次の日
紬「みなさん、おはよう!朝ごはんはビッフェですよ~」

唯「わぁ~っ食べ放題食べ放題♪」


紬「席の場所決まってるから気を付けてくださいね♪」



梓「(ローター入れたままなのに唯先輩は気付いていない……)」



梓「(あ、唯先輩私の正面の席だ)」


唯「このスープうま~ズズズ…」


梓「(ここでスイッチをつけたら……)」ドキドキドキ…

梓「………ポチッ」


唯「ぶっ!……えっ!あ」ブブブ


澪「おい唯!口からスープ吹き出すなよ汚いなぁ…」


梓「私がお口拭いてあげますねっ!」


唯「あああっ……」ブブブ


律「おい!唯どうしたんだ!?」


唯《へへっ…なんかお股が凄い震えて気持ちいいの~!》

唯「んんあっ……」ブブブ


梓「(やばい…先輩可愛いすぎる…)」

律「お股が震える……まさかっ!」

律「もしかしてローター入ってんじゃないかっ!…私がとってやるよ!」

梓「いやいや!私が取ってあげます!」

律「はぁ!?なんで梓が出てくんだよ!」

梓「別にエッチな事考えてないですよ!」

梓「(ああ…私がとってあげたい…そうだ!)」

梓「じ、じゃあジャンケンで決めましょうよ!」

律「わかった!一発勝負だからな」


唯「はっ、早く取ってよぉ~(りっちゃん!)」ブブブ…

梓「最初はぐー!」

律「ジャン!ケン!……」

梓「先輩!何出すの!?」

律《チョキ!》

律「あ!ずる……」

梓「にゃああああああっ」

律「今の反則だろ!?」

梓《一回勝負ですよ♪》

梓「唯先輩、トイレに行きましょうね~」

律「(唯……)」

唯「はぁ……(りっちゃん)」ブブブ…




トイレ
梓「(トイレ…しかも個室に2人きり……)」

梓「唯先輩大丈夫ですか?」

唯《気持ちいいよぉ~…》

唯「へ、変なこと聞かないでよっ!…は、早く取ってよーっ」ブブブ…

梓「じゃ失礼します…」クチュ


唯「(あっ……ローターと……梓の細い指が……)」ズブブブ…

唯「(ヤバい…ヤバいヤバい!このままじゃ…っ)…んっ!」ブブブ…

梓「う~ん…どこにあるんだろう…(紬先輩…本当にありがとう…)」クチュクチュ

ブブブ……
唯「あずにゃんっ…まだ見つからないのぉ?」ブブブ…

梓《もう見つけてありますけどワザと取ってないんです。》

梓「……ありました。」

唯「………」

梓「………」

唯「じゃあ私、先に席にもどってるね♪(どうしよ……中途半端で……)」モジモジ


梓「もおお!なんですか!?この装置!」

律「唯っもう大丈夫か?」

唯「大丈夫だよ~」

梓「紬先輩…ローターです」

紬「どうも♪(はぁはぁ…唯ちゃんのでベトベトだ…)」


唯「モグモグ…」

律「なぁ唯~唯~……」


澪「(さっきから唯のことばかり言って!)」

澪「律!なんで唯とばっかり話してるんだよ!もっと私とも話そうよ!」

律「だって私と唯はカップルじゃん」


澪「……昨日のこと言っちゃうよ」


律「……澪~澪~」

澪「唯聞いてよ~律ったら昨日5回も……」


律「おぉい澪!何言ってるんだよ!」

唯「え~りっちゃん昨日何したの~?」

律「おい!バカ……」
律《オナニー!澪に5回もイカされちゃった!》

律「………」カァッ…

唯「え~っ!澪ちゃん!私のりっちゃんに変なことしないでよね!」


梓「そこまでしちゃったなら澪先輩と律先輩が付き合ったらどうですか?」

梓「(…律先輩と唯先輩が分かれてくれれば…)」

澪「やっぱり梓もそう思うよね~」

唯「何であずにゃんもそんな酷いこと言うのっ!?」プンプンッ

梓《唯先輩が好きだから!》

梓「……本心です」

律「ダメだぞ梓!唯は私のもの!」

澪「律!私の方が唯より長い間一緒にいたじゃんっ!」

唯「澪ちゃん!一緒にいた時間は関係ないよっ!」

梓「唯先輩!澪先輩と律先輩はすっごく仲良いじゃないですかっ!だから唯先輩は私と………っ!」



紬「(わぁ~!これを望んでたのよ☆……後はこのまま4Pの流れに……)」キラキラッ

紬「ねぇねぇみんな!私に考えがあるの!?」

4人「………」

律「(うわぁ…聞きたいけどむぎの本音聞くの怖いからやめておこう…)」


紬「今の状況ってさ、 澪→律×唯←梓 じゃない?…4人で一緒になれば困る人がいないじゃないっ♪」

紬「(私は見てるだけで…)」


4人「……!!」

澪「(その手があったか!)」

唯「(…そんなのアリなのかな…)」

梓「(にゃああああああああ)」

その後4人は朝食を食べ終わった。
一流のシェフが作った料理なのに紬以外は全く味が分からなかった。


紬「じゃあ…さっきの話しの続きね☆今日は昨日の部屋割りとは違って1つの部屋にしたからっ!」

唯「(わぁ!りっちゃんと一緒……)」

律「(唯………)」




部屋
4人「……………」

紬「皆さん何かしないんですか!?」

4人《4人でどうやって……》

紬「ふふっ!おもちゃをいっぱい持ってきました☆」キラキラッ


梓「にゃああああああああっ」



未完