梓「にゃっ!」

紬「寂しいの!」

梓「ど、どうしたんですか!?」

紬「みんな勉強するみたいで……とにかく寂しいの!かまって!」

梓「と、とりあえず離して下さい!」

紬「わかったわ!」パッ

梓「ふぅ……で、皆さんは今日来ないんですか?」

紬「えぇ……勉強会するみたいなの」

梓「そうですか……受験生だから仕方ないですよね」

紬「そうね~」

梓「あれ?ムギ先輩は勉強しなくて大丈夫なんですか?」

紬「大丈夫よ!私はC判定だったから!」

梓「凄いですね!おめでとうございます」

紬「えへへ~」

梓「あ、でも……皆さんがいないんじゃ何にもやる事ないですね」

紬「そうよね~」

梓「そうですよね~」

紬「…………」

梓「…………」

紬「梓ちゃん私に面白い事教えて!」ダキッ

梓「にゃっ!!」

梓「もう……ムギ先輩ったら唯先輩みたいですね!」

紬「そうかしら?」パッ

梓「だって沢山抱き着いて来ますもん」

紬「嫌……なの?」ウルウル

梓「あぁぁ!嫌じゃありませんよ!」

紬「本当?じゃあこれからも抱き着いていい?」

梓「う~ん……」

紬「…………」キラキラ

梓「し、しょうがないですね……でも今日だけですよ!」

紬「嬉しいわ!ありがとう梓ちゃん!」

梓「い、いえ……」


紬「ところで今日は何する?」

梓「う~ん……何しましょう?」

紬「りっちゃんがいれば面白い事考えてくれるのになぁ~」

梓「そうですよね~」

紬「あ!梓ちゃん軽音部の中で1番誰が好き?」

梓「えぇ!?」

紬「誰が1番好きなの~?」

梓「そ、それは……」

紬「それは?」

梓「みんな好きです!」

紬「私もみんな好きよ~じゃあ川でみんなが溺れてたら誰を助けるの?」

梓「川でみんなが溺れてたら?」

紬「そうよ!みんな梓ちゃんに助けて~って言ってるわ!」

梓「みんな助けます!」

紬「私も梓ちゃんに加勢してみんなを助かるわ!」

梓「これで皆さんは助かりましたね!」

紬「よかったわぁ~」

梓「あ、ムギ先輩?」

紬「どうしたの?」

梓「今日は私が紅茶を作ってもいいですか?」

紬「えぇ!よかよ~」

梓「よ、よか?」キョトン

紬「梓ちゃんの紅茶飲んでみたいったい!」

梓「どうしたんですか?」

紬「博多弁を使いよると!」

梓「は、博多弁ですか」

紬「そうと!早く梓ちゃんの紅茶のみたかぁ~」

梓「分かりました!今から作って来ますたい!」

紬「……!」キョトン

梓「あ、えへへ~ムギ先輩のマネしてみました」

紬「梓ちゃんの博多弁可愛いわぁ!」

梓「あ、じゃあ作って来ますね!」

紬「えぇ!凄くすごーく期待してるわ!」

梓「はい!頑張ります」

紬「頑張ってね!」

梓(よーし!ムギ先輩を満足させる紅茶を作るぞー)


……

梓「ムギ先輩出来ましたよ!」

紬「まぁ!いい香りだわ~」

梓「えへへ……あ、飲んでみて下さい」カチャ

紬「わかったわ~……」ズズズ

梓「ど、どうですか?」ドキドキ

紬「美味しいわ!梓ちゃんいいお嫁さんになりそうね!」

梓「お、お嫁さん!」

紬「えぇ!梓ちゃんの将来のお婿さんは幸せね~」

梓「わ、私がお嫁さん……」ホワホワ

紬「梓ちゃん?」

梓「お嫁さん……」ホワホワ

紬「梓ちゃーん!おーい!」

梓「わわっ!す、すいません!」

紬「どうかしたの?」

梓「いえ……いいお嫁さんになるって言われた事なかったですから……」

紬「じゃあ私が初めてなのね!」

梓「はい!ムギ先輩もいいお嫁さんになれそうですね」

紬「梓ちゃんから言われると嬉しいわ~」

梓「本当にムギ先輩はいいお嫁さんになりそうですね~」

紬「あんまり褒められると恥ずかしいわ~」アセアセ

梓「ムギ先輩は優しいし紅茶も美味しいし将来のお婿さんが羨ましいです!」

紬「も、もう恥ずかしいわ!」アセアセ

梓「あ、律先輩もいいお嫁さんになりそうですね!」

紬「そうね!りっちゃん子供好きそうだもんね~」

梓「いいお嫁さんって言うよりいいお母さんになりそうですね!」

紬「唯ちゃんもいいお母さんになりそうね~」

梓「はい!ずっーと子供と遊んでいそうですね!」

純「こんにちわ~……あれ?」

梓「あ、純どうしたの?」

純「いや、軽音部の練習を見学しよっかな~っと思ったんだけど……」

梓「みんなは今勉強中だからここにはいないよ?」

純「そっか~」

紬「わーっ!」バッ

純「あ、琴吹先輩こんにちは!」

紬「…………」シュン

梓「あ、ああっ!じ、純びっくりしたでしょ?」

純「え?だってずっと見えてた……」

紬「…………」シュン

梓「びっくりして!純びっくりして!」

純「あ、わぁー……びっくりした」

紬「うふふ~純ちゃん気を使ってくれてありがとうね~」

純「いえ……」

梓「あ、純紅茶飲んで行かない?」

純「え!?いいの?飲む飲む」

紬「梓ちゃんが作ってくれたのよ~」ワーッワーッ

純「本当ですか?」

紬「えぇ!とっても美味しかったわ~」

純「へぇ~期待してるからね!」

梓「もう出来たよ」

純「はやいっ!」

梓「そりゃあ自信作だから!早く飲んでもらいたいもん!」

純「そっか~いただきま~す」ズズズ

梓「ど、どう?」

純「これ本当に梓が作ったんですか?」

紬「そうよ~」

純「えー信じられない!」

梓「し、失礼な!」

純「あははは美味しいよ梓」

梓「い、一応ありがとうとは言っとく……」

純「素直じゃないですね~」

紬「そうね~」

梓「ふんっ!」プイッ

純「あ!そろそろ私、部室に帰るから」

梓「ほったらかしてここに来たの?」

純「いやいや、自習練させてるんだ」

梓「純も一緒に自習練しなきゃダメじゃん!」

純「分かってるって~それじゃあ私、戻るから」

紬「純ちゃんさようなら~」

純「あ、はい!さようなら!梓もさようならまた、バッティングセンター行こうね」

梓「あ、うん!バイバイ~」

紬「バッティングセンター?」

梓「ムギ先輩どうしたんですか?」

紬「梓ちゃんバッティングセンターってなぁに?」

梓「バッティングセンター知らないんですか?」

紬「えぇ!何をする所なの?」

梓「えーと……野球する所ですよ!」

紬「梓ちゃん野球するの?」

梓「あぁ……野球をする所じゃなくてバットでボールを打つ所です」

紬「バットでボールを……」

梓「とっても楽しいんですよ!」

紬「行ってみたいわ!」

梓「あ、今から行ってみませんか?」

紬「いいの!?」

梓「はい!行きましょう!」

・・・・・・

紬「ふわぁぁ~!」

梓「ここがバッティングセンターです!」フンス

紬「凄いわ!何で誰もいないのに一人でボールを打てるの!?」

梓「あ、ほら!見て下さい!機械がボールを投げてるんですよ!」

紬「しゅごいわー!」

梓(か、噛んだ……)

紬「やりましょう!早くやりましょう!」

梓「はい!じゃあボールの投げる速度は何にします?」

紬「1番簡単なのがいいわぁ~」

梓「じゃあ80キロですね!」

紬「た、楽しみだわ……」

梓「あ、バットは忘れずに持って来て下さいね!」

紬「えぇ!」

梓「それじゃあここに100円を入れて下さい!」

紬「わ、わかったわ……」プルプル

梓「どうしたんですか?」

紬「……あそこからボールが来るのよね?」

梓「そうですよ!」

紬「こ、怖いわ……あ!」チャリン

梓「ム、ムギ先輩!ボール来ますよ!」

紬「きゃあっ!」

ビュン!

紬「あ、梓ちゃん!こ、怖いわ!」

梓「大丈夫です!ちゃんとそこに居ればボール当たりませんよ!」

ビュン!

紬「きゃあっ!」

梓「まずは落ち付いて下さい!」

紬「わかったわ!」スーハースーハー

梓「またボールが来ますからバットを降って下さい!」

ビュン!

紬「えいっ!」スカッ

紬「あ、当たらないわ!」

梓「バットを振る時に目を閉じたらダメですよー!」

紬「だって怖いの!」

梓「大丈夫です!ボールをちゃんと見て打つんですよー!」

ビュン!

紬「えいっ!」カシュ

紬「梓ちゃん当たったわ!当たったわ!」

梓「その調子です!」

ビュン!

紬「それっ!」パコン

梓「おぉ!結構飛びましたね!ムギ先輩凄いです!」

紬「梓ちゃんありがとう!」

ビュン!

紬「えいっ!!」カキーン

梓「おぉー!」

・・・・・・

紬「えへへ~ホームラン賞にチョコレート貰っちゃったわ!」

梓「よかったですね!」

紬「えぇ!」ペキン

紬「梓ちゃんにも半分あげるわ!」

梓「え?いいんですか?」

紬「えぇ!ホームランが取れたのは梓ちゃんのおかげよ!」

梓「えへへ……じゃあいただきます」

紬「梓ちゃん今日はバッティングセンターに連れて行ってくれてありがとうね~」

梓「いえ!こちらこそチョコレートありがとうございます!」モグモグ

紬「それじゃあ、そろそろ私帰るわね~」

梓「あ、はい!お気を付けて帰って下さいね」

紬「えぇ!また二人でバッティングセンター行きましょうね?」

梓「はい!」

紬「じゃあ梓ちゃんバイバイ~」

梓「ムギ先輩さようならー!」


おわり



最終更新:2011年10月18日 12:31