・・・・・・

唯「あ!みんなー!」

憂「お姉ちゃん!」

純「こんにちはー!」

唯「純ちゃん手袋見付けてくれたみたいでありがとう!」

純「い、いえ……」

唯「落とした時の為に紙を入れてたんだけど見た?」

梓「あ、見ましたよ!」

唯「中々いいアイディアでしょ~」

梓「でも、名前だけじゃ分からないと思いますよ」

唯「じゃあ今度から住所も書くよ!」

憂「ダメだよ!」

唯「冗談だよ~でも、そのぐらい大事な手袋って事なんだよ~」

憂「お姉ちゃん……」

唯「あ!何か純ちゃんにお礼するよ!」

純「え!そんな悪いですよ」

唯「いいよ~悪くないよ~ムギちゃんが持って来た私の分のケーキをごちそうするよ!」

純「ケ、ケーキ……い、いいんですか?」

唯「うん!大丈夫だよ~」

純「ありがとうございます!」ペコリ

憂「あ、お姉ちゃん私は帰るね~」

唯「え~憂も来ないの~?」

憂「だってご飯の支度しなきゃいけないから」

唯「あ、そっかぁ~憂ありがとね!」

憂「うん!じゃあ私帰るね!みんなバイバイ~」

一同「さようなら~」


・・・・・・

紬「鈴木さん紅茶よ~」

純「あ、ありがとうございます!」

律「あれだけ探しても見付からなかったのに鈴木さんよく見付けたなぁ~」

純「にんにく~って言いながら探したらすぐに見付かりましたよ」

澪「に、にんにく?」

純「憂がにんにくって言いながら探し物を探すと見付かるって言ってました」

唯「それ私が教えた奴だよ~」

梓「そうなんですか?」

唯「うん!すっかり忘れてたけど!」

紬「みんな~ケーキ持って来たわよ~」

律「おー!今日のケーキはなんだ?」

紬「チョコレートケーキよ!」

澪「凄く美味しそうだな!」

律「そうだな~」

唯「ムギちゃん私の分のケーキは純ちゃんに渡して!」

澪「珍しいなどうしたんだ?」

唯「手袋を見付けてくれたお礼するんだ~」

紬「そうなの?じゃあ鈴木さんどうぞ」

純「あ、ありがとうございます!」

梓「…………」ヒソヒソ

律「ほほぅ……なるほど」


唯「…………」ジーッ

純「いただきまー……」ピタッ

唯「…………」ジーッ

純「…………い、いりますか?」

唯「い、いらない!」

律「なぁ澪…………」ヒソヒソ

澪「え?そうなのか?」

梓「だから……」ヒソヒソ

律「あぁ!私用事を思い出したー!」

梓「わ、私も用事を思い出しましたー!」

澪「私も用事が……」

紬「み、みんなどうしたの?」

唯「一口だけ欲しいなぁ……」

純「分かりました!一口どうぞ!」

唯「ありがとう!きゃっ!」

律「唯も用事があるよな?な?」ガシッ

唯「ど、どうしたのー?」

律「唯も用事があるよな?私達、用事を済ませてくるからムギと純ちゃん二人で待っててくれないか?」

唯「私、用事な……んぐっ」

梓「二人共待ってて下さいね!すぐ帰って来ます!」

澪「それじゃあ……行くか」

タッタッタッバタン。

紬「みんなどうしたのかしら?」

純「き、急に出て行きましたよね!」

紬「何かあったのかしら?」

純「ど、どーでしょう?」

紬「そう言えば鈴木さんの髪ってくせ毛よね~セットとか大変でしょう?」

純「た、大変です!」

紬「私も鏡の前で悪戦苦闘してるわ~」

純「琴吹先輩もその……くせ毛なんですか?」

紬「えぇそうよ~あ、そうだ!みんなが帰って来るまでくしでといてあげるわ!」

純「え、えぇ!」

紬「今鞄からくしを出すから待っててね?」

純「わ、わ分かりました」

純「…………」ドキドキ

紬「髪をほどくわね~」シュルシュル

純「は、はい!」

紬「綺麗な髪ね~」

純「綺麗……ですか?」

紬「えぇ!とっても綺麗な髪それに鈴木さん何だかとってもいい匂いがするわ~」

純「い、いい匂い……」ドキドキ

純「こ、こ琴吹先輩もいい匂いがしまちゅ!」

紬「うふふ。ありがとう肩の力抜いて?」

純「は、はい!(か、噛んじゃった)」

紬「鈴木さん憂ちゃんみたいにポニーテールにしたら良いんじゃない?」

純「ポ、ポニーテール……」

紬「試してみてもいい?」

純「……はい!」

紬「ほら!鏡見てみて!」

純「わ、私じゃないみたいです」

紬「鈴木さんは髪型一つ変えるだけで凄く綺麗になるわね~」

純「あ、ありがとうございます!……えへへ」

バタン

律「おっかえりー!」

梓「律先輩ただいまでしょ」

律「あ、そーだったそーだった。ところでだ!二人共仲良くやってたかぁ~?」

紬「えぇ!見て鈴木さんの髪型」

唯「純ちゃん可愛い!」

純「そう……ですか?」カァァ

澪「あぁ、そのポニーテールとっても似合ってるよ」

純「ありがとうございます!」

紬「鈴木さん本当に可愛いわ~」

純「可愛い可愛い言われたら照れますね……この髪型でジャズ研に行ったらみんなびっくりすると思います……ああああ!」

梓「ど、どうしたの?」

純「すっかり部活の事忘れてた!行かなきゃ!皆さんありがとうございます!」

タッタッタッタッ。

唯「あ、待って!ケーキ!」

梓「私、純にケーキ届けに行きますね!」

タッタッタッタッ。

梓「純ー!待ってー!」

純「あ、梓!どうしたの?」

梓「はぁはぁはぁケ、ケーキ!」

純「あぁ!ごめん忘れてた!ありがとう梓!」

梓「う、うん……はぁはぁはぁはぁ」

純「走って来たの?」

梓「うん……はぁはぁ……はぁー……」

梓「あ、純?ムギ先輩どうだった?」

純「凄く優しい人だったよ!梓達わざと私と琴吹先輩を二人っきりにしたでしょ?」

梓「律先輩の提案だけどね……もう怖くない?」

純「あはは……ぶっちゃけると最初から怖くなかったんだ!」

梓「え?怖くなかったの?」

純「うん!軽音部の皆さんと仲良くなりたかったんだぁー」

梓「そうなの?」

純「うん!みんな魅力的な人達ばかりだもん!あ、そろそろジャズ研に行かないとみんな待ってるから」

梓「わ、わかったバイバイ」

純「バイバイ!あ……最後に梓に一つだけ言いたい事がある!」

梓「な、何?」

純「次は田井中先輩が怖くなってきた!」




END



最終更新:2011年10月18日 02:45