憂「お姉ちゃんただいま~」

唯「ういーーーーー!!」ダキ

憂「お姉ちゃんどうしたの?苦しいよぅ」

唯「憂こそ何かあったの?大丈夫だった?」

憂「あはは、変なお姉ちゃん♪」

梓「絶対メールのせいだろ」

純「天然って恐ろしい」

唯「あずにゃんにも!」ギュ

梓「にゃ!やめてください…///」

唯「あとは…」

純「…鈴木純です」

唯「そうそう純…ちゃんもいらっしゃい!」

純「もういや」

梓「アイデンティティ~♪」

純「うるしゃい!」

憂「この髪ゴムがあれば変身できるんだよ~」

唯「すご~い!」

憂「こんな感じに」ササッ

ぼわん!

憂「ウイ!」

唯「か…かわいい!」ギュ

憂「ウイウイ~」

梓「私も変身できるんですよ」

純「唯先輩にかわいいって言ってほしいの?」

梓「ち、ちが…」

唯「あずにゃんもかわいいよ~」ナデナデ

梓「アズアズ…///(恥ずかしいです…///)」

唯「でもこれじゃああずにゃんじゃなくてあず…あず…」

憂「ウイウイ!(あずカメとか!)」

唯「まあいいやあずにゃんで」

憂「ガーン…」

純「あの…そろそろ作戦会議したいんで」

唯「純ちゃんも変身してよ~」

純「いいですけど…(自分で変身解けないからあんまり変身したくないんだよなぁ)」ススッ

ぼわん!

唯「純ちゃんかわいい~」ナデナデ

純「ジュン、ジュンジュンジュ~(ああ、唯先輩に撫でられるのが夢だったの~)」

梓「アズアズ…(それキャラ違うから…)」

憂「ウイ、ウイウイ!(そうだ、作戦会議!)」ファサ

ボワン!

唯「えー、何で戻っちゃうのー」

憂「私達はやることがあるんだよ、お姉ちゃん」

憂「ほら、アイスあげるから…」

唯「アイス~♪」

梓(買収された…)

純「もういいんじゃない?持ち主見つけなくても」

憂「ダメだよ~、きっと持ち主さん困ってるよ」

純「きっと持ち主さんは私達に使ってほしかったんだよ~」

憂「そんなものかなぁ…」

梓「あ、ムギ先輩からメール来た」

純「マジで!で、なんて?」

紬『その髪ゴムは知らないけど、私変身するのが夢だったの~♪
  もし持ち主が見つからなかったら私にも変身させてね♪』

梓「いい意味で予想を裏切らない人だ」

純「でも一番怪しかったムギ先輩も違ったか~」

憂(いつの間にか純ちゃんがムギ先輩って言ってる…)

梓「さすが迷探偵、言ったことはことごとく外れるね」

純「私の推理によると梓はこれから身長も胸もすごい大きくなるね!」

梓「…!」

純「梓は天才だ~」

梓「このやろー!やってやるです!」

純「あはは~、捕まえてごらん♪」

憂(なんだかんだで梓ちゃんはいじられキャラだよね)

梓「とりあえず私も持ち主探しはやめとく」

憂「えー、なんで?」

梓「アテがなさすぎるし、持ち主が見つかるまで預かっておくのもアリかなって思った」

憂「梓ちゃんが一番手放そうとしてたのに」

梓「唯先輩が喜んでたし…」ボソ

憂「…え、何梓ちゃん…」ゴゴゴ

梓「い、いや…ムギ先輩にも変身してみて貰いたいしね!」

憂「そっか、そうだよね!」

純「じゃあもう持ち主探しはやめて困った人探しをしよう!」

梓「なんかマイナスな探索だな」

憂「途中で持ち主さん見つかったらちゃんと返すんだよ~」

純「わかってるって!」

梓(もう外出たくない)

純「あ、煙草の火が消えてない!いけ、梓!」

梓「変身!」ササッ

ぼわん!

憂「梓ちゃんすごい乗り気だね」

梓「ア…アズアズ!(そ…そんなことない!)」

純「みすでっぽうだ!」

梓「アズアズアズ!(純に命令されなくてもやるし!)」バシャー

憂「やっといいことできたね♪」

梓(この程度の事をやって何になるんだか…ん?)ピコピコ

デッデッデッデッデッデッデッデーン♪

憂「梓ちゃん!どうしたの!?体光ってる!」

純「これは…進化か!」

テーテーテーテテテテテテテーン♪

梓「アズアズサー!(なんだか強くなった気分!)」

憂「梓ちゃんのツインテールが羽根状に!」

純「あれはツインテールじゃないわ、おしゃれユニットよ!」

梓「アズサー(突っ込みたい)」

ボワン!

梓「変身解いても変化はないのか」

憂「すごかったね!」

純「まあ私はまだ2回進化を残してるんだけどね!」

梓「意味分かんないし」

憂「でもどうして進化したのかな?」

純「多分経験値が溜まってたのよ」

梓「私だけたくさん働かされてたしね」

憂「私も進化したいなぁ…」

梓「憂の場合町が地図から消える恐れがある」

純「んじゃ、せっかくだし修行でもするかー」

憂「修行?」

梓「まためんどくさいことを…」

純「私が葉っぱ出して憂がそれ燃やして梓が消火する無限レベル上げだよ!」

憂「純ちゃん天才!」

梓「なんか賽の河原みたい…」

純「ん?河原でやる?」

梓「いや、そういうことじゃない!」


※変身後フィルター


純「それ!うーい!」ハッパ

憂「あーずさ!」ボウ

梓「じゅーん」バシャ

純「…飽きた」

梓「まだ3順目だよ?」

純「だってさー、葉っぱ出すだけって地味なんだもん!」

憂「純ちゃんにはぴったりだと思うけど?」

梓「うわ!毒舌!」

純「シュン…」


※フィルター解除


純「結局梓以外進化しなかったね」

梓「純が飽きっぽいからでしょ」

憂「でも100回やってもダメだったね」

純「回数じゃないのかなー」

梓「でも私はよくわかんないタイミングで進化したし…」

憂「もしかして…いいことに使うと進化するとか?」

梓「意味のないことでは進化しないってこと?」

憂「あくまで仮説だけどね~」

梓「勘が発動したらこうやって『もしかして』とか言うもんなんだよ、純」

純「え、何のこと?」

梓「んじゃまた明日」

憂「またね~」

純「じゃねー」

憂「あ!トラックが猫さんを轢いちゃう!」

純梓「え!」

トラック「キキー!」

ぼわん!

憂「WIYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!」バッサバッサ

憂「WIYY!WIYYYYY!(猫ちゃん!今助けるよ!)」ガシッ

運ちゃん「うわああああああ!」

憂「WIYYYY♪(猫ちゃん助かったね♪)」

梓「進化した…羽生えてる…」

純「これは…ワープ進化か!?」

梓「なにそれ…」

憂「お恥ずかしいところを…」

梓「いや、憂かっこよかったよ!ちょっとおおごとになりそうだけど…」

純「これで進化してないの私だけかー…」

梓「いや、純っぽいよ!ちょっと可哀想だけど…」

純「ふざけんなー!中野ぉ!」

憂「うふふ♪」

憂「怖がられてなくて良かった♪」



その後は髪ゴムのことなんてなかったかのように毎日が過ぎて行きました

ムギ先輩が変身できなくて、髪ゴムに替わる変身アイテムを開発したのはまた別の話

持ち主は見つからないし、陰謀のバトルも起きないし

伏線に期待してた人はごめんなさい

梓「何独り言喋ってんのよ、純」

憂「おいてっちゃうよ~?」

純「いや、何でもない!あ…」

梓「またなんかふざけるの?」

純「いやいや、ここに3つのボールがあるでしょ?」

おわり



最終更新:2010年10月01日 22:24