純「あー…どれにしよう」

梓「もう…なんで決まってないのに店員さん呼ぶの」

梓「あっ、私はスパゲッティで」

純「だって決めようとしたら急にハンバーグが目に入って…」

純「むー…」

梓「早く決めてよ」

純「じゃあ…ビーフカレーで」

梓「最初悩んでた二つは?」

純「いや、決められないからいっそのこと関係ないやつにしようかなって」

純「あとドリンクバー二つお願いします」

梓「はぁ…」

純「さて、飲み物取りに行こっと」

純「私が梓の分も取りに行くよ。なに飲む?」

梓「んー…メロンソーダ」

純「りょーかいっ」

純「持ってきたよー」

梓「…なんか混ざってるんだけど」

純「コーラ混ぜた」

梓「なんで」

純「おもしろいじゃん」

梓「おもしろくないよー…」

純「大丈夫大丈夫、飲めるから」

純「はぁ~…深夜のファミレスは落ち着くなぁ」

梓「……」ゴクゴク

純「疲れたー」

梓「こんな時間まで起きてたらね」

純「なんで起きてるんだっけ」

梓「えーっと、なんだっけ…」

梓「ていうか純…髪ボサボサだね」

純「まぁ夜だし別にいいんじゃん?」

梓「そうだね」

純「……」

梓「……」

純「……」

梓「……」

純「あれ?そういえば憂は?」

梓「途中で帰ったじゃん…たしか」

純「そっかー…」

純「……」

梓「……」

純「飲み物おかわりしてくる」

梓「私が行く」

純「そう?じゃお願い」

梓「なに飲むの?」

純「コーラ。さっきと同じ」

梓「わかった」

純「……」

純「……」

純「……」

梓「はい、おまたせ」

純「やっぱ混ぜると思ったよー」

梓「仕返しだよ」

純「なにこれ…なに混ぜたの?」

梓「なんか…色々」

純「色々って…」ゴクッ

純「うわ…」

梓「ぷぷっ」

純「笑われたー、私笑われちゃったー」

純「てか梓がこれ入れたんだから責任取って飲みなよ」

梓「えーやだよ」

純「これ飲めないって、人間じゃ」

梓「えー…やだよ」

純「こら梓!飲みなさい!」

梓「やだよー」

純「飲んでー!!」

梓「ダメだよ純が最後まで飲むの!」

純「もー…」

梓「……」

純「……」

梓「……」

純「…なんか深夜ってテンションおかしくなるよね」

梓「うん…」

店員「お待たせしました」

純「あ…どうもです」

梓「いいのかなー…こんな時間にご飯食べちゃって」

純「だってお腹すいたんだもん」

梓「そうだけど、体に悪いよ」

純「じゃあ梓の分ちょうだい」

梓「それは…だめ」


モグモグ


純「ふぅ…」

梓「……」

純「……」

梓「……」

純「ちょっとちょうだい」

梓「じゃあそっちも食べさせて」

純「いいよ、はい」

梓「はい、スパゲッティ」

純「私もスパゲッティにすればよかったかも…」モグモグ

純「カレーとかいつでも食べれるし」

梓「カレーもおいしいじゃん」

純「んー…」

純「……」

梓「……」

純「……」カチッ

ピンポーン

店員「はい、ご注文は?」

純「スパゲッティを」

梓「食べるんだ…」

梓「残しても知らないよ?」

純「へーき、なんかどんどん食べれる」

純「気がする」

梓「絶対残す」

純「もし残ったら梓が…」

梓「……」

純「だめ?」

梓「だめ。食べれない」

純「じゃあいいもん、私が全部食べるから」


数分後


店員「お待たせしました」

純「……」

梓「ほら来たよ」

純「わかってる…」

純「……」モグモグ

純「……」

純「……ウッ」

梓「今ウッて言った」

純「言ってないけど」

純「あーお腹いっぱい」

梓「はぁ…」

純「……」

梓「……」

純「デザート食べるでしょ?」

梓「…うん」

純「やっぱ甘いものは別腹だよね~」

純「あっ、チョコレートパフェとかおいしそう」

純「すいませーん」

店員「はい」

純「チョコレートパフェを一つ」

梓「私は…チーズケーキ」

店員「かしこまりました」

純「食べれるかなぁ…心配になってきた」

梓「もう頼んじゃったし」

純「むぅ…」

梓「……」

純「……」

梓「……」

梓「純…」

純「んー?」

梓「静かだね」

純「うん」

梓「……」

純「……」

梓「憂なんで帰ったんだっけ?」

純「えー?なんだろう…」

純「唯先輩のお世話じゃん?」

梓「あ、そっか」

純「憂ってホントお姉ちゃんのこと好きだよね」

梓「好きっていうか、大好き…大大大好きって感じ」

純「あんな仲が良い姉妹ってそうはいないよね」

梓「たしかに…」

純「たぶん日本一仲が良い姉妹だよ。平沢姉妹」

梓「世界でもトップレベルだったりして」

純「あはは、ありえるかも」

純「世界姉妹仲良し大会とか開かれないかな」

純「ワールドシスターフレンドリー大会」

梓「なんで大会だけ日本語?」

純「そうすれば優勝できそうなのに」

梓「優勝したら何もらえるのかなー…」

純「…3億円とか?」

梓「3億かぁ…すごいな~」

純「3億もらえたら何に使う?」

梓「う~ん…」

梓「スタジオを買う」

純「スタジオ?」

梓「自分だけのスタジオ。設備とか色々そろえて、そこでずっとギターやるの」

純「へ~…良さそうじゃん」

純「場所はハワイとか?」

梓「いいかも」

純「南国の風に包まれながら作曲したり?」

梓「最高だね…」

純「まぁありえないけどね」

梓「…だよね」

店員「おまたせしました」

店員「チョコレートパフェと」

純「あ、はい」

店員「チーズケーキです」

梓「どうも」

店員「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」

梓「はい」

店員「では、失礼します」

梓「…」

純「…」

純「チーズケーキ一口ちょーだい」

梓「まず自分の口つけてからにしなよ…」

純「いや、これはほら、私がチーズケーキの一口目をもらうわけだから」

純「梓にはパフェの一口目をプレゼントしようと思って」

梓「そんなこと考えてなかったでしょ」

純「うん」

梓「はぁ…」

純「じゃ、一口もらうね」

梓「まあいいけど…」

カランカラン

「一名様でしょうか?」
「はい」
「おタバコは」
「吸わないです」
「では、こちらへどうぞ」

純「…あれ?」

梓「ん…?」

純「あれ、澪先輩じゃない?」

梓「…うん、だよね」

梓「澪せんぱーい!」

澪「あ…梓」

澪「すいません、席…あそこと相席で」

店員「かしこまりました」

梓「澪先輩、どうしたんですか?こんな夜中に」

澪「ん?ちょっとな」

澪「それより、梓たちは何してるんだ?」

梓「いや…まぁ、成り行きで」

純(まさかこんな所で澪先輩に会えるなんて…)

純(超ラッキー!)

澪「二人はもう食事すませたの?」

梓「はい」

澪「そっか…」

澪「私はなに食べようかな」

純「スパゲッティがおいしいですよ」

澪「じゃあ…それにしよう」

澪「あの、すいません」

店員「はい、少々お待ちください」

梓「今まで何してたんですか?」

澪「受験勉強してて…気づいたらこんな時間になってたんだ」

澪「今日はなんだか眠れなくてな」

澪「気分転換に散歩してたら…お腹すいちゃって」

梓「そうだったんですか…」

店員「お待たせいたしました。ご注文をお伺いします」

澪「えっと、スパゲッティを一つ」

店員「かしこまりました。少々お待ちくださいませ」

純「偉いなー澪先輩。遅くまでがんばるなんて」

澪「いやそんな…大したことないよ」

梓「そんなことありません、澪先輩はすごいです!」

純「はい、澪先輩は最高です!!」

澪「て、照れるなぁ…///」

純(照れてる澪先輩…)

梓(かわいい…)

澪「そ、それより料理はまだかなー」

律「お待たせー!スパゲッティだよ~ん!!」

梓「………え?」

澪「あっ、来た来た」

律「ヘイお待ちどうさん!」

梓「り、律先輩!?なにやってるんですか!!」

律「え?なにってバイトだけど」

純「バ、バイト?」

律「私だけじゃないぞ。憂ちゃんもキッチンに…」

憂「どうもー」

純「憂!?」

律「さらに店長は…」

唯「やっほ~!」

梓「唯先輩!?」

律「みんな大集合だぞー!!」

澪「あっはははは!」

純「な、なにこれ…」

梓「どうなってるの…?」


――――――
――――
――

純「ふがっ!?」

梓「んっ…」

純「……ふぁああ~」

梓「あ…れ…」

純「……?」

梓「……ゆめ?」

純「……」

梓「……」

純「…寝てた?」

梓「…みたい」

純「う~…なんか変な夢見ちゃったよ」

梓「私も…」

梓「澪先輩や唯先輩が出てきて…」

純「あっ、同じだ」

純「みんなバイトしてるとか言って…」

梓「そうそう、憂まで働いてた」

純「同じ夢みてたんだ…変なの」

梓「なんだったんだろう…」

梓「あっ」

純「なに?」

梓「ムギ先輩はいなかった」

純「うん、いなかった」

梓「…ていうか、どっから寝てたの?」

純「私のスパゲッティが残ってる……そしてデザートはまだない」

純「これらの証拠を照らし合わせて推理すると…」

純「チョコレートパフェはまだ食べていない」

梓「それより早くスパゲッティ食べなよ」

純「えー…」

梓「はぁ…やっぱこんな時間だから眠いよね」

純「もうお腹いっぱいだよ~…」

梓「せっかく頼んだのに…残したらもったいないじゃん」

純「あ~…寝起きだと食が進まない…」ズルズル

梓「……ふぁあ~」

梓「……」

梓「コーヒー持ってくる」

純「ふぁ~い…」

純「はぁ~…」ズルズル

純「……」

純「ゲップ…」

梓「持ってきたよ、コーヒー」

純「あぁ…うん」

梓「もう、だから言ったじゃん」

梓「絶対残るって」

純「あ、あとちょっとで食べ終わる…」

・・・・・

純「食べ終わったー…」

梓「お疲れ様」

純「もー動けなーい」

梓「また眠っちゃうよ」

純「うん…それもいいかも」

梓「よくないって」

純「…デザートどうしよっかな」

梓「まだ食べるの?」

純「……いいや、さすがに」

純「とりあえず少し休む」

梓「寝ちゃダメだよ」

純「……ぐぅ」

梓「言ってるそばから…」

梓「純、純ってば」

純「zzZ…」

梓「まったくもう…」

梓「仕方ないから起きるまで待とう」

梓「……」

梓「起きるのかな…」

純「ぐぅ……」

梓「……」

純「ぐぅ…ぐぅ…」

梓「……」

純「ぐぅー…」

梓「……」ウトウト

梓(やば…私まで眠くなってきた…)

梓(もういいや、寝ちゃお寝ちゃお)

店長「いや、寝るなよ」





最終更新:2011年10月18日 12:20