梓「ひどいよ…ひどいよぉ…」
梓(もしかしたら…死ぬ寸前にまた拾ってくれるのかもしれないけど…それって一体…いつ?)

梓「そんなの無理だよ!!苦しいの!出したいの!!頭がおかしくなるよ!!」
梓「助けて…誰か助けて…」




3日後

律「梓のやつ、どうしたのかな…」

律「今日も部活、ていうか学校にも来てなかったみたいだし」

律「そのせいか知らないけど唯も元気ないし…」

律「ああもう!学祭までそんな時間もないのに、って」

律「メール?誰からだろ?」

律「梓!」

「律先輩に相談したいことがあります」

「今から会っていただけませんか」

律「相談?やっぱりなんかあったのか」

律「まぁいつかは様子見に行こうと思ってたし、ちょうどいいや」

律「オッケー、と」


公園

律「ここで合ってる、よな」

律「…梓はまだいない、と」

律(しかし相談ってなんだろ)

律(あんまり重い話でも困っちゃうんだけどなぁ)

律「っていやいや、ここは先輩らしく、ばしっと親身になってあげないと」

梓「…律、先輩?」

律「うひゃあ!!」

梓「きゃ!」

律「あ…ゴメンゴメンちょっとぼーっとしちゃってて、それでびっくりして」

梓「あ、こちらこそ急に…ごめんなさい…」

律「うん…」

梓「…」

律「一応、久しぶり?」

梓「そう、ですね、3日振りぐらい…」

律「いや-、ここ2,3日は結構寂しかったよ」

律「いつもいるはずの子が1人いないだけで、あそこまで部屋が静かになるとはね」

律「…唯なんか、特に落ち込んでたし」

梓「…はい」


律「…なにしてたの?ここ3日間さ」

律「みんな、心配してたんだよ?」

梓「…はい、凄い反省してます」

梓「どうせなら、もっと早くしておけばよかったって」

律「え?」

梓「あ、えっと、そうじゃなくて」

梓「そのことで、まず律先輩に話がしたくて」

梓「実は私…3日前にここで唯先輩にひどいことしちゃったんです」

梓「正確には、ひどい思いをさせちゃったっていうか」

律「…それで、唯に合わせる顔がなくて学校にも来なかったと」

梓「はい…」

律「はぁ」


律「勝手に自分で負い目にして、謝らずにひきこもってたってこと?」

梓「…」

律「ったく…そんなことか」

律「梓は私達桜高軽音部メンバーの1人で」

律「梓の代わりは誰もいないんだ」

律「唯だって、話せばきっとわかってくれるって」

梓「そう…でしょうか」


律「そうだよ!だから」

梓「じゃあ、律先輩で試してみてもいいですか」

律「は?」

梓「同じことをして、それでも許してもらえるのか」

律「…梓?お前なに言って」


梓「もう…我慢できないんですよ」

ビクンビクン

律「ひっ…え?」

律「な、にそれ…え…」

梓「見てくださいよ…律先輩が前にいるってだけでこんなになっちゃって」

梓「ここに来る前に何回も抜いてきたのに…」

律「ぬ…え、えぇぇ?」


梓「先輩もしかして、怖がってます?」

梓「ひどいなぁ、ついさっき同じ軽音部の仲間だって言ってくれたのに」

律「く、来るな…近づいてくるなよ…」

梓「今のはさすがに傷つきました…逆にこっちは元気になったみたいだから許しますけど」

梓「先輩、行きますよ」


ガシッ

律「っ!やめ、やめろぉ!!」

梓「ふふ…そんな震えてちゃ、強気な言葉も、弱く聞こえちゃいますよぉ!!」

ドサッ

律「い、いや!誰か!誰かぁ!!」

梓「残念ですが、この時間ここに人はほとんど来ないんですよぉ」

梓「ぁぁあ…律先輩の太ももぉ…」

律「す、すりつけるなぁ…」


梓「っはぁ…でも万が一ってこともありますからね」

ドグッ

律「っか…!」

梓「黙って言うこと聞いてないと、もっとひどいことしますからね?」

律「ひうっ…うっ…な、なんでこんなこと…」

梓「あああ、そんな顔しないでくださいよぉ」

梓「すぐに…壊したくなっちゃうじゃないですかぁ」

梓「可愛い…可愛いですよ律先輩ぃ…」

ペロペロ

律「い、やぁ…顔舐めるなぁ」

ズリズリ

律「足こするなよぉ…」

梓「…まだ言いごたえするんですか」

ガッ

律「うぁっ!」

ドガッ

律「っ…!!」

律「げほっ!ぐっ…」

梓「私もう我慢のゲンカイなんですよ?」

梓「3日間、どれだけガマンしたと思ってるんですか?」

バシッ

律「いっ!やぁ…」

梓「もう…無理なんです」

バシッ

律「ひっ…ぅぅ」

梓「みんな、ミンナみんな壊したくてしょうがないんですぅ!」


サッ

律「っ!や、パンツいやぁ…」

バシッ バシッ

律「ぅっ!い、痛…」

梓「ちょっと、黙っててくださいよ」

梓「今、いいところなんですからっ…」

グッ

律「い、いや、いや」


ミチッ

律「い、痛い痛」

バシン!

律「…!」

梓「黙ってて!くださいぃぃ…」

ギチギチ

律「ぎっ…あ、うぁ…」

梓「あ、あ、あ、久しぶり、久しぶりぃこの感じ」


梓「は、入ります、全部入りますよぉっ」

ズズッ

律「い…あ…」

律(痛い痛い痛い息できない痛い痛い!)

ズッ!

律「がっ!」

梓「あああん!!!」

ビュルビュルビュル!

律「ひっ…え…」

梓「ぁあ…出てる…出てますよぉ、律先輩のあったかいおまんまんの中にいっぱい…」

ビュッ ビュッ

律「ぅ…ぁぁ…?」

梓「…くすっ、でもぉ、まだまだこれからですよぉ?」

ズュッチュ

律「いあ!?」

梓「うあぁ、気持ちいいよぉぉお!!」


ズュッチュ ズュッチュ ズュッチュ

梓「あ、はぁ、ああん!凄い!!凄いですぅぅ!!」

律「やぁぁ!や、やめ、やめ」

梓「黙って!」

バシン!!

律「ぅ!ぐ…いやぁ、もういやぁ…」

ズュッチュ ズュッチュ

梓「ああああ!また出る!!出ちゃいますぅぅぅ!!!」

ビュッビュッビュッ


梓「んああ!腰!腰止まらないですぅ!!」

律「は……あ…」

梓「出ます出しますぅ!!律先輩ぃぃ!!」

ビュッ ビュッ

律「ぅ……」

梓「…!は、あぁっ」

ズルッ ヌチャ

梓「ほら律先輩、そのかわいいおでこできれいにしてくださいよぉ」

梓「って、そんか精液まみれのお顔じゃあ逆効果でしたね」

律「も……や…」


梓「ふぅ…最初のお試しにはちょうどよかったかなぁ」

梓「ちょっとだけやりすぎちゃったかもしれないけど…」

律「…」

梓「…ふふ、かわいい、かわいい律先輩…」

パシャ

梓「今日から…私がご主人様ですよぉ」




終わり