律「とりあえず寿司を作ってみたけど…。一人じゃ食べきれないし、皆を呼ぶか」

澪「これ本当に律が作ったのか?」
律「当たり前だー この凄腕寿司職人のりっちゃんの手にかかればこんなもんだぜ」

澪「いつから寿司職人になった!」ガッ
律「ぐはっ!?」

律「何すんだよー!」
澪「くだらない事言うからだ!」

律 あーでもない
澪 こーでもない
唯「……」ソローリ

梓「…唯先輩何してるんですか?」
唯「っ!!?」

唯「あ、あずにゃん! 声出しちゃダメだよ!?」
律「唯! 何やってるんだ!?」
唯「!? ほら、見つかっちゃったじゃん」
梓「…私のせいなんですか?」
澪「お前つまみ食いしようとしただろ」
唯「ギク…」
澪「全く…」

澪「ほら、ムギも来いよ」
紬「あー 見つかっちゃった…」
梓「ムギ先輩何してたんですか?」
紬「うふふ 唯ちゃんがやってたスパイごっこが楽しそうだったからつい…」
律「いや、あれスパイじゃないから」

唯「りっちゃん みんな集まった事だし、早く食べようよー」
梓「唯先輩はまた食べる事ばかり考えて…」
律「よーし じゃあ食べるぞー」
律澪唯紬梓「いただきます!」
律「あ、因みに一人100円ね」
澪唯紬梓「……」

澪「律ーーー!!!」ガッ
律「あだっ! 冗談だってー」
唯「あはは」
紬「うふふ」
梓「……」




最終更新:2010年10月05日 01:55