ピンポーン

純「こんにちはー」

唯「まいど~」

純「あっ、唯先輩。憂いますか?」

唯「うい?憂ならあずにゃんの家で遊んでるよ~」

純「えっ……そうなんですか」

純「じゃあ私はこれで失礼…」

唯「ちょいと待たれぇいっ!!」

純「へ?」

唯「ねぇ純ちゃん、一緒にあそぼっ!」

純「あ、いやっ……私は憂に用事があって」

唯「おねが~い!一人でつまんないんだよ~」

純「はぁ…そうなんですか」

唯「ね?いいでしょ?」

唯「お菓子もあるよ!ジュースもあるよ!」

純「えっと…」

唯「頼みますっ!!」

純「…分かりました、いいですよ」

唯「やったぁ!純ちゃん大好き!!」

純(まぁ暇だし…いっか)

唯「さあさあ、あがってあがって~」

純「お邪魔します」

唯「いまお茶持ってくるからちょっと待っててね」

純「あ、はい」

唯「純ちゃんにお~茶♪純ちゃんにお~茶♪」

純(大丈夫かな…)

純「……」

純(はぁ…憂に用事があっただけなんだけどなぁ…)

ガシャーンッ

唯「うわっ!?コップ割っちゃった~!!」

純「……」

唯「いやいや、お見苦しいところをお見せして申し訳ありません」

唯「どうぞ、粗茶ですが」

純「は、はぁ…」

純(なんでそんなに丁寧?)

唯「でも純ちゃんが来てくれてよかったよ~、一人で寂しかったんだから」

純「一人でなにやってたんですか?」

唯「え?こうやってリビングでゴロゴロしたり」ゴロゴロ

純「ホントに暇だったんですね…」

唯「えへへ」ヒョコッ

純「な、なんですか?」

唯「純ちゃんってかわいいねっ」

純「っ!」

純「えっ…あの…えぇっ!?」

唯「頭モコモコしててかわいい~!」

純「あ…頭の話ですか」

唯「えへへ~」ギュッ

純「わっ!?」

唯「う~ん、やわらか~い♪」モコモコ

純「ちょっ…あんまり乱さないでください!」

唯「いいね~、いいよ~」モコモコ

純「はぁ…」

純(なんか梓の気持ちが分かった気がする…)

唯「……」

純「あれ?…唯先輩?」

唯「zzZ…」

純(寝ちゃった!?)

唯「ぐぅ…ぐぅ…」

純「…自由な人」

唯「すやすや…」

純「……はぁ」

純(私は憂に会いにきただけなのに…)

純(ていうか憂と梓が遊んでるってなによ。私も誘ってよ!)

唯「ぐぅ…ぐぅ…」

純「……」

純(友達には相手にされず、ましてやその姉の面倒をみせられるなんて…)

純(なんだか泣きたくなってきた…)ホロリ

唯「うぅ~ん…」

純「あっ…起こしちゃかわいそうかな」

唯「…ぐぅ…ぐぅ…」

純「……」

純(唯先輩の寝顔ってかわいいかも…)

唯「……」

純「……」ジーッ

純(かわいい…)

唯「……」

純「……」ジーッ

唯「ふぇっ」

純「!」

唯「ふぁ…ふぁああ~」

唯「ムニャムニャ…」

唯「…寝ちゃってた?」

純「五分くらい」

唯「ご、ごめんね!せっかく来てくれたのに…」

純「いや、いいんですよ。受験勉強とかで疲れてたんですよね?」

唯「勉強?してないよ?」

純(ダメ人間だ)

純(はぁ…帰りたいよ~)

唯「純ちゃ~ん」ギュッ

純「こ、今度はなんですか…?」

唯「あのね、さっき変な夢みたの」

純「夢?」

唯「純ちゃんがいなくなってた夢。気づいたらまた私一人だった…」

純「……」

唯「でも起きたらちゃんといてくれてよかった」

唯「えへへ」

純「…っ」

純(か、帰りづらい…)

唯「ねぇ純ちゃん、いなくなったらヤだよ?」

純「い、いなくなるわけないじゃないですか…」

唯「よかった~」ギュッ

純(はぁ…なんか私さっきからため息ばかりついてる)

唯「~♪」

純「あの…唯先輩」

唯「なぁに?」

純「腕…離してもらえませんか?動きづらくて…」

唯「じゃあね~…」

純「?」

唯「『唯ちゃん』って呼んでくれたら離してあげる」

純「はいぃっ!?」

唯「呼ばないと離さないよ~」ギュ~ッ

純「う~…」

純(な、なにこれ…なんのバツゲーム?)

純(なんで私がこんな目に…)

唯「純ちゃん早く早く~」

純「えっと…じゃあ…」

唯「わくわく、わくわく」

純「……ゆ」

唯「ゆ?」

純「ゆ…ゆゆ…」

純(あー無理だー!いきなりちゃん付けで呼べって言われてもー!!)

唯「遠慮しないでいいんだよっ!ドーンといらっしゃい」

純「ドーンとって…」

純「……コホン」

唯「わくわく」

純「ゆ……唯…ちゃん」

唯「え?聞こえないよ~」

純「ゅぃ…ちゃん…」

唯「もっと大きな声で~!」

純「唯ちゃん!!」

唯「はーい♪」ギュ~ッ

純「わーっ!?結局抱きつくんですか!!」

唯「ん~♪純ちゃんや~い♪」スリスリ

純「……」

純(梓…あんたいつも大変だったんだね)

唯「~♪」

純「…唯先輩って、抱きつくの好きなんですね」

唯「うん、好きな人には抱きつくよ~」

純「えっ…」

唯「純ちゃ~ん♪」スリスリ

純「……」

純(それって…私を好きってこと?)

純(いや、もちろん恋愛感情とかそんなんじゃないのは分かってるけど…)

唯「~♪」ギュッ

純「……」

純(まぁ…悪い気はしないかな)

唯「ねぇ純ちゃん」

純「なんですか?」

唯「さっき私のこと唯先輩って言ったでしょ?」

純「え?はい…」

唯「ダメだよ~、ちゃんと唯ちゃんって呼んでくれなきゃ」

純「…それ続けるんですか?」

唯「もちろんっ」フンス

純「えー…」

唯「じゅ~んちゃんっ」

純「……」

純「…ゆ、唯ちゃん」

唯「えへへ~」

唯「純ちゃん!」

純「…唯ちゃん」

唯「えへー」

唯「純ちゃん!」

純「唯ちゃん」

唯「なんだか仲良くなったみたいだね~っ!」スリスリ

純「そ、そうですね…」

純(なんかこそばゆい~~!!)

唯「そういえば純ちゃんってベース弾けるんだよね?」

純「あ、はい」

唯「もったいないな~、軽音部に入ってくれればよかったのに」

純「…すいません」

唯「あっ…別に責めてるわけじゃないよ?」

唯「ただ純ちゃんが軽音部にいたら楽しいだろうな~って思って」

純「今さら私が入っても空気壊しちゃいますよ」

唯「そんなことないよ~」

純「でも私は一応ジャズ研に…」

唯「う~ん…あの時無理やりにでも引きとめておけばよかったなぁ」ボソッ

純「へ?」

唯「なんでもな~い!」ニコッ

純「そ、そうですか…?」

唯「ねぇ純ちゃん」

純「なんですか唯先ぱ…唯ちゃん」

唯「えへへ、これからなにしよっか?」

純「別になんでもいいですけど」

唯「じゃあさ、このままゴロゴロしてようよ」

純「結局なにもやらないんじゃないですか」

唯「だってこうしてるだけで十分なんだも~んっ」

純「唯ちゃんが満足するならそれでいいですけど…」

純(やっぱこの呼び方すごい違和感ある…)

唯「…純ちゃんってさぁ」

純「はい?」

唯「憂のことどう思ってる?」

純「え…?憂ですか?」

唯「うん、中学の頃から友達なんでしょ?」

純「そうですけど…」

純「どう思うかって聞かれてもなぁ…」

唯「憂のことは好き?」

純「そりゃ好きですよ」

純(友達だし)

唯「……」

唯「……」イジイジ

純「あれ…なんで髪の毛上げてるんですか?」

唯「じゃーん、憂のマネ」

唯「似てるでしょ?」

純「いや似てますけど…なんでいきなり?」

唯「いいじゃん、別に」

純「?」

唯「あずにゃんは?」

純「梓ですか?梓も好きですよ」

唯「…どこら辺が?」

純「どこら辺って…えっと…」

純「ギターがうまいところとか?」

唯「はい!私もギターうまいよ!!」

純「そ、そうですね…」

唯「他には?」

純「他は…あー…」

純「猫っぽいところがかわいいですね」

唯「……」

唯「……」ガサゴソ

純「なに探してるんですか…?」

唯「発見!ネコミミ!!」

唯「じゃーん、つけてみました!」

純「に、似合ってます」

唯「えへへ、じゃあこれで完璧だねっ」

純「なにがですか?」

唯「教えな~い!」

純「…唯先輩って分からないことが多いですね」

唯「唯ちゃん!」

純「あ…唯ちゃん」

~♪

唯「ごめん、メール……憂からだ」

唯「なになに…ほうほう」

純「なにが書いてあるんですか?」

唯「なんかね~、今日あずにゃんの家に泊まるんだって」

純「えっ…」

唯「うらやましいよね~」

純(二人だけで泊まるなんて…ずるい!私も泊まりたい!!)

唯「じゃあ純ちゃんはうちにお泊まりしよっか~」

純「……え?」

唯「だって私一人じゃ心細いんだもん~」

純「いや…いやいやいやっ」

純「さすがにそれは悪いですよ」

唯「全然かまわないよ!」フンス

純(うわぁ…どうしても泊めるつもりだ)

唯「ね?お願いっ!」

唯「一生のお願い!!」

純「う~ん…」

唯「ご飯は私が作るから!」

純(それはそれで不安だ…)

唯「純ちゃん…?」

純「えと…」

純(でもこの人の目を見ると…なんか断れないんだよね)

純「…いいですよっ、泊まります」

唯「バンザーイ!優勝ー!!」

純「優勝?」


唯「ねぇ純ちゃん」

純「…なんですか唯ちゃん」

純(これいつまで続けなきゃいけないのかな…)

唯「お風呂にする?ご飯にする?」

純「え?」

唯「それとも…わ・た・し?」

純「ご、ご飯で!!」

唯「ちぇっ、はーい」

純(この人はなに考えてるんだろう…)

唯「よーし、純ちゃんのためにとびっきりおいしいご飯作るよ!」フンス

純(期待できないなぁ…)

純「あの~…ちなみになにを作るんですか?」

唯「平沢唯の気まぐれパスタ」

純「…なんですかそれ」

唯「冷蔵庫にある残り物と気分で作るパスタだよっ!」

純(絶対危険!!)


2
最終更新:2010年10月07日 23:19