ガチャ

唯「あー澪ちゃん」

澪「何だ、唯とムギだけか」

唯「私たちじゃ不満?」

澪「え?そういう意味じゃなかったんだけど」

唯「じゃぁどういう意味なの!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ、澪ちゃんは空気読めないんだから。ね、唯ちゃん」

澪「ハハハ…………(何これ)」


唯「聞こえなかった?澪ちゃんって、りっちゃん以外に、友達、いないもんね」

澪「わ………私たち友達だろ?」

唯「えーただの部活つながりだよ。やめてよそんな言い掛かり」

紬「唯ちゃんその辺にしてあげないとかわいそうよw」

唯「うん。でも言い掛かりはよくないよ」

澪「…………」


唯「ウザいんだよね。歌は歌えない、恥ずかしい!とか言ってブリッコも大概にしてよ」

澪「…………」

唯「何か言ってよ!」

澪「…………グスン」

唯「泣けば済むと思ってるんだよね、あー怖い。澪ちゃんのそういう性格みんな迷惑してるの」

ガチャ


律「おーっす!」

唯「あーりっちゃん!もう遅いよー」ペタペタ

紬「今紅茶入れるわね♪」

律「あー掃除当番疲れた。…………ん?澪泣いてるのか?」

澪「………………グスン……」

律「なぁ何かあったのか?」

唯「え?澪ちゃんどうしたの?何で泣いてるの?」

澪「………………」

紬「わからないわ、急に泣き出しちゃって」


律「なぁ澪ったら!何か言えよう」

澪「……………」

唯「澪ちゃんどうしたの?具合わるいの?」

律「唯ーお前何か言ったんじゃないか?」

唯「そんな!澪ちゃんを泣かせること何か言わないよ………りっちゃんひどい…………」

律「ハハハ、冗談だよ。それにしても本当にどうしたんだろ?」

唯「澪ちゃん?何かあったら言ってよ?私たち友達なんだから……」

ガタッ

律「おい!澪どこいくんだよ!」

紬唯「澪ちゃん!」

律「待てよ!………ちょっと行ってくるな、すぐ戻る」

唯「うん」

紬「どうしたのかしら」


律「おい!何があったんだよ!」

澪「……………」

律「まさか唯達に何か言われたのか?」

澪「……………」

律「そうなのか?ちょっと唯達呼んでくる」

ガシッ

澪「………やめて……………今日は帰るから……」

律「そうか…………送ってこうか?」

澪「大丈夫………」テクテク


律「な………何かあったら私にだけでも言えよ!」

澪(律…………)

澪「私、嫌われてたんだなぁ………」

澪「みんな友達だと思ってたのに………」

澪「幸い唯達と違うクラスで良かった」

澪「部活行きたくないな……」

澪「…………グスッ………グスッ……」

澪「今日は寝ちゃおう」



澪「はぁ、学校は休めないよな」

澪「クラスに和がいてよかった………」

澪「今日は部活休もう。ずっと和と一緒にいよう」

澪「そろそろ学校行かなきゃ」

バタン


澪「のどか!」

和「あら、澪」

澪「おはよう!」

和「うん、おはよう」

澪「ニコニコ」

和「何か用?」

澪「い、いや別にこれといったあれは………」

和「そう」スタスタスタ


昼休み

澪「のどか~ご飯食べよ!」

和「用事あるから無理」

澪「そ………そう………よ………用事あるなら仕方ないな!……ハハ……ハハハ………」

和「うん」スタスタ

澪(一人ぼっちになっちゃった………)

澪「私ってよく考えたら友達少ないんだな………」ブツブツ

澪「唯とムギには嫌われてるし………もしかして和にも…………」ブツブツ

澪「どうしてこうなっちゃったんだろ………急にだよ…………私が悪いのかな………」ブツブツ

女1「なんか独り言いってない?」ボソッ

女2「気色わるー」ボソッ


律「みーお!」

澪「律!!」

律「早弁しちゃってお腹空いちゃったよーちょっとわけてくれー」

澪「し………しょうがないな律は!!」

律「いいの?」

澪「わ、私も和と食べる約束してたんだけどな!!………都合ー悪くなっちゃったみたいだから、うん」

律「わーい」


澪「結局部活サボっちゃった……」

澪「みんな怒ってるかなぁ………」

澪「いつも真面目に練習しろ!なんて言ってたのが嘘みたいだ……」

澪「和の対応もいつもと違ったなぁ、何でだろ」

澪「律に相談すると迷惑かかりそうだし…………」

澪「何にせよ律だけが私の友達だ」

澪「律に会いたい…………」

TELLLLL

ガチャ

澪「り………律?ごめんな、こんな遅くに」

律「うん、起きてたから大丈夫。どうした?」

澪「………律の声が聞きたくて」

律「は?」

澪「え?」

律「いや、今日どうしたんだよ」

澪「な、何が?」

律「部活だよ部活」


澪「ごめん!ごめんなさい!………嫌いにならないで!」

律「は?怒ってないよ。大丈夫なのか?」

澪「あ…………うん………大丈夫………」

律「やっぱ唯達と何かあったのか?」

澪「ちょ…………ちょっと気まずいだけかな……」

律「そうか、ならいいんだけど。みんな心配してるんだ、ちゃんと来いよ?」

澪「う、うん。落ち着いたら行くよ………」

律「じゃぁそろそろ切るな」

澪「り………律!」

律「ん?何?」

澪「あぁ、うん。おやすみ」

律「おやすみー」


唯「おはよー」

澪「!!!お………おはよう(ビクビク」

唯「澪ちゃん、何で昨日部活来なかったの?皆心配してたよ」

澪「あの……ちょっと色々あって…………」

唯「そっかーよかったよ死んでなくて」

澪「………え?」

唯「いや、さすがに死なれたら困るっていうかー」

澪「…………」

紬「いじめが原因で自殺って多いわよね……」

唯「もう来ないならやめれば?」

澪「…………」




~翌日~

ガラガラ

律「あれ?澪いねー」キョロキョロ

律「あのすみません、澪ってお休みですか?」

女「秋山さん?なら今日はおやすみしてるよ」

律「……………」

律「おじゃましまーす」

コンコン

律「みおー?入るぞ?」

律「みお?」

澪「律…………来てくれたんだ………」

律「!!!!!」

リストカットで手首が血まみれの澪

律「おい!何やってんだよ!!」

澪「ハハハ………わたし疲れちゃってさ」

律「…………」タッ

切り傷をなめる律

澪「!!………律………汚いよ……(ドキドキ」

律「バカ澪!何かあったら言えよう!………グスッ」


澪「わたしのために…………泣いてるの………?」

律「グスッ………当たり前だろ!」ギュッ

澪「………嬉しい(ドキドキ」

律「んっ…………んっ……………」ちゅっちゅ

澪「ぁん…………りつぅ………好き…………」ちゅっちゅ



「いつになったらこれ終わるの?」
『さぁ?』
「もうやだよ!」
『そうね………』
[二人に比べたら私はまだマシね……]
「私なんかもう最悪なんだよ!部活やめたら?とか言わされて。あー私ひどいこと言っちゃった」
『でも逆らったら………(ガクガクブルブル)』
「でもよく考えたら澪ちゃんが一番かわいそうだよね………」
『そうね…………早く何とかしたいわね』
「何で友達にこんな事するの?ひどいよ!」
『依存、らしいわ』
「いぞん?」














律「澪、大好きだよ」