数秒後―――。

純「……舌噛んで死ぬかと思った……」

梓「純、涎出てるよ」

純「えぇ? 本当?」

純(もう、二度と乗らない……)

梓「次何にする?」

憂「ジェットコースター?」

梓「うん、そうしよっか」

純「ばけものだ……、あんな気持ち悪くなるの乗って、ジェットコースター乗ろうなんて……」

梓「いいから行くよ。追いてっちゃうよ」

純「……死ねる、これは死ねる……」

ジェットコースター、ミラーハウス、海賊船、その他さまざまな遊具で遊んで、昼になった。

梓「いやー、楽しかったね」

憂「うん、とても!」

純「つ、疲れた……」

梓「お客さんも増えてきてるね……そうだ、もうお昼ごはん食べない?」

憂「あ、いいね!」

梓「あそこに芝生あるじゃん、そこにしようよ」

憂「うん!」

純「や、やっとお昼だ……うぷ、気持ち悪い」

梓「大丈夫? ジェットコースター乗り終わった辺りからそんな状態だけど」

純「なんとか……」


芝生

純「いただきまーす!」

梓「お昼ごはんになったら突然元気になったなぁ」

純「へへ、立ち直りが早いんだよ」

梓「……そうかなぁ?」

純「細かいことは気にしないー、それにしても、憂のお弁当美味しいね!」

憂「えへへ、ありがとう」

純「もう、完璧! これ売れるよ!」

梓「どれどれ……本当! 美味しい!」

純「でしょ? 憂と結婚できた人は幸せだろうなー」

憂「照れくさいなー」

純「憂食べないの?」

憂「あ、待って。その前にトイレ行ってくるよ」

梓「んー」

憂はとてとてと、トイレに向かう。

梓「美味しいねー、憂の料理」

純「うん」

梓「……………………」

純「……………………」

梓(気まずい……何か話題を……)

純「あ、あのさ」

梓「? 何?」

純「志望校、どこにしたの?」

梓はすこし、既視感をおぼえた。

梓「私は……N女だよ」

純「あ、私と同じ」

梓「へえ、純もなんだ」

純「うん。ねえ、梓」

梓「んー?」

純「大学行っても、仲良くいようね」

梓「もちろんだよ。憂も一緒だしね」

純「うん。また、三人でさ、プール行ったりしようよ」

梓「いいね、それ」

梓(大学行っても、ううん、大人になっても)

梓(ずっと、三人一緒でいよう)

憂「ふいー、混んでたよ、トイレ」

と、そこに憂が帰ってきた。

憂「何の話してたの?」

梓「うん。大学行ってもずっと一緒だって話」

憂「ずっと、一緒かぁ」

梓「うん」

憂「いれるかな? ずっと」

梓「いれるよ。ずっと」

憂「……楽しみだなぁ、大学」

梓「え?」

憂「こうやって、また三人で大学いけるなんて、楽しいことだと思わない?」

純「あー、まあ、確かに」

憂「でしょ? だから、楽しみなんだ」

時刻は12:45

初夏の日差しが、三人を照らしていた。

****************************************

昼食をとった三人はその後、まだ遊んでいない遊具に乗った。

遊園地内の遊具をあらかた経験したころには、時刻は4:00を指していた。

憂「まだ、乗ってないのある?」

梓「うーん、あ、あった!」

憂「何?」

梓「観覧車!」


****************************************


観覧車に三人は乗り込んだ。

すこしの振動と共に、機体が動き出す。

浮上する感覚。

梓「最後って感じがするね」

憂「うん」

純「あーあ、何かこうしてみるとむなしいなー」

梓「まあ、確かに感傷的になるね」

憂「でもさ、楽しかったよね?」

純「うん、まあ」

純「フリーフォールやジェットコースターさえなければ、かなり良かったよ」

梓「まだ、トラウマなんだね」

純「だって、あれは怖すぎるよ」

梓「何度も乗ってたら、慣れるよ」

純「あれだけは慣れたくないね」

憂「……あ、見て! 綺麗!」

純「どれどれ、お、本当だ!」

観覧車内からは街が見渡せた。

純「あ、あれ私の家かも」

ずっと向こうをゆびさして、純が言う。

憂「じゃあ、私の家はあれかな」

梓「あ――桜高」

純「え? どこどこ?」

梓「ほら、向こう」

純「あ、本当だ!」

摘めそうなほど小さく、桜高が見える。

純「何だか、巨人になったみたい」

憂「うん」

梓(……雄大だなぁ)

梓「あーあ、疲れちゃった」

憂「あ、そうかも。遊び疲れがきたよ」

梓「何せ私は12時間も外にいるからなー。もう腰が痛くって」

純「梓、おばあちゃんみたい」

梓「なにおー! 失礼な!」

純「でも、確かに疲れたね」

梓「でしょ?」

純「うん」

憂「また、勉強の毎日かぁ」

純「受験生だからね」

憂「憂鬱だなぁ。ずっと、遊んでいたいよ」

梓「唯先輩みたいなこと言うね」

憂「姉妹だからね」

梓「ふうん」

やがて、観覧車が地上へゆっくりと落下していく。

憂「終わっちゃうね」

純「うん」

梓「いやいや、帰るまで楽しもうよ」

憂「あ、確かにね」

梓「帰るまでが、遠足なんだしさ」

憂「遠足じゃないけどね」

梓「小っちゃいことは気にしない」

三人は観覧車から出る。

憂「日が長くなったね。まだ夕日じゃない」

純「うん」

梓「帰るころには夕日だよ、きっと」

憂「かもね」

三人はフレンズランドの出口へと向かった。

電車に揺られておよそ1時間。

三人は見慣れた桜駅に到着した。

純「おお、梓の言ったとおり、もう夕焼けだ」

梓「でしょ?」

憂「結構綺麗だねー」

梓「うん」

純「あれ? みんなどうやって駅に来たの?」

梓憂「徒歩」

純「私だけ自転車か……」

梓「押してけば?」

純「うん、そうするよ」

純は駐輪場へ向かい、数秒して自転車を持ってきた。

純「じゃ、行こうか」

梓「うん」

赤く染まった道を、三人はゆっくりと歩く。

梓「また行こうね」

憂「うん」

純「今度はフリーフォールなしね」

梓「えー、つまんなーい」

憂「あ、それでさ。夏になったらさ、プール行こうよ」

梓「あれ? そういえば夏になったら唯先輩たち戻ってくるの?」

憂「あ、うん。帰省してくると思うよ。楽しみだなぁ」

梓「そのとき、教えてよね」

憂「もちろんだよ」

純「……なんかさ、来年は大学生になるって言う実感がわかないなぁ」

梓「確かに、ね」

梓「あ、でも浪人してるんじゃないの?」

純「うう、それは考えたくないなぁ」

梓「ま、私も頑張らなきゃね。N女行くんだから」

憂「あ、そうそう。いつの間にN女にしたの? 朝の時点では音大にしようか悩んでいるって言ってたのに」

梓「だって、先輩達が待ってるんだもん。N女を選ぶよ」

憂「よかった、お姉ちゃん喜ぶよ」

純「みんなで、絶対現役合格しようね」

梓「うん。絶対」

憂「……あれ? でも、そんなうまくいくかな? よく考えたら」

梓「うまくいくよ。私たちなら」

純「そうだよ。何しろ私たちだもん!」

憂「理由になってないような気がするけど……自信が出てくるよ」

梓「大丈夫だって、信じれば夢は叶うって言うじゃん」

純「そうだ、合格したらパーティ開こうよ! 三人でさ、美味しいもの食べるの」

梓「いいね! それ」

憂「楽しみー」

梓「――あ、そういえば。もう少しで修学旅行あるね」

純「修学旅行かー」

憂「京都だよね、行くの」

梓「うん」

純「京都で何食べようかなー」

梓「純は本当、食べるの好きなんだね」

純「へへ、まーね」

純「あ、私こっちだから。じゃあね」

梓「あ、うん。また学校で」

憂「じゃあね、純ちゃん」

梓「……二人だけになっちゃったね」

憂「うん」

梓「ねえ、梓」

憂「なぁに?」

梓「私たち、純も憂も私も、――ずっと親友でいられるかな?」

憂「親友でいられるよ。絶対」

梓「社会に出ても、ずっと、一緒かな?」

憂「社会に出ても一緒、かどうかはわからないけどさ」

梓「けどさ、何?」

憂「月に一度はこうやって、三人で遊ぼうよ。週に一度だっていいや」

梓「いいかもね、それ」

憂「三人でね遊ぶんだよ。楽しくさ」

憂「大人になっても、ずっと、ずっと」

梓「――――そうだね」

憂「いつまでも子供じゃいられないけどさ。そうやって遊ぶのって、悪くないと思うんだ」

梓「今日みたいに、遊園地行ったり?」

憂「お酒飲んだり、ね」

梓「今からわくわくするよ」

憂「私もだよ」

憂「まずは、N女に入ろうね。みんなで」

梓「うん。皆で」

憂「――頑張ろうね」

梓「うん」

梓(勉強、頑張らないとなぁ……)

梓(純たちと、同じ大学行って、そして……)

梓(そのためにも!)

気がつくと、声に出していた。自分をいきり立たせるように。

梓「目指せ、N女現役合格、おー!」

梓はいきなり手を振り上げた。

それを見た憂も。

憂「おー!」

と、手を振り上げた。

それを見ながら少しばかりの嬉しさを感じる。

きっと私たちなら大丈夫――梓はそう思うことにした。
                                終わり



最終更新:2011年10月18日 01:51