紬「私も自分の結果が知りたいわ!」

梓「え、でも」

紬「いいから教えてっ」

律「ムギはこういうの好きなのか?」

紬「うーん、特別好きじゃないけど・・・気になるでしょ?」

澪「まぁ、うん。わかるぞ」

梓「えーと、じゃあ・・・キーボードを選んだ人は・・・あった。
『指先の技術が重要な鍵盤楽器を選んだ人は、セックスにおいても技巧を重要視する性のテクニシャンです。』」

澪「なんかキーボードだけ生々しくないか!?」

律「事実に基づいている感じがいやらしいな」

紬「うふふ」マンゾクー

唯「ギターだって指先の技術大切だもんっ」エッヘン!

律澪「張り合わないの」

唯「ちぇー」

梓「ちなみにギターは『抱いてるような、演奏スタイルの弦楽器を選んだ人は、
抱き合っていればそれだけで幸せなタイプ。セックスにも激しさではなく安らぎを求めています。』だそうです」

澪「え?ベースも抱えてるんだけど?」

律「そんなこと言ったらハープとかもそうじゃないか?」

紬「なんか適当ね」

梓「なんかごめんなさい」

唯「あずにゃんは悪くないよ!?それに、そのテスト結構当たってるよ!」

梓「そ、そうですか?」

唯「うん!つまり私達が抱き合っていれば幸せになれるんだよね!」

律「どうしてそうなった!?」

澪「何その結論」

唯「遠回しに私に告白してくれてるんだよね!?わかるよ!」

梓「わかってない、先輩は何もわかってない」

紬「唯ちゃんよく気付いたわね、偉いわ」

梓「話をややこしくしないでください」

律「そうだぞ、ムギも少し落ち着け!」

梓「お前もな」

律「私は田井中律、軽音部部長、三年生です」

澪「これ見よがしに年上アピールするな」

梓「そうだ、もっと言ってやれ」

澪「あ?」ニコッ


律「あ、私も一つ思い出したぞ」

唯「なになに?」

律「イブとチョウチョって心理テストなんだけど・・・」

梓「なんか本格的だね」

律「いや、大したことないぞ?・・・いいか?私はお前の口調には一切つっこまないからな」

澪「なあ律」

律「ん?」

澪「その心理テストって、前にやったあれか?」

律「おぉ、覚えてるのか?」

澪「あぁ・・・散々からかわれたからな」

律「あははーそうだっけー?」

唯紬「教えてっ」ワクワク

律「おうよ!」


律『広いお花畑のなかで裸のイヴが昼寝をしています。
すると、そこへ1匹のチョウチョがヒラヒラとやってきました。
このチョウチョはどこに止まると思いますか?』

梓「は・・・?」

唯「りっちゃん・・・」

紬「なんという、ことでしょう・・・!」

律「なんだよ!?これ出題の文章だからな!?」

唯「りっちゃんも実は乙女チックなところあったんだね」

律「だから私が考えた心理テストじゃないからな!?」

紬「澪ちゃんの歌詞のこと、馬鹿にできないじゃない・・・」

律「私にも澪にもさらっとひでぇ!」

梓「ぷっ。田井中、ぷっ」

律「よし泣かす」

澪「りつ」

律「ん?なんだ?」

澪「これ、裸の状態のイブだったっけ?」

律「うん、多分な。さぁ、みんなはどこだ?体の一部をあげてみ」

唯「うーん、私はお腹かなぁ」

梓「お腹!?」

唯「えー?変かなー。あずにゃんは?」

梓「私は肩です!」

唯「肩の方が変だよー」アハハ

梓「むー」

律「ムギは?」

紬「あえての胸で」

澪「あえすぎだろ」

律「いや、でも、あっははは、ムギが一番それっぽいかもな」アハハハ

澪「うーん、だな。お腹っていうのもわかるけど」

律「肩っていうのはちょっと理解しがたいなー?」

梓「むー、その心理テストで何がわかるんですか!?」

律「性感帯」

梓「」

唯「せーかんたい?」

紬「うん、わかったから。私があとでちゃんと教えてあげるから」イイ?

澪「駄目だ。ムギ、待つんだ」

律「要するに感じるところってこと」

唯「え?感じる?何の話?」

律「・・・///」プイッ

唯「え!?教えてよ!」

律「あとでムギに聞けっ」

唯「ぶー。りっちゃんのいじわるー」

律「うっさいっ、さすがに恥ずかしいわっ」

唯「照れないで自分をかいほーするんだよ!」

律「私が本性を隠して生きてるみたいな言い方すんな!」

唯「ケチ!」

律「そういう問題じゃないだろ!?」

梓「こんな心理テストしなければよかったのにね」

律「肩揉みしだくぞ、コラ」

梓「喘ぐぞ、コラ」

澪「喧嘩するな」

紬「私は胸か、普通でつまらないわ」チェー

唯「あ、そういえば・・・」

律「どうした?」

唯「りっちゃんと澪ちゃんはどだったの?」

律「えーと、ははは」

唯「笑って誤魔化しても駄目だよー?」

律「私は、その、背中・・・///」

唯紬「背中!?」

梓「・・・」サスサスサスサス

律「背中撫でんな」


唯「じゃあ澪ちゃんは?」

律「それが笑っちゃうんだよなー」

澪「律、やめて。恥ずかしい」

律「いいじゃん、澪はな・・・」

澪「りぃつぅー!」

唯「えー!気になるよ!」

梓「どこだったんですか!?」

澪「駄目だってば!」

紬「ちょっと、澪ちゃんうるさい」

澪「」

律「澪はな・・・顔だったんだ」

唯梓「顔って・・・!!」

紬「・・・」ププププ

澪「ムギ、声を殺して笑うのやめような」


ガチャ


和「唯いる?」バタンッ

唯「あれ?どうしたの?」

和「ねぇ、今朝の小テストあったでしょ?」

唯「へ?うん。それよりも、和ちゃんも心理テストやらない?」

和「心理テスト?」

唯「うん!今みんなで出し合いっこしてたんだー」エヘヘー

律「確かに和なら色々知ってそうだなー」

澪「なんかいいのないか?エッチなのじゃないやつがいい」

和「エッチって、今までどんな話してたのよ・・・」チラッ

紬「?」ニコニコ

和「ムギったら・・・」ヤレヤレ

紬「今回ばかりは無実よ、信じて」

唯「ねー、和ちゃんー」

和「えーと、そうね。じゃあこういうのはどうかしら」

唯「?」

和「今日の小テストの一問目、四択の中から何を選んだ?」

律「Bだよ」

澪「あ、私もだ」

紬「私もBよ」

梓「はい、後輩いじめの出題いただきましたー」

唯「・・・」

律「ん?どうした?」

唯「私、Cにした・・・」

律澪紬「え゛っ」



和「じゃあその次の問題。A~Dのうち、何を選んだか覚えてる?」

律「・・・えっと、多分Dだな」

澪「きっと私も同じだな」

紬「あの問題は覚えてるわ、Dを選んだわ」

梓「ねぇ、これいつまで続くの本当に」

律「とりあえずお前が退屈して干乾びるまでじゃね?」ムニュムニュ

梓「肩揉むなよ」サスサス

律「やめろ、摩擦熱で背中が熱い」

梓「感じて身体が火照っているんですね、わかります」

律「摩擦熱って言葉の意味わかるか?」

唯「・・・」

澪「お、おい・・・唯?」

唯「どうしよう・・・Aにした・・・」

一同「」


和「呼出をしたはずの生徒がなかなか来ない。そんなときの先生の気持ちは次のうちどれだと思う?
A.悲しい
B.イライラする
C.淡々と成績を下げる
D.呼んでくるように適当に仲のよさそうな生徒を使いっ走りにする」

律「うん、和の言いたいことはよくわかった」

澪「なんていうか、これは唯が悪い」

梓「この話なら私もついていけます」スッ

律「とか言いながら私の上着のポケットに手突っ込むな、バカヤロー」テシッ

紬「きっと順番的に考えてA→B→Dで、Dが実現しなかったらCになるわね」

唯「あ、あはは、もしかして和ちゃんがここに来た理由って・・・」

和「そう、そういうことよ。来なさい」ガシッ

唯「いーやー!」ズルズル



おわり



最終更新:2010年10月06日 21:42