教室!!

憂 「思わず逃げてきてしまった・・・・」

憂 「せっかく私のために皆さんいろいろ用意してくれたのに、悪いことしちゃった・・・」

憂 「でも・・・」

(へへっ。これなら一人暮らしでも大丈夫だよねー。しっかりした唯の誕生です!)

憂 「もう私なんか、必要ないのかな。なんて・・・ 考えちゃう私って嫌な子だ」


その頃の音楽準備室では・・・

唯 「え!?う、憂ー!ど、どうしたんだろう!?」

澪 「いったいどうしたんだ、急に走って出て行って・・・・」

律 「よーわからんが、とにかく追いかけよう。考えるのは後だ!」

紬 「よしきt
純 「待ってください!」

純 「追いかけるのは唯先輩だけにして下さい。あと、その前に唯先輩にお話が・・・」

唯 「ほ・・え・・??」


・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・


? 「憂、みっけ」

・・・・ぎゅっ

憂 「・・・! お姉ちゃん?」

唯 「やっぱりここにいた。もう、いきなり逃げ出して、びっくりしちゃったよー」

憂 「ごめんなさい、お姉ちゃん・・・」

唯 「いいよ。あのね、純ちゃんからみんな聞いたよ」

憂 「純ちゃんが・・・?」

唯 「うん。良い子だね、純ちゃん。憂は素敵な友達を持ったねぇ」

憂 「うん。大切な・・・ 大好きな友達・・・・」

唯 「(にこっ)憂を大事にしてくれる純ちゃん、私も大好きになっちゃった」

唯 「良い友達を持てて、幸せ幸せだね、憂」

憂 「うん・・・!」

唯 「えへ・・・・ね、憂。聞いてくれるかな、私の決意と気持ちを」


本当はね、憂と離れちゃうのがすごく不安だよ。

今まではすぐそばに憂がいてくれた。

困ったときも悲しいときも、嬉しいときもどんなときも、いつでも隣には憂がいてくれたね。

どんな気持ちだって半分こ。だから、私はいつでも安心していられたよ。


だけどこれからは違う。

どんなときも一人でなんとかしなきゃいけない。憂にはもう頼れない。

だから料理も覚えたし、掃除も洗濯も、きっとなんとかやっていかなきゃ。

やっていこうと決めたの。それに絶対やっていけるって。

だって私、ずっと憂のことを見ていたから。

憂が私の笑顔のために色々してくれたこと、全部全部おぼえているよ。きっと一生の宝物だよ。

憂から貰ったもの、たくさんの想い出、それがあれば何があっても・・・・

多少何かでつまづく事があっても、ぜったい笑顔で乗り切っていけるって。

憂がくれた、この笑顔で。



憂 「お姉ちゃん・・・・」

唯 「大好きだよ憂、今までもこれからもずっと」

憂 「お姉ちゃん!お姉ちゃん!うわーん・・・」



なんだか私、今日は泣いてばっかりだなぁ。

それもこれも、勝手に疎外感かんじて勝手に落ち込んでた私が悪いんだけど。

結局、純ちゃんの言ったとおり、すべて私の勘違いだったんだね。

たとえしっかりしても、暮らす場所は離れ離れになっちゃっても・・・・・

お姉ちゃんはずっと、私の大好きなお姉ちゃんなんだ。



唯 「あ、でもー・・・・」

憂 「??」

唯 「まだまだお料理初心者なのでぇ・・・ レパートリーが少ないのね・・・・えへへ」

唯 「同じ料理ばかりじゃ飽きちゃうしぃ・・・ たまに。ほんのたまぁーにでいいから、憂の料理食べに帰ってきてもいいかなぁ~~~」

憂 「うん、もちろんだよ、お姉ちゃん!」


やっぱり私の大好きなお姉ちゃんだ!


唯 「あ、それとねー(ごそごそ)」

唯 「じゃーん!!」

憂 「どこからかタッパーをとりだした!?」

唯 「そして中身は、じゃじゃーん!ハンバーグです!」

唯 「今日のメイン中のメイン。こればっかりは憂に一番に食べて欲しくって、他のみんなにも味見はしてもらってないんだ」

憂 「(あ、なんか嫌な予感)」

唯 「さ、せっかくだからここでパクッと行っちゃって~。食べさせてあげるね。はい、あーんって」

憂 「・・・・あーん。ぱくっ」

唯 「どう??どう!?美味しくて、ほっぺた転げ落ちちゃいそう!?」

憂 「・・・ごくん。ふぅ・・・ お姉ちゃんはこれ、味見はしたの?」

唯 「してないよ!憂に一番に食べて欲しかったから!(ふんす!)」

憂 「あはは・・・・ 美味しかったよ、お姉ちゃん・・・・」


やっぱり私の大好きなお姉ちゃんだぁ・・・

なんか私、まだまだ必要とされてるって実感が得られちゃった。

複雑だけど、ちょっと嬉しかったり・・・ えへへ。



唯 「さ、音楽室に戻ろう、憂。みんな待ってるよ」

憂 「うん!」



おわり





後日談!!



純 「憂ー、一緒に帰ろ!」

憂 「うん♪」

純 「あれ?梓は一緒じゃないの?」

憂 「うん。部長さんは色々忙しいみたい。新歓ライブの講堂使用申請とか・・・他にも色々」

憂 「私も手伝うって言ったんだけれど、部長の仕事はきっちり自分でこなしたいからって断られちゃった」

純 「はー、相変わらずお堅いね。梓らしいけど・・・」

憂 「責任感が人一倍なんだよ。偉いよね」

純 「・・・・」

純 「あの。ごめんね?あまり軽音部のほうに参加できなくて・・・・」

憂 「えー、良いんだよ!こっちこそごめんね、ジャズ研との掛け持ちで大変でしょう?」

純 「そんなことないよ。どっちも楽しいし、大変とかぜんぜんそんなことない」

純 「梓との約束もあったし・・・・」

憂 「うん♪」

純 「(なにより憂が心配だったから・・・なんて、言えないよなぁ)」

憂 「じー・・・」

純 「な・・・なに?///」

憂 「ありがとうね。純ちゃん」

純 「(み・・・見透かされてる!?)」

憂 「えへへ・・・ あ、そうだ。純ちゃん。、今晩お暇??」

純 「うぉい!いきなり大胆だな!」

憂 「・・・? 暇だったら、うちでお夕飯でもどうかなって思ったんだけど・・・」

純 「・・・ですよねー」

憂 「都合悪かった?」

純 「まったく!喜んでお邪魔させていただきまっす」

憂 「良かったー。お姉ちゃんがいなくなってから、お料理するのも腕のふるい甲斐が無くって」

憂 「今晩は、久々に腕によりをかけてご馳走を用意しちゃうよ!」

純 「食後のデザートに、クッキーなどもよろしく~」

憂 「任せて!えへへ・・・ 嬉しいなぁ・・・・」

憂 「本当、色々ありがとね。純ちゃん、大好き」

純 「///うん!」



おわり!



最終更新:2011年10月18日 12:05