唯「澪ちゃん、その服似合ってるよぉ~」

澪「そ、そうか?」

律「ん~? 澪ちゅわん、照れてるんですか~?」

澪「うるさいぞ! 馬鹿律!」

唯「あはは、照れてる澪ちゃんも可愛いね~」

澪「いいからいくぞ……全く!」

澪「ムギとも合流しないといけないし……」

唯「そだね、じゃあ出発!」

律「っと、ちょっと待て」

唯「どしたの? りっちゃん」

律「あそこにいるのって梓じゃないか?」

唯「あれ……ほんとだ!」

唯「あーずにゃん!!」

梓「……」

唯「おかしいなぁ……聞こえてないのかな?」

律「梓ー!!」

梓「……」

律「行っちまいやがった」

律「先輩を無視するとはいい度胸だな……梓めぇ!」

澪「でも少し変じゃないか?」

唯「えぇ? あれは間違い無くあずにゃんだよぉ」

唯「私のあずにゃんセンサーがそう言ってるよ!」

律「なんだよそのセンサー……」

律「それより澪、変って何が?」

澪「だって昨日……」

梓「え? 明日ですか?」

唯「そうだよ! 皆でお買い物~♪」

律「梓も行こうぜー!」

梓「す、すいません! 明日はちょっと……」

律「ま、まさか 先輩達を差し置いてデートか!?」

唯「ええ!? 私のあずにゃんが不良になっちゃうよぉ……」

梓「なんですか! "私のあずにゃん"って!」

梓「それに、デートなんかじゃないですよ」

梓「友達に猫の世話を頼まれていて、家から出れないんです」

唯「最初からそう言ってよね! 心配しちゃったよ……」

梓「律先輩と唯先輩が勝手に勘違いしたんじゃないんですか……」

澪「そうか、じゃあまた今度にするか?」

紬「そうねぇ~その方が梓ちゃんもいいんじゃないかしら」

梓「私のせいで延期なんて嫌です! 先輩達だけでも楽しんでくださいよ」

梓「それにお買い物はいつでも行けるし……」

澪「ううん……梓がそう言うなら4人で行くか?」

律「んじゃ、明日は4人で」

唯「あずにゃんごめんね?」


~~

澪「って梓は言ってなかったか?」

律「確かに……言われてみればそうだな」

唯「じゃ、じゃあもしかして……」

律・唯「デート!?」

澪「他人の空似って事もあるけど……確かに梓そっくりだったな」

律「後を付けてみるか?」

唯「それはあずにゃんがかわいそうだよぉ……」

律「ううむ……んじゃ明日、梓に問い質そう!」

澪「問い質すって……本人じゃなかったらどうするんだよ」

律「そんときゃ、そんときだな!」

澪「全く……」



つぎのひ!

律「さてと……全員揃ったな」

梓「律先輩どうしたんですか? 急に改まって」

律先輩が皆でお茶を飲んでいる時に、話始めたのが始まりでした

梓「も、もしかして練習ですか!? 律先輩が!?」

律「なんかすごい馬鹿にされてる気がしてきた」

律「残念ながら、練習じゃない」

梓「少しでも期待した私が馬鹿でした」

やっとまともに部活を出来ると思ったのに……

律「だああああ!! いいか、ストレートにいくぞ!」

律先輩はそう言いながら机を叩いて立ち上がります

澪「お、おい律……やっぱりやめた方がいいんじゃ……」

律「うるさい! 私は聞くぞ!」

唯「りっちゃん頑張って!」

紬「うふふ……楽しみだわぁ……」

梓「とても嫌な予感がしてきました……」

なんかものすごおおおく、くだらない事が始まる予感

律「聞くぞ」

律「梓、昨日はどこで何をしていた?」

澪(全然ストレートじゃないし……)

梓「昨日ですか? 一昨日言ったように家で猫の面倒を見てましたよ」

急に何を言い出すんだろう? 昨日はあずにゃん二号と遊んでいたけど……

律「ふふふ……残念ながら証拠は上がっているんだよ」

梓「え? なんのことですか?」

律「昨日、私たちは買い物に出かけた」

律「それは知っているだろ?」

えええ? なんですかこれは! 私何か悪いことしたかなぁ……

梓「は、はい」

律「しかし梓は猫の世話をしていて家からは出て来れなかった」

梓「そうですけど……」

律「残念だったな……昨日私たちは梓、お前を見ているんだよ!」

梓「はい?」

私を見た? 家から出ていないのに? 本格的に律先輩が心配になってきたよ……

唯「そうだよぉ~あれは間違いなくあずにゃんだったよ!」

澪「わ、私は他人の空似だと思うけどなぁ……」

紬「皆から話だけしか聞いてないけど、唯ちゃんがそこまで言うなら梓ちゃんだったと思うわぁ~」

梓「え? え?」

唯先輩やムギ先輩まで!? 澪先輩は普通のようだけど……

律「あーずさ、観念しろい!」

梓「観念するも何も、私は家から出ていませんよ!」

唯「あずにゃん惚けちゃダメだよ~しっかり見たんだからね!」

澪「おい、そろそろ止めろよ……梓がかわいそうだよ」

紬「澪ちゃん、今いいところだから少し静かにね?」

澪(ム、ムギの目が怖い……)

律「じゃあ仮に家に居たとしよう」

梓「仮にって……」

律「それを証明する物はあるのか?」

梓「なんでそこまでしないといけないんですか……」

律「出せないのか~?」

梓「っ! 分かりましたよ! 憂に聞けば分かります!」

ここまで言われたら私だって黙っていません! 証拠はしっかりとあるんだからね!

唯「ほえ? なんで憂……?」

梓「唯先輩言われてなかったんですか?」

梓「前みたいに何か起きたらって思って憂を呼んだんですよ」

唯「そ、そういえばそんなこと憂が言ってたかなぁ……?」

梓「ちゃんと聞いてくださいよ! 全く……」

この人は本当に……でもそこがいい所でもあるんだけどね

って何を考えているんだ私!

律「とにかく!」

律「唯、憂ちゃんをここに呼び出せ!」

唯「りょ、了解しました! りっちゃん隊長!」


ごふんご!

憂「失礼しまーす」

律「入っていいよ」

憂「はい」

憂「お姉ちゃんどうしたの? 急にけいおん部に来てだなんて……」

律「まあまあ、座って座って」

憂「は、はい」

梓「ごめんね、急に呼び出しちゃって……」

本当に、憂もいい迷惑だよね

唯「憂をここに呼んだのには深い理由があるのです!」

憂「ふ、深い理由!? 何かなぁ?」

唯「憂は昨日何をしていたの?」

憂「ほえ? 私?」

憂「昨日は梓ちゃんと猫のお世話をしていたよ」

律「家からは出ていないのか?」

憂「はい、目を離している間に何かあったらと思ったので」

はあ……これで私の疑いも晴れるよね

梓「だから言ったじゃないですか! 私は一歩も出ていませんって」

紬「確かに、憂ちゃんが嘘をつくなんて思えないし……」

憂「お姉ちゃんには嘘なんて付きませんよ!」

憂、それだとけいおん部の皆には付くってことになるけど

律「そうかぁ……見間違いだったのかな?」

澪「私は最初から他人の空似だと言ってるじゃないか!」

澪「ほら、梓に謝れよ」

唯「絶対にあずにゃんだと思うけどな~謎です!」

梓「もう、そんなことはいいから練習しましょう!」

律「そ、そうだな」

律「梓、ごめんな 疑ったりして」

唯「あずにゃんごめんね……」

紬「梓ちゃん、ごめんなさい」

梓「だ、だからいいですって! 謝るくらいなら練習です!」


なんだかこんな風に謝られたら私が悪いみたい……

と、ここで憂が話を切り出した

憂「あ、あの」

律「ん? ああ」

律「悪いな、くだらないことで呼び出したりして」

憂「い、いえ」

憂「それよりちょっといいですか?」

唯「どしたの?」

憂「大体の事情は分かりました」

憂「それで、少し気になったんですけど……」

律「……気になった?」

憂「はい」

憂「お姉ちゃん、昨日見たのは本当に梓ちゃんだったの?」

唯「またその話!? う、うん」

唯「あれはあずにゃんだったよ!」

梓「まだ言うんですか!?」

唯「あうう……あずにゃん怖いよぉ」

私、そんな怖かったかな……?

それより憂の言いたい事が気になるかも

梓「それで憂、何が言いたいの?」

憂「あ、うん」

憂「お姉ちゃん、家でいっつも梓ちゃんの話をしているんだけどね」

紬「まあまあまあまあ」

唯先輩が私の話を……ってまた変なこと考えないの! カムバック私!

憂「それで、そんなお姉ちゃんが梓ちゃんを見間違うかなぁって」

憂「ごめんなさい、変な話でしたね」

律「ふむ……」

律先輩が腕組みをしながら何かを考えている

律「もしかするとだが」

律「ドッペルゲンガーって奴じゃないか?」

梓「ドッペルゲンガー?」

律「ああ」

唯「なあに? どっぺるげんがーって」

憂「自己像幻視の事だよ、お姉ちゃん」

唯「それだと余計分からないよ……」

梓「もしかして、ドッペルゲンガーを見た人は死ぬって言われているアレですか?」

澪「も、もうやめようよ……」

律「でも皆見ただろ? 梓そっくりだったじゃないか」

唯「あずにゃん死んじゃうの!?」

律「いや、梓自身が直接見なければ大丈夫な筈だ」

澪「りーつぅ……やめようって」

紬「確かにそれなら、唯ちゃん達の事を無視したのも納得がいくかも……」

まさかこんな話まで飛躍するなんて……

梓「もう、他人の空似ですって!」

梓「いいから練習しましょう練習!」

この時は大して気にしていなかった

頭の片隅にちょこっとだけ残っているような、そんな感じだった



かえりみち!

律「んじゃ、また明日な」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、また明日ね!」

紬「私アルバイトがあるから今日はここで失礼します~」

唯「ほいほい、じゃあムギちゃんもまた明日~」

梓「先輩達お疲れさまです」

律「あ、そうだ」

律「ドッペルゲンガーに気を付けろよ~梓?」

梓「またその話ですか!?」

律「ははは、冗談冗談」

律「じゃ、また明日」

もう……律先輩が変な事言うから気になってきたよ……

唯「じゃあ私はこっちだから、またね~♪」

梓「はい、お疲れ様です」

唯「あずにゃんバイバーイ!」

あんな大きな声を出して……こっちが恥ずかしいよ

私は唯先輩に手を振り、違う道を進んで行った

梓「ドッペルゲンガー……かぁ」

梓「ダメダメ! あんなの都市伝説だよ都市伝説!」

帰路につく足取りは少し早めだった

梓(もし見ちゃったら、私どうなるんだろう……)



またまたつぎのひ!

律「よ! って梓か」

梓「なんですかそれ……」

律「いやあ……皆掃除当番だったからさ」

梓「あれ? そうなんですか?」

律「ああ」

律「そんな事より昨日は大丈夫だったか?」

梓「へ?」

律「ドッペルゲンガーだよ」

梓「まだ言ってたんですか……はあ……」

梓「もうその話やめましょうよ、都市伝説ですよ?」

律「いや、強ちそうとも言えないかも」

梓「……?」

律「まあ、皆が来たときに話す」

梓「は、はい」

唯「お待たせー!」

唯「もうさわちゃん酷いんだよぉ……寝てたからって掃除当番と一緒に手伝わせるなんて!」

澪「自業自得だろ」

紬「でも、唯ちゃんの寝顔かわいかったわぁ~」

唯「えへへ……」

梓「全く何しているんですか、早く練習しましょう」

唯「その前にティータイムだよ! あずにゃん!」

梓「はあ……」


2
最終更新:2010年11月19日 00:50