純「ひとつ選んでよ」

梓「頭でも打った?」

純「そういうのいいから選んでみてよ~」

憂「じゃあ私は~…赤かな?」

梓「え、憂…じゃあ私は青」

純「じゃあ私が緑ね」

梓「で、これが何なの?」

純「え?ああ、今日からこの髪ゴムがあなたのパートナーです!」

梓「いや意味分かんないから…」

憂「早速これで髪結んで見ようよ」

梓「えー…ただの一発ネタにつきあう必要なんてないよー…」

純「一発ネタじゃないもん!」

憂「いいじゃん梓ちゃん、これ可愛いよ~」ススッ

ぼわん!

憂「ウイー!ウイー!」

梓「わ!憂が怪獣になった!」

純「赤はあっつい炎タイプ」

梓「いや、冷静な解説はいらないから状況を説明して!」

憂「ウイ…」

純「まぁまぁ、百聞は一見に如かず、語るより先に両手や両足が動くってね」ササッ

梓「わっ、やめ…」

ぼわん!

梓「アズアズ!アズ!(なにこれ、カメ!?)」

憂「ウイウイ、ウイイ!(梓ちゃんの話してることが分かる、不思議!)」

純「変身後はお互いに意思疎通ができるよ」ススッ

ぼわん!

純「ジュンジュン!(こんな感じにね!)」

梓「アズアズ…(いや、もう会話してたし…)」


※ここから変身後フィルター


純「えっと、青は冷たい水タイプ、まさに梓だね」

梓「そんなことないし!」

憂「うふふ♪」

純「で、この究極ビューティフルな私はなんと草タイプだけでなく毒タイプまで持ってるんです!」

梓「毒て…自慢になんないでしょそんなの持ってたって…」

純「毒をなめないでよ!あ、なめるっていうのはペロペロってやつじゃなくて」

梓「いや、ペロペロしたら死んじゃうよ!」

憂「ところで純ちゃん、これどうやったら戻るの?」

純「ああ、はいはい」

純「髪ゴムをほどけば戻るよ」

梓「あ、よく見たら憂のポニテは残ってる」

憂「もうほどいてもいい?」

純「どうぞどうぞ」

憂「じゃあ戻るね」ファサ

ボワン!


※フィルター解除


憂「本当に元に戻った」

梓「アズアズ!(私も戻るよ)」

純「ジュジュジュン~(梓はまだダメ~)」

梓「アズ!アズアズ~!(なに!このやろ~!)」ビシャ

純「ジュジュジュンジュ~♪(効かないし~♪)」

憂「梓ちゃんが口から水を吐いた…」

純「ジュジュ!ジュンジュン~(くらえ!はっぱカッタ~)」

憂「純ちゃんははっぱを出した!」

梓「…アズ!ア…ズ…(…ぐは!し…ぬ…)」

純「ジュン!ジュンジュジュジュン…(やべ!やりすぎちゃった…)」

憂「梓ちゃん大丈夫?」

梓「アズアズ…(こうかはばつぐんだ…)」

純「ジュジュジュン~、ジュンジュジュジュンジュ(ごめんね~、髪ほどけば治るから)」

梓「アズアズ~(早くいってよ~)」ファサ

ボワン!

純「ジュンジュン(そろそろ私も戻るかな)」

純「ジュ!ジュンジュジュジュ~(って!手が届かない~)」ワタワタ

憂「純ちゃん、どうしたの?」

梓「…ほっとこう、憂」

純「ジュンジュジュ~(薄情者~)」



純「一時はどうなるかと思いました」

梓「反省した?」

純「ごめんなさい、弱点タイプだったからって調子に乗りました」

憂「でも良かった、気づいてあげられて♪」

純「憂は女神だよ!黒い悪魔から守ってくれる!」

梓「誰が悪魔だ!」

純「え?梓が何で反応すんのよ」フフ

梓「うあー!純のくせに!」

憂「あらあらうふふ♪」

梓「で、純はこんないかがわしい髪ゴムどこで手に入れたの?」

純「んー?さっき道で拾った」

憂「落し物はまず交番に届けないとだよ~?」メッ

梓「いやいやいやいや、突っ込むとこそこじゃないから」

純「拾ってなんとなく3色あったからちょうどみんなで分けようと思って」

憂「でも純ちゃんはなんで変身のこと知ってたの?」

梓「よし、憂も気付き始めてきた、色々おかしいって!」

純「まー…勘で?」

梓「知ったかかよーーー!」

憂「すごい♪勘が鋭いのうらやましい♪」

梓「憂ー、帰ってこーい」

梓「で、どうすんのこれ」

憂「落とした人、きっと困ってるよ~」

純「いやね、多分私達は選ばれた子供達なんだよ、ちょうど3つだったし」

梓「マンガの見過ぎだよ」

憂「でも確かに、みんな普段髪結んでるし、何かの陰謀…?」

梓「もうやだこの人たち…」

純「そうだ!この力を使って人助けをしよう!」

梓「この力って…これで髪結べば誰だってできるん…」

憂「すごい!素敵かっこいいよ純ちゃん!」

純「そう?///」

梓「にゃーん」

梓「で、人助けって?酔っぱらってる人に水でもかけんの?」

純「梓は夢がないな~、人助けったら火事の現場で消火とか~」

憂「でも消防車のほうが私達より火事を早く見つけるよね」

純「う…じゃあ私の能力でつる出して崖から落ちそうな人を助ける!」

梓「いや、崖に行ったらまず私達が事故りそうだし」

憂「お姉ちゃんが心配するからあんまり遠出したくないよ」

純「じゃー何ならいいのさ!」プー

梓「私は人助け自体しなくていいし」

憂「この能力でどうやってお姉ちゃんを助けるかな~♪」

純「憂はまたどっかいっちゃったし」

憂「今日はみんな食べてく?」

純「食べてく~」

梓「純はもうちょっと遠慮しろ」

憂「いいんだよ梓ちゃん、今日はお姉ちゃんもいない…し…」ウルウル

純「あー、梓が憂を泣かせたー」

梓「いや、明らかに唯先輩がいないことへの涙でしょ!」

憂「ごめんね…グス…お姉ちゃんは…もう…」

梓「澪先輩の家でお泊りでしょ、憂も演技しない、上手すぎてビビるから」

憂「えへへ~♪」

憂「あ、私の炎でお料理できないかな?」

純「いいね、やってみてよ!」

梓「いや、フツーに料理すればいいじゃん」

憂「へん~しん!」ススッ

ぼわん!

憂「ウイ!(ひのこ!)」ボー

純「あ、炎強すぎ!」

梓「ちょっと!火事になっちゃうって!」

純「梓、変身変身!」

梓「そうか、おりゃー!」ススッ

ぼわん!

憂「やっぱ駄目だね…火のコントロールが上手くいかないよ」

梓「危うく平沢家全焼だったよ…」

純「まぁ結果的にキッチンの一部が焦げただけだし、めでたしめでたし!」

梓「純は何もしてないでしょー!」

純「ばれたか…」

憂「ごめんね梓ちゃん」

梓「いや、初めてだし仕方ないよ」

純「何この扱いの違い…」

梓「日ごろの行い」

純「ぐぬぬ…」

純「あーあ、結局役に立たないのかなコレ…」

憂「やっぱり交番に届けるべきだよ~」

梓「交番の人は髪ゴム渡されたらどんな反応するだろうか…」

純「どのみち今日はもう遅いしなぁ」

憂「あ、二人ともお風呂入る?」

純「入る~」

梓「純はもう爆発しろ」

純「あ、そうだ!梓が水を出して憂が炎で温めたら水道光熱費タダじゃん!?」

梓「ケチくさい使い方だな」

憂「そっか、純ちゃん頭良い♪」

純「へへ///」

梓「あんまり純を甘やかさないでよ」ガッ

憂「え?」


※ここから変身後フィルター


純「じゃあきばってこー」

梓「いや、あんた何もしないじゃん…変身する必要もなかったし」

純「こっちのほうが手間がかからないんだよ」

梓「メタ発言禁止」

憂「梓ちゃん、早く~」

梓「あーはいはい」ビュー

純「うわ!口から吐いた水に入るの?それも梓の」

梓「ちくしょう、私の上に立つために変身したのかこいつ!」

純「ぷぷー」

梓「憂、純を燃やせ」

憂「?…こう?」ボウ

純「危なっ!なぜ命令を聞く、憂よ!」

憂「さすがに今のはウザかったよ、純ちゃん♪」

純「はい、すみませんでした…」

梓「ああ…干からびる…」チョロチョロ

純「結構辛いみたいだね」

憂「水分補給のために水飲んだら結局プラマイゼロじゃない?」

梓「もうだめ…」バタン

純「梓!あずさあああああああああ!…憂、早速沸かしてよ」

憂「了解♪」

梓「…いやいや二人ともその反応はおかしいでしょ!」

憂「元気そうでよかった、梓ちゃん」

梓「いえいえ、おかげさまで…」

憂「おりゃー」ボー

梓「火力強すぎない?」

純「力尽きる前に沸かしたいんじゃない?」

憂「そろそろどうかな?」チョン

純「あ、ダメ…」

憂「ぎゃあああああああああああ」

梓「こうかはばつぐんだ…」

憂「ま…まだ温かったね…」

純「健気ねぇ…」


※フィルターも変身も解除


梓「はぁ…自分で水入れたお風呂は気持ちいい…」

純「梓まだ―?」

梓「うるさい、見てただけのくせに」

純「私は発案者だし~」

梓「その発案がなければこんなに体力を回復させる必要もなかったんだけど」

純「何よう、私のせいだって言うの?」

梓「分かってんじゃん」

純「梓に嫌われた~!」

憂「よしよし♪」

純「うひー、温い!」

憂「温いお風呂にゆっくり入ったほうが体にいいんだよ~」

純「いや、私最後だから冷めてんのよ、憂追い炊き~」

憂「分かった~」ガラガラ

純「憂さんのエッチ~!」

憂「え…え?」

梓「純、憂を困惑させない」

純「へへ~」

純「はぁ~、しみるね~」

純「そだ、実際しみさせてみるか」ササッ

ぼわん!

純「ジュンジュジュ~(しみるわ~)」

純(はっ!自分では戻れないんだった!)

純「ジュジュジュジュ~!(助けて~!)」

憂「純ちゃんが変身して呼んでる!」

梓「ほっとけば?」

憂「私見てくる!」


純「いやー、助かったよ憂」

憂「お湯全部なくなってる…」

純「体にしみました」

梓「吸い取ったんでしょ」

梓「あ、純体重計ってみなよ」

純「え?私スレンダーだからなぁ~」

純「!!太っ…な、何でもない!」

梓「水吸った分増えたな」ニヤニヤ


2
最終更新:2010年10月01日 22:22