梓「へ、変なこと言うからおしおきしてやります!」

ちゅーっ、ちゅっちゅっ、はみっ

くりゅん、くりくり、くにゅん

憂「ゃぁっ!?だ、だめぇ!おっぱい、あっ!気持ちいいよぉ!」

ちゅちゅちゅーっ

くりくりくりくり

憂「んぁっ…!あ、あずにゃんてば、赤ちゃんみたい…。わ、私のおっぱい…お、美味しい…?あっ」

梓「…ふひひなあひれふ」はみはみ

憂「そ、それだめぇ!おっぱい舐めながらしゃべっちゃらめぇ!」

紬「頭ァ向こう向けてちゃんと聞いとけやコラ」

純「すみませんでした…」

紬「これ終わったらオドレの頭のぼんぼり片っぽ切り落としちゃるけえな」

純「か、勘弁してください…」

梓「(よし、主導権握ってやる…)」

くちっ

憂「ひゃん!」びくん

むにゅん、くりくりくりっ、きゅっ

ぺろぺろぺろぺろ、はみ、ちゅちゅっ、カリッ

くちゅっ、くちゅくちゅくちゅっ

憂「あ、あずにゃん!?やぁっ!そ…んなぁ…!い、いきなり、お、おまんこ…ひいっ!?」びくびくびくびくん

梓「ふぁっ、はあ、はあ、はあ、はあ…唯先輩、今…イきましたね…?」

憂「っはっ、はっ、はっ、はっ…だってぇ~…いきなりおまんことおっぱいをいじめるんだもん…」

梓「いつも部室でいじめるからお返しです!」

憂「う~、いじめてないよ!愛情表現だよ~!」

梓「じゃあ、私のも愛情表現です!」

憂「!…あずにゃん…」

紬「ええシーンじゃのう?のう?のうて聞いとるじゃろが答えんかコラ」

純「は、はい!いいシーンです!」

憂「ね…あずにゃん、あのさ…」

梓「はい、何ですか?」

くりくりくり

くちゅくちゅん

憂「んッ!あ、あのね…も、もっと…触ってくれないかな…?」

梓「もっと激しいほうがいいんですか?」

憂「ううん、そうじゃなくて…あの、ね、クリトリスのほうも…さ…」

梓「へぇっ!?」

憂「だめかなぁ…?」

梓「いや、でも、その…そっちは自分でも触ったことないし、さっきも…見れなかったし…」

憂「大丈夫だよ~!あずにゃん上手だから。ね、お願~い!」

梓「わ、わかりました…(どうしよう、大丈夫かな…?)」

紬「(クリトリスは、自分で触ったことは、ない…?)」

梓「あ、あの…じゃ、じゃあ移動しますね…?」

憂「う、うん…わかったよ…あんまりじっと見ちゃやだよ?」

梓「は、はいです…しからば失礼して…」

梓「うわ…唯先輩のおまんこ、こんな感じなんだ」

憂「あ、あずにゃん~!息がかかって変な感じだよぉ…」

梓「澪先輩のとは…やっぱり色とか、違うんですね…形も…」

憂「やだよぉ~!澪ちゃんと比べないでよぉ~!」

梓「これが…唯先輩のクリトリス…ちっちゃくてかわいいです」

憂「あずにゃん!焦らさないでよぉ…!」

紬「(クリトリス以外なら、自分でも触っている、ということ…?)」

梓「じゃ、じゃあ…いきます!」つんっ

憂「ひんっ!」

つん、つん

憂「うぁっ…!」びくん

梓「唯先輩…クリトリスも感じるんですね」

憂「う、うん…クリちゃん、きもちいいよぉ…」

梓「じゃあ、少し強くしてみましょうか…」くりっ

憂「ゃぁっ!?そ、それだめぇ!」びくびくん

くりくりくりくり

憂「あっ!あっあっあっあっ!ふぁぁん!」びくびくびくん

梓「唯先輩…またイっちゃいましたね…?ふふっ、かわいい…」

憂「あぅ~、最高ぉ~」びくん

純「あの、紬先輩…そろそろ、頭を離してもらえると…」

めりめりめり

純「痛いです痛いですすみませんでした!」

梓「あれ?なんかよく見ると皮被ってますね?あはは、面白~い」

憂「うえっ!?あ、あずにゃんだめ!それは駄目だよっ!?」

梓「ふうん…わかりました」

ついっ

くりくりくりくりっ

憂「!!っっっぁぁぁぁぁっ!?ぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

びくんびくんびくんびくん

プシャァッ!!

梓「ぷぁっ!?あっ!?唯先輩!?」

憂「う~っ!ぅっ、うぁっ…あっ!あっあっ!うぅぅぅっ」びくんびくん

梓「(潮…吹かせちゃった…?私が…?嘘ぉ…!)」

憂「うぅ…ひどいよぉあずにゃん…ほんとにだめだったのにぃ…」

梓「す、すいませんでした…ダチョウ的なあれかと…」

憂「うん…で、でも…気持ちよかったから、いい…」

梓「唯先輩…」ぺろっ



未完



最終更新:2010年09月29日 23:56