律「なぁ、唯」

唯「なにー?」

律「この前CD貸したじゃん」

唯「……?」

唯「あぁ、そういえば」

律「そろそろ返してくれないか?」

唯「……」

律「聡も聴きたがってるからさ……」

唯「ねぇ、りっちゃん」

律「ん?」

唯「アホウドリっているじゃん」

律「んん? いるけどそれがどうかしたのか?」

唯「アホウドリって国際保護鳥なんだって」

唯「名前にアホがついてるのに破格の扱いだよね」

律「うん…そうだな」


律「そんな話よりCD……」

唯「……」

律「?」

唯「今私が何してるかわかる?」

律「えっと……わかんない」

唯「息をとめてた」

唯「最近環境問題が気になって」

律「んん?」

唯「余計な二酸化炭素をなるべく出さないようにと思ってさ」

律「で、息を止めてたと?」

唯「うぃ」

唯「見てて」

唯「……………………………」

律「顔が青ざめていく……」

唯「ゴヘッ!……ゴヘッ…」

律「……」

唯「どうかな、これ?」

律「鼻の穴がフリーーだったぞ、塞げよ……」

唯「言われてみれば……!」

唯「では、気を取り直して…」

唯「フンッ・・・・・・・・・・・・・」

唯「………」

律「…」


唯「……………」

唯「プハッ………」

律「うん」

唯「あっ、CDカバンの中にあるから返すね」

律「持ってたのか?」

唯「今日返そうと思ってさ」


ガサゴソ

唯「はい、すっごくよかった!」

律「うん」

律「……ってこれ8センチCDじゃんか」

唯「聴きすぎたら摩擦で……4センチ分消滅した」

律「……」

律「消滅した分はどうした?」

唯「憂にあげた」

律「そんなもの欲しがったの?」

唯「うん、小さい瓶に詰めてた」

唯「かわいいでしょって……」

律「まぁ、分らなくもない」

律「ん?ちょっと待てよ……」

唯「なに?」

律「お前さっき‘消滅した‘って言ったよな」

唯「うん」

ガチャ

澪「おー、珍しく早いな」

唯「あっ、澪ちゃん」

律「おーっす」


澪「えへへ」チラチラ

律「ごきげんだな」

唯「あーーーっ!」

唯「澪ちゃんのカバンについてるそれ、12センチCDを聴きまくって8センチCDにした後にでる粉を詰めた瓶!?」

澪「おいおい、そんな騒ぐなよ」

律「ふむ……」

唯「どこで買ったの!?」

澪「この前東京に行ってきたんだ」ニヤニヤ

唯「いいなぁ~、やっぱ東京はすごいね」

澪「買ったのはネットでだけどな」

律(東京のエピソードいらねぇだろ……)


澪「……」ニヤニヤ

律「?」

唯「……」ニタニタ

律(頭が……痛くなってきた)

唯「憂も持ってるんだよ」

澪「へー、意外だな」

律「なぁ、12センチCDを聴きまくって8センチCDにした後にでる粉を詰めた瓶の正式名称は?」

澪「ん?」

唯「えっ……」

律「いやいや、私も買ってみたいからさ」

澪「ん?んんんんんんん!?」ズイズイ

律「いや、そんなに顔近付けんなよ……」

律(すっげー腹が立つ……)


唯「んんんんんんんん!?」ズイズイ

律(なんだ…こいつら)

澪「きぇえええええええ!」

律「えっ!?」

澪「?」

ガチャ

紬「ごめんなさい、遅くなって」

律(……助かった、まともなのが来た)

紬「きゃ!」 ドターーン!

唯「大丈夫?」

紬「いたた……」

澪「おいおい」ズイズイ

紬「大丈夫よ」ズイズイ

唯「私もやるー!」ズイズイ

唯澪紬「ふううううううううう!」ズイズイ


律「おい、どうしちまったんだ……」

唯澪紬「え?」ズイズイ

律「くっ」プルプル

律「それをやめろって言ってんだよ!」

律「ズイズイ近づいてくるな、気色悪い!」


唯澪紬「………」

律「お前らおかしいぞ………」

律「ちょっと、今日は帰るわ……」

律「じゃあな!」

バタンッ

唯澪紬「……」

唯澪紬「ふうううううううううう!」

律(死ね……!)


―田井中家―

律「あいつらどうしちまったんだ……」

コンコン、ガチャ

聡「姉ちゃーん、CDは?」

律「あっ…もう少し待ってくれ…」

聡「姉ちゃんのCDだから別にいいよ」

律「うん、ごめん」

聡「いいって、いいって、じゃ」

バタンッ

聡「………」


―聡の部屋―

聡「クロスワードパズル面白いなー」カキカキ

聡「えーっと………」

聡「難しいなこれ」

聡「これ……難しすぎるぞ」

ガチャ

律「なー、聡」


聡「ノックぐらいしろよ~」

律「今日お父さんたち帰り遅いからコンビニで適当に夕飯済ませろだって」

聡「ふーん」

律「行くぞ」

聡「なににしようかな…」


―コンビニ―

店員「いらっしゃいませ」

律「んー、この時間だといい弁当が無いな……」

聡「俺はフーセンガムでいいや」

律「お前ガム好きだっけ?」

聡「フーセンガムだけ好きだよ」

律「私は……何買おうかな」

律「あっ、今日雑誌の発売日だった!」

律「忘れるとこだった」

律「あったあった、これこれ」


店員「1000円になります」

律「はい」スッ

店員「……」ジーーーーッ

律(透かしがあるかどうか確かめるなよ……)

店員「はい、本物ですね」

律「……」


―田井中家―

聡「フーセンガムうまい……」クッチャクッチャ

聡「見てて!姉ちゃん」

聡「ぐっ……」

プクーーーーーーーーーーーー

律「で、でけぇ……」

バァンッ

律「ひゃっ、でっかい音!」

聡「あぼぼーちょっぼだっばのでぃー」

律「すげぇな……顔の倍以上の大きさだったぞ」

聡「練習したんだぜ~」エッヘン

聡「次はもっといけるよ」

律「がんばれ、応援してるぞ」

律「………ひっく…ひっく」

聡「えっ、なにどうしたの?」オロオロ


律「……ひっく…雑誌買って夕飯買うの忘れてた…」

聡「……そんなことか」

律「お腹すいた……ひっく」

聡「しょうがないなー、待ってて」

律「?」

聡「よいしょっと」 ドサッ

律「?」

聡「好きなのどうぞ」

聡「寿司、焼き肉、ラーメン、ピザ、なんでもあるよ」

律「チラシか……」

聡「俺はまずラーメンからいくわ」

聡「ズッ、ズズズッーー、フーッ、フーッ」

聡「遠慮しないで、食べなよ」

律「じゃあ……焼き肉…」

聡「いいね」

律「ジ…ジューーー、ジュウウ…」

聡「おっ、うまいね」

律「えへへ、なんだか楽しくなってきた」

律「ジュウウウウウウ!」

聡「ちょっと火が強すぎるよ」


律「おい、そこの肉焼けたぞ!」

聡「はいよ!」

聡「モグモグ……うまい!」

律「いっぱい食べろよー」

聡「あっ、クロスワードパズルの続きしなきゃ」

聡「じゃあね」


律「……ジュッ」

律「次は……寿司にしよう」

律「へい、いらっしゃい、なんにしましょう?」

律「とりあえず……適当に握っちゃって」

律「へい!あらよっと!」

律「お待ち!」

律「うわーーー、おいしそう」

律「これを…一口で…」パクッ!

律「お嬢ちゃん、イイ食いっぷりだねぇ!」

律「えへへ、そんなことないですよ」

律「お次は……」

律「もういいや、疲れた寝よう…」



―律の部屋―

律「………」パチッ

律「なんか眠れない……」

律「疲れてるはずなのに…」

律「羊を数えるか……」

律(羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹、羊が4匹、羊が……)

律(いいぞ、いい感じだ……)


30分後

律(いい感じで眠くなってきた……)ウトウト

ふうううううううううう! ズイズイズイズイズイズイ

律「うわーーーーーーー!」ガバッ

律「はぁはぁはぁ」


律「夢か……」

ヌルッ

律「うわ、汗びっしょり…」

律「いやな夢見ちまったな…」


コンコン、ガチャ

聡「姉ちゃん、早くしないと遅刻するよ」

律「う、うん…分かってる」


2
最終更新:2010年01月27日 03:23