澪「ひげっ!」

律「あはは、何回見ても面しれ~」

唯「澪ちゃん最高~!」

紬「澪ちゃんお上手ね~」

澪「そ、そうか///」

律「まぁ本当は猫耳つけてるのを私に見られて…」

澪「ば、馬鹿!律!それを言うな!」

律「ははは、わかったよ~ん」


夜澪宅

澪「ったく律の奴…」

澪は猫耳をつけて鏡を見た

澪「ん?」

澪「何か鼻の下に……」

澪「こ、これは!!!」



澪「ひげっ!!?」

澪「そ、そんな私女の子なのに……と、とにかく剃らなきゃ!」

シュシュン


澪「……」

澪「ふーこれで大丈夫かな…」

数分後

澪「しかし私にひげなんて……えぇっ!!!」

澪「ま、また生えてきてる…」

澪「なんでこんなすぐ生えてくるんだよ…」

澪「………」

澪「…とりあえず剃らなきゃ!」

澪はひげのせいで一睡もできなかった



翌日

澪「うぅ眠い…」

澪「結局一睡もできなかった…」

澪「しかし何でひげが…」

澪「ま、まさかひげの呪い!?」

澪「んなわけないか…」

澪「とりあえずひげ剃り持ってきたけど…大丈夫かな…」

澪「はぁ…」

和「あら澪、おはよう」

澪「あ、あぁ和おはよう…」

和「?どうかしたの?」

澪「え!い、いや別に!はは」

和「……?」

授業中

澪「ま、また生えてきてる!剃らなきゃ!」

澪「……」コソコソ

和「…ん?澪どうしたの?」

澪「え!な、何でもないよ!」

和「……?」

和(今日の澪何か変…)


キンコーンカーン♪

澪「終わった…」

澪「部活どうしよう…」

ガラガラ

律「おーい澪部活行くぞー!!」

澪「り、律!!」

律「はら早く、早く♪」ガシッ

澪「わわっちょ、ちょっと待て!!」

……

律「ふんふ~ん♪ん?どうした澪、口隠して」

澪「え?な、何でもない!ちょっと私トイレ行ってくる!」ダダッ

律「お、おい澪!!!」


ーーー

ダダダ

澪「はぁはぁ」

澪は鏡を見て愕然とした

澪「な、なんだこれ!!?顔の半分がひげで…!!」

澪「………」アゼーン

澪「…そ、剃らなきゃ!!」ガサゴソ

澪「!!!!」

澪「ひ、ひげ剃りが…ない」

澪「……あわわわわ、ど、どうしよう…」

律「おーい澪~!!」

澪「!!!!」


澪「り、律が来る!!……」

澪「か、隠れないと!…そうだ!とりあえず個室へ!」ダダ

バタン

律「おーいまだかよ澪ー?」

律「あれ?…澪?」

律「あ!!うんこしてんのか!?」

澪(ひいいいい!!!

律「大丈夫か澪~?」

澪「…だ、大丈夫!」

律「そっか。じゃあ早く行くぞ!!」

澪「さ、先に行っててくれ!」

律「へ?」

澪「た、頼む!終わったらすぐ行くから!」


律「……?」

律「…よし、わかった!待ってるから早く来いよ!」

澪「あ、あぁ!」

律「ふんふ~ん♪」

澪(ほっ…

澪「…ん?あわわわわ!」

澪「ひげがどんどん…」

このひげは異常だった。ひげは澪の顔を覆い、肩まで隠れていた

澪「うぅ前が見えない…」

澪「うぅ…なんで私がこんな目に…」

澪「…とりあえず今日は部活行かないで病院行かなきゃ…」

澪「で、でも帰り色んな人に見られる…」

澪「………」

澪「ダッシュして帰るしか…」

澪「…よしっ!行こう!」


澪「おりゃああああああ!!!」ダダダ

バタン

生徒「え?」

生徒「!!!」

生徒「きゃあああああ!!!何あれえええ!!!」

澪「し、しまった見つかった!!!」

澪「とにかく全力疾走で帰らなきゃ!!!」ダダダ

生徒「きゃあああああああ!!!」

生徒「化け物ー!!!」

澪はもはや全身をひげに包まれていた

澪「はぁ…はぁ…前が見えない…」ダダダ

生徒「いやあああああああ!!」


キャアアアアア

律「ん?何か騒がしいな…」

唯「本当だね!」

紬「何かあったのかしら?」

律「おい行ってみようぜ!!!」

唯紬「うん!!!」

ーーー

先生「あの化け物を捕まえろー!!!」

生徒「はいっ!」

生徒「おぉっ!!」

澪「うぅ…なんでこんな目に…」ダダダ


ダダダ

律「はぁはぁ…ん?な、何だあれ!!?」

唯「え?…うわっ!!!!」

紬「な、何あの黒い物体は…。あれはまるで…」

唯律紬「モンジャラ!!!!!」

律「ま、まさか現実にポケモンが…!?」

唯「そ、そんなこと…」

紬「…まさか金銀のリメイク出たから、それのPRかしら?」

律「…はは、面白い。おい唯、ムギ捕まえるぞ!!!」

唯「うん!!!」

紬「はい!!!」


澪「うぅ……」ダダダ

律「おい唯モンスターボールよこせ!!」

唯「そんなのこの世界にないよ律ちゃん!!」

律「くっ!?そうだな……。よしっ!!ダンボールだ!ダンボールをよこせ!!」

紬「だ、ダンボール…あぁ!あんなところに都合よくダンボールが!!!」

紬「はい、律ちゃん!!!」

律「よし!!!」

律「おりゃああああああ!!ポケモンゲットだぜえええええ!!」

澪「え!うわあああああ!!」

スポッ

律「よっしゃ!!ポケモンゲッチュ!!!」

唯「律ちゃんナイス!!」

紬「素敵!律ちゃん!」

生徒「おおー」パチパチパチパチ

先生「やるじゃないか田井中!」

律「へへ、まぁね//」

ガサゴソ

澪「うぅ、出せ~!」



ーーー

律「ははモンジャラ捕まえたぞー」

唯「律ちゃん早く出して」

律「わーてるって!おりゃ」

澪「うわっ!!!」

律唯紬「え!!!」

唯「今の声は…澪ちゃん?」

紬「た、多分」

律「み、澪なのか、おい!?」

澪「うぅ…」

澪は相変わらずもじゃもじゃしていた


律「おいバリカン持ってこい!」

唯「うん、たん!」

律「よし、待ってろ澪」

ウィーン

紬「や、やっぱり澪ちゃんだわ!」

律「!!!あ、会いたかったぞ澪ー!!」

澪「うぅ私は……」

律「よーしみんなで澪を胴上げだー!」

唯紬「おー!!!」



唯紬律「わーしょい!わーしょい!」

澪「わ!!ちょ、ちょっと!!」

けいおん部の絆は深かった。

唯紬律澪「ポケモンの金銀リメイク版よろしく!!!」