戦で初の開幕投手を務め勝利。

その後プロ野球新記録となる先発16連勝を記録するなど、パ・リーグでは1985年佐藤義則以来となる20勝を記録。
2004年は調子を崩すものの、2005年に開幕15連勝を含む16勝、2006年には18勝を挙げチームを牽引。
気持ちを前面に押し出す投球でホークスのエースとして活躍。
度重なる肩の故障と手術により、2008年からは一軍での登板なし。

最多勝2回、最優秀防御率2回、最多奪三振1回、ベストナイン2回、沢村賞2回、1イニング4奪三振など、数々の輝かしい記録を持つ。
現時点での通算成績は79勝23敗、防御率3.33。
1977年11月30日生まれ。身長192cm、体重96kg右投げ右打ち。


終わり♪



最終更新:2010年09月28日 21:54