~次の日、登校中~

梓「・・・はぁ」

梓「昨日はすごい事を・・・」

憂「梓ちゃーん」

梓「っ!」

憂「あれ~?ご主人様に挨拶は~?」

梓「おはよう・・・ございます」

憂「うんうん。それでいいんだよ。じゃ、見せて!」

梓「えっ・・・?」

憂「ちゃんと言う通りにしてくれてるの~?」

梓「そ、そんな・・・こんなとこで見せるのは・・・」

バシン!

憂「言いつけは?」

梓「絶対・・・です・・・」

憂「ちゃんと言う通りにしてるね。えらいえらい~」

憂「でも、おちんちん勃ってるよ?こんなにしちゃってばれちゃうよ~?」

梓「憂・・・もうやめて・・・」

憂「やめて欲しいの?こんなにおちんちん硬くして?ここで精液だしたいんじゃないの?」シュッシュッ

梓「だめぇ・・・扱かないでぇ・・・」

憂「梓ちゃんは変態だもんね。こんな場所でも、おちんちん扱かれて精液どぴゅどぴゅ出しちゃいたいんだよね」

梓「あ、でるぅ・・・でりゅうぅぅううぅぅうぅ!!」

ドクン!ドクン!

憂「うわ・・・梓ちゃん早すぎだよー。そんなに気持ちよかったの?」

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

憂「量もすっごいし・・・こんなのじゃ梓ちゃんのおちんちん、匂いでばれちゃうかもね~」

梓「やぁ・・・」

憂「そんな変態な梓ちゃんには、これをあげるね」

梓「それはぁ・・・?」

憂「知らないの?ローターっていうんだよ。これを梓ちゃんのオマンコに入れるんだよ」

憂「うわぁ、オマンコもすっごい濡れてる。これなら入れやすいね」

梓「はぁ・・・ん・・・」

憂「今日はこれを入れたまま過ごすんだよ。勝手に取ったりしたらお仕置きだからね」

梓「はい・・・わかりましたぁ」



~授業中~

梓(あぁ・・・ん、ローターのせいでなんか変な感じ・・・)

梓(でも、こんなの入れて過ごすなんて、どういうことなの―)

ヴヴヴヴ

梓(っ!?ローターが・・・動きだした・・・!)

梓(だめぇ・・・こんなの、気持ちよくなっちゃう・・・)

梓(授業中なのに・・・えっちな声がでちゃう・・・)

梓「・・・ぁ・・・っ・・・」

梓「だめぇ・・・」

梓(こんなのされたら、おちんちんが・・・)

梓(はぁ・・・扱きたい・・・扱きたいよぉ・・・)

梓(我慢できないよぉ・・・)

梓「はぁっ・・・!はぁっ・・・!」

梓「おちんちん気持ちいい・・・もっと・・・もっと・・・」

梓「あぁ・・・いく・・・いっちゃうよぉ・・・」

梓「授業中なのに・・・!みんながいるのに・・・!変態チンポでいっちゃう・・・」

どくん!どくん!どくん!

梓「あ・・・あ・・・しゃへぇ・・・きもひい・・・」

先生「おい、中野どうした?調子が悪そうだぞ」

梓「あぁ・・・いえ・・・何でも」

憂「先生、梓ちゃん調子悪そうなので、私が保健室に連れて行きます」

先生「そうか。頼むぞ平沢」

梓「あ・・・憂・・・」

憂「それじゃ行こうか梓ちゃん。立てる・・・?」

梓「あ・・・うん・・・」

憂「・・・変態だね梓ちゃん」ボソッ

梓「あぁ・・・」



~空き教室~

梓「憂、保健室には・・・」

憂「梓ちゃんは保健室に行きたかったの?保健の先生がいる前でおちんちん弄って欲しかったの?」

梓「そ・・・そんな・・・こと」

憂「梓ちゃんは変態だもんね。教室でおちんちん弄ってイっちゃうくらいだもんね」

憂「みんながいる所でして、いつもより気持ちよかったんでしょ?正直にいってごらんよ」

梓「はい・・・みんなが見てると思うと、いつもより興奮して・・・いつもよりたくさん射精しました・・・」

憂「ふふふ・・・じゃあスカートの中見せてよ」

梓「はい・・・」

憂「うわぁ・・・ぐっちゃぐっちゃですごい状況。よく精液垂れてこなかったね。あ、もしかしたら匂いでばれてるかな?」

憂「それに、もうおちんちんがバキバキに勃起してるよ?そんなにご褒美欲しいの?」

梓「ああ・・・欲しい・・・欲しいです・・・」

憂「仕方ないなぁ。じゃあ・・・」

憂「あーん、んっ」

梓「ひゃう!?」

憂「んむっ・・・じゅる・・・ちゅぱ・・・れろれろ」

梓「だめぇ!気持ちいい!憂の口の中気持ちよすぎるぅっ!」

憂「じゅぽ・・・ぷはぁ・・・まだ大きくなるんだぁ・・・あむっ・・・んっんっ!」

梓「だめぇ・・・こんなのすぐイっちゃう・・・憂の口でイっちゃう・・・」

憂「ちゅううう・・・じゅぼじゅぼ・・・もう、いっひゃうの・・・?」

梓「あっ!いくいくいく!憂の口の中に全部ぶちまけちゃうよぉぉおおぉ!!」

憂「ぷはぁ!だーめ・・・」

梓「あぁ・・・どうしてぇ!イきそうだったのに!イかせてぇっ!」

憂「そんなにイきたかったの?梓ちゃん」

梓「イきたいぃっ!チンポから精液ドピュドピュ出したい!憂の口にぶちまけたいよぉぉおおぉ!!」

憂「梓ちゃん、自分の立場忘れてない?イかせて欲しいのなら、ちゃんとおねだりしないとなぁ」

梓「あ・・・」


憂「ちゃあんと私に、いやらしいおねだりができたらイかせてあげるよ」

梓「ああ・・・お願いします・・・私のいやらしく勃起したチンポを憂の口でイかせてください・・・」

憂「そんな頼み方じゃだめだよ~もっといやらしく言えるでしょ~?」

梓「あぁ・・・私のいやらしく勃起したチンポを憂の口でイかせて精液どぴゅどぴゅ出させてください・・・」

憂「私帰っちゃおうかな~」

梓「私のいやらしく勃起した変態チンポを憂の喉マンコでイかせてザーメンミルクどぴゅどぴゅ出させてくださいぃぃい!!」

憂「ふふふ・・・しかたないなぁ。やっぱり梓ちゃんは変態だね」

憂「そんな言葉が出るなんて、家でもオナニーしまくってるんじゃないの?」

梓「してますぅ!家でもいっつもチンポバッキバキで、何回も射精しないと、いっつも発情しちゃうのぉっ!」

憂「それじゃ、そんな梓ちゃんをイかせてあげるね」

ヴヴヴヴ

梓「あぁあぁああぁあ!!ローター違うぅうう!!チンポ!チンポがいいのぉおお!!」

梓「チンポじゃないのにぃっ!オマンコで!オマンコでイっちゃううぅぅぅぅう!!」

ビクン!ドクドクドク!

憂「相変わらず、すっごい量だね~」

梓「ひどいよう・・・」

憂「なんで?梓ちゃんが望んだ通りイかせてあげたよ?」

梓「チンポでイきたいのぉ・・・憂の口がよかったのぉ・・・」

梓「チンポで射精しないと、いくらイっても満足できないのぉ・・・」

憂「梓ちゃん、ペットなのに口答えは感心しないよ?」

梓「あ・・・」

憂「これは罰として、おあずけだね。続きは放課後にしようか」

梓「そ、そんな・・・ごめんなさい!ごめんなさい!」

憂「あと、ローター動かしといてあげるよ。でも射精しちゃったら今日はご褒美無しね」

梓「そんなの我慢できないよぉ!もうチンポ限界なのぉ!チンポ射精させてぇ!」

憂「それじゃ私は教室に戻るね。梓ちゃんも適当に戻ってきなよ」

梓「待って!行かないでぇ!お願いします!お願いします!」

憂「じゃーねー」

梓「ああ・・・そんなぁ・・・」



~教室~

梓「すいません。ただ今戻りました」

先生「おー、中野大丈夫か?」

ヴヴヴヴヴ

梓(・・・っ!ローターが・・・)

梓「はい・・・ぁ、大丈夫です・・・」

先生「まだ調子悪そうだぞ。なんだったら早退しても」

梓「いえ・・・気にしないでくだ、さい・・・」

先生「そうか・・・まあそれじゃ席について。授業を続けるぞー」

梓「はぁ・・・ああ・・・くぅ・・・」

梓(あぁ・・・もうすっごいチンポガチガチ・・・)

梓(扱きたい・・・扱きたいよぉ・・・ザーメンどぴゅどぴゅしたい・・・)

梓(みんなの目なんか気にせず、思いっきりチンポシコリまくってちんぽみるくぶちまけたいぃっ!)

梓「はぁ・・・でも・・・我慢しなきゃ・・・」

梓「我慢したら憂に・・・ご褒美してもらえる・・・」

梓(あぁ・・・憂の喉マンコの奥の奥まで犯しまくって、ザーメン飲ませたい・・・)

梓(憂のマンコに入れて子宮まで犯したい・・・)

梓(子宮まで犯して、憂の中を私のザーメンまみれにしたいぃっ!)


~放課後~

梓「はぁ・・・もう我慢できないよぉ・・・早く・・・憂、早く・・・」

憂「梓ちゃーん。部活行かなくていいの?」

梓「お願いします・・・意地悪言わないでぇ・・・もう限界なんですぅ・・・」ポロポロ

憂「泣いちゃうほど辛かったの?そんな梓ちゃん見ちゃったらしかたないよね」

梓「ああ・・・憂・・・」

憂「もっと我慢してもらおうって考えても普通だよね。梓ちゃんちゃんと部活行くんだよ?」

梓「そんな・・・憂・・・嘘でしょ・・・」

憂「私も見学に行ってあげるから、ほら行こうよ」

梓「嘘だよね・・・?嘘って言ってよ憂・・・うわぁぁぁぁぁぁん!!」ポロポロ

憂「ほらほら行くよ~梓ちゃん」

憂「・・・という訳で、お姉ちゃんがどんな風にしてるのか気になったので」

律「まあ、見学くらいいいか」

唯「憂に練習みられるなんて恥ずかしいよ~」

梓(ああ・・・唯先輩がいる・・・我慢できない・・・)

梓(唯先輩に、思いっきりぶっかけて、汚したい・・・私のザーメンでドロドロにしたいよぉ・・・)

梓(唯先輩の口に突っ込んで、私のザーメン全部飲ませたいよぉ・・・)

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

律「――さ、おい、梓!」

梓「は、はいっ!?」

律「大丈夫か?ボーっとして」

梓「はい・・・」


律「じゃ~今日はこれで終わりにするか」

唯「うい~、一緒に帰ろうよ~」

憂「あ、ちょっと私梓ちゃんとやることあるから」

梓「・・・っ!」

憂「すぐ終わるから、ん~・・・外で待っててくれる?」

唯「うん、わかった~」

梓「う、憂・・・外なんて・・・唯先輩にばれちゃう・・・」

憂「大丈夫・・・梓ちゃんが声我慢すればいいんだからさ・・・」

憂「それとも明日まで我慢する?」

梓「そんなの無理・・・」

憂「じゃ、いいよね・・・」

唯「じゃ、待ってるね~」


憂「それじゃあ、今までずっとよく我慢したね、梓ちゃん」

梓「憂・・・早く・・・はやくぅ・・・」

憂「ふふふ・・・慌てない。まず目隠ししようか・・・視覚が遮られると他の感覚が敏感になるらしいよ?」

梓「なんでもいい・・・なんでもいいから、チンポでイかせてぇ・・・」

憂「そんなにイきたいなら扱いてれば?私は止めないから好きなだけイきなよ」

梓「あぁ・・・うん・・・するぅ・・・チンポ扱くぅ!」

梓「あぁ!きもひいい!ずっと、我慢してたから!すぐいっちゃうのぉぉおぉお!!」

憂「全く・・・こうなるとすぐ周りが見えなくなる発情犬が」

憂「・・・・・・」

ガチャ、バタン


梓「またイくぅっ!ザーメンでりゅうぅっ!射精するぅぅううぅうぅう!!」

憂「そんなに射精しまくって、梓ちゃんは変態すぎるね~」

梓「らってぇ!チンポきもひいいぃ!チンポでいくのしゃいこうぅうぅうぅぅ!!」

憂「お姉ちゃんがいるのに、そんな姿見せていいのかな~」

梓「えっ・・・?」

憂「目隠し外してあげるね」

梓「・・・・・・そんな唯先輩・・・どうして・・・?」

唯「えっと・・・憂が面白いものが見れるからって・・・」

唯「あずにゃんって・・・男の子・・・だったの?」

梓「違うんです!生まれつきこんな身体で・・・」

梓「憂、ひどいよ!なんで唯先輩にばらしたの!」

憂「え~、だって梓ちゃん、お姉ちゃんのこと犯したいってずっと考えてたでしょ?」

梓「そんな・・・こと・・・」

憂「部活中ずっとお姉ちゃんのこと見てたよね?どうせ頭の中でお姉ちゃんを犯しまくることを妄想してたんじゃないの?」

唯「あずにゃん・・・ほんとなの・・・?」

梓「ごめんなさい・・・唯先輩ごめんなさい・・・」

唯「あずにゃん・・・ほんとなんだね・・・?」

梓「ごめんなさい・・・でも、唯先輩のことが好きで・・・」

唯「そんなの嬉しくないよ・・・こんなのおかしいし・・・こんな所でこんなことするあずにゃんも・・・」

唯「あずにゃん、ごめんね・・・その身体のことは言わないから・・・だから、今後一切関わらないで・・・」

梓「ま、待って!唯先輩・・・」

梓「そんな・・・そんなぁ・・・」ポロポロ

憂「あーあ、お姉ちゃんは梓ちゃんのこと受け入れてくれなかったね」

梓「うぃ・・・こうなること解ってたんじゃないの・・・?」

憂「そんなことないよ?もしかしたらお姉ちゃんが梓ちゃんのこと受け入れてくれるかもしれないって思って」

梓「でも・・・こんなのひどいよ・・・」


憂「大丈夫・・・私はどんな姿でも梓ちゃんを受け入れるよ・・・」

梓「え・・・っ!」

憂「梓ちゃんのことを一生可愛がってあげる」

梓「ほんとぉ・・・?」

憂「もちろん・・・梓ちゃんは、私のペットなんだよ・・・」

梓「あはは・・・はははは・・・私・・・ずっと憂のペットなんだね・・・」

憂「嬉しい・・・?梓ちゃん・・・」

梓「うん・・・嬉しい・・・ずっと私を可愛がって・・・ご主人さまぁ・・・」

憂「ふふふ・・・可愛いよ、梓ちゃん」




~数ヵ月後~

梓「おねがいしますぅ!!イかせてくださいっ!ごしゅじんさまぁ!」

憂「ふふふ・・・梓ちゃんは私の何かなぁ?」

梓「私は、ご主人様のペットですぅ!性処理専用の淫乱なペットですぅっ!!」

憂「いい子だね・・・イかせてあげるよ・・・」

梓「ありがとうございますっ!ごしゅじんさまぁっ!」

梓「あっ!いく!いきゅうぅぅぅうぅぅうぅぅううう!!」

ドクン!ドクン!ドクドク・・・

憂「一生・・・一生こうして愛してあげる・・・梓ちゃんは私のものだよ・・・」

梓「ああ・・・嬉しいです・・・ごしゅじんさまぁ・・・」



fin.