唯「あっ、りっちゃんっ!んぁっ…りっちゃんっ、だいしゅきい…!はぅっ」

律「唯っ…!唯っ…最高だよ唯のナカっ…!はぁっはぁっ」パンパンパン

唯「えへへ…嬉しっ…よぉっ…!な、なかにだしていいからっ…!」

律「あぁ、遠慮なく出すからな……ゆいいぃいーっ!!!!」ドクッドクン!

唯「ひゃわああああああありっひゃあああああん」ビクビク




澪「ここ部室なんだけど」

律「はぁっはぁっ…ふぅっ……良かったよ唯」ヌポ

唯「ひゃぅっ!…はぁはぁ…ま、まだナカにりっちゃんの感じ、残ってるよ…えへへ…」ポー…

律「そ、そうか?//なんか照れるな、かわいいこと言いやがって…あっ!」ムクムク

唯「あっ!も~りっちゃんたらまた大きくなってるよぅ…」

律「へへ、唯がかわいすぎるからいけないんだよ…も、もっかい良いか?」

澪「おい」

唯「うん…疲れてるけど、いいよ。りっちゃんなら拒む理由なんてないよ…きて」クパァ

澪「おい!!!」


律「なんだよ澪、いいとこなのに」

澪「こっ…ここは部室なんだぞ!いい加減にしろっ!」

唯「ほあぁ」

律「んだよ、うるせーなー…んじゃ唯、保健室行こうぜ」

唯「うん」ガクン「ぁっ…腰が」

律「おんぶしてやるよ」

唯「りっちゃんやさしい!大好きだよー」

澪「こ…こら律!待てよ!!」

律「なんだよ…保健室でやるっていっただろ、まだ文句あんのかよ」

澪「い、い、今は部活中なんだ!だから部室から出るなっ!!!」


律「はぁ~?なんだよそれ。じゃああっぱここでするしかないな…ほら唯、挿入れるぞ」クプ

唯「ぁっ!んぅ…」

澪「違う違うやめろこらっ!!ぶ、部室でするなっていっただろ!!」

律「なんだよ、出ちゃいけないしちゃいけないじゃどうすりゃいいんだよ」ビンビン

澪「き、決まってるだろ、しなきゃいいんだよ!するな!セックスなんかするな!!」

律「はぁ?なんだよそれ無茶苦茶すぎるだろ…」

紬「きっと澪ちゃんは嫉妬してるのよ。大好きなりっちゃんが唯ちゃんとばかりエッチするから」

澪「!!!」

唯「えっ、そうだったの…?ご、ごめん澪ちゃん…」

澪「何でそうなるんだよムギぃいいーっ…!」プルプル

律「んだよ。して欲しいのかよ、澪」

澪「」

澪「……」

律「なんだよ。黙ってちゃわかんないし。唯に挿入れよ」

澪「ま、待て!」

律「何、はっきりしろよ」

澪「…わ、私に入れて…」

律「は?聞こえないんだけど」

澪「私も…入れてほしい…!//」

律「はぁ…もっと丁寧にお願いできないのか?」

澪「うっ…わ、わ、わた…」

唯「がんばって!澪ちゃん!」グッ



澪「わ…私のいやらしいマン毛ビッチリマンコに
  律の逞しいチンチン刺してくださいっお願いしますっ…!///」クパァ


律「しゃーないなぁ…どら、入れてみっか」ヌプ

澪「っ!?ひあぁっ!!す、スゴっ…これが律の…ちんちっ あンっ!」

澪「先っぽ入れられただけで飛んでっちゃいそぉだよおお~っ!//」ハァハァ

律「うごくぞー」カクカク

澪「んぃぃいいああああ律ぅううううう律最高ぉおおおおっ」

律「はぁ」ヌポ

澪「!?!?」

澪「り、律なんで?なんで抜くの!?もっと突いてよ律ぅ~っ」スリスリ



律「きもちくない。唯の10分の1にも満たないカスマンだ」


澪「」


唯「そ、そんなりっちゃんひどいよ…澪ちゃんに謝って!」

律「あー澪ごーめん、わーるかったってー(棒読)」

唯「りっちゃん!だめだよ、もっとちゃんとあやm… ひゃっ!あぅっ!!」ヌポッ

律「あぁあ唯さいこーっ…やっばい頭真ッ白んなる…あああああ」パンパンパン

唯「あンっ!りっちゃ…ふぁあっ あぅっ りっちゃんだいすきいぃっ…!」

澪「」


律「うっ、出すぞ唯ッ!!!ナカ出しいくぞっ!!」パンパン

唯「きてぇりっちゃんっ、私の中あったかくしてええっ ぁんっ、ひぁあっ」

澪「だめだああああ!!!」ドンッ

律「!?」ヌポッ

唯「み、澪ちゃんっ!?」

澪「律の精液私がもらうんだっ!」パクッ

ビュクッ!ビュクン

律「あ」

澪「~~っ!!!!」ゴクッゴクン

澪「……ぷぁ」チュポン

律「……おい…何してんだよ澪…」

澪「り、律…だって私律が好きだから」

律「帰るぞ唯。ついてくんなよクソ澪」

唯「あっ、う、うん…じゃあね皆」


澪「」

澪「」ぽかーん

紬「…澪ちゃん」

澪「」パクパク

紬「口の端から精液垂れてるわよ…」

澪「」

紬「拭いてあげるね、ほら」


澪「触るなよガチレズっ!!!!」

紬「!?」ビクッ


紬「み、澪ちゃんだってりっちゃんが好きなんじゃない!」

澪「違うっ、律はチンポ生えてるから特殊だっ!お前みたいなチンポなくてもOKな
  ガチレズなんかと一緒にされてたまるもんかッ!!しなびてろ沢庵っ!!」

紬「な、な、なんなのその言い草は…!」

ガチャ
澪紬「!!!」


梓「……な、なにしてんですか…」

澪「あ、梓…」

梓「ぅわっ、イカくさっ」


紬「あ、あのね…えっとね」

梓「大体は分かりますよ」

梓「さっき外で律先輩が唯先輩を駅弁でハメながら帰っていく所をすれ違いましたから」

澪「なんだとっ!り、律ぅううう~っ…ぐううっ……」

梓「澪先輩ださいですね…かっこわるいですね。唯先輩の足元にも及んでませんね」

澪「なんだと梓ァっ!!」ガッ

梓「…犯すんですか?私を」

澪「はぁ!?」


梓「クスッ。無理ですよね。澪先輩にそんな度胸ないですもん」

澪「!!!!!」

澪「やってやるよ梓ああああああっ!!」ビリビリッ!

梓「!……」

澪「はぁっ!はぁっ…!」

梓「……どうしたんですか。服破いて終わりですか」

澪「ぐっ…!!」カァーッ


澪(ど、どうすりゃいいんだこっからっ…!)


梓「ほんと澪先輩って大したことないですね」



澪「」ブチンッ



『続きは製品版でね♪ KOTOBUKI SOFTWORKS』

唯「あっ、体験版はここまでか~」

律「せめて梓のブラ引きちぎってから終わって欲しかったな!」

紬「ふふふ、どう?うちの系列のエロゲー会社の新作、売れそうかなぁ」

澪「わ、私の扱いもっと良くしてくれよ…」

唯「私にもおちんちん生やしてくれたらもっとよくなるかも!」

律「おっ、そうだなーどうせなら唯に突かれたいな!」

紬「ふふふそうね、考えてみるわ♪」

唯「あははありがと~」






梓「もうやだこの部活」


~fin~