澪「…ううぅ…それでね…それでね…」シクシク

律「澪ー…ちょっといいか?」

澪「…な、なんだよぉー…?」

律「まったくもって聞きとれんわっ!!」ガビーン

澪「へ?」

梓「澪先輩…後半泣きすぎて話になってなかったです…」

澪「…?」

律「ほんとだぞっ!!『えぐっ…それでねー?』しかわからないっつの!

  まあ若干一名ほど感化されてる奴がいるけどな…」

紬「…ううぅ…いい話だわ~…」グスッ

律「しかもなんかものすごいメルヘンチックにまとめたというか…なあ梓?」

梓「まるで澪先輩の詩の世界でした…ね?あはは…」

澪「そ、そんなことないもんっ!!」

律「澪~口調がもどってないぞぉー」

澪「!!!…ううぅ…/////」

梓「なんか…澪先輩…かわいいなぁ…」ボソッ

紬(…!この感じは…フラグの予感ねっ!?)キラーン

律「まあとにかく…澪も無事に終えたということだな」

梓「そうですね」

律「そうなると最後の一人…ということは」ゴクリ

梓「ええ…ついにあの人の出番がやってきてしまいました…」

澪「えっ?な、なんだなんだ?」

紬「なあになあに?」ワクワク

「…いーや、やっぱりだめだっ!!なにせ貞操の危機かもしれんのだっ!!」

梓「そ、そうですっ!!めずらしく律先輩と意見があってしまって嫌ですがそうなんですっ!!」

律「おーい梓ー。一言多いぞー?」

澪「馬鹿だなーお前ら。むぎがそんなことするわけないだろ?まったく」

紬「そうよー?うふふふふ」ワサワサ

律梓(まったくもって信用なりませんがっ!?)

澪「だいたい律も梓もなにをそんなに心配してるのかがわからないなっ!」

律「梓…今の聞いたか?」

梓「ええ、はっきりと聞きました…気づかせてあげないとまずいのでは?」

律「うむ…そうだな。でないと…澪のあの豊満な胸が心配だ…」

澪「な、ななな何をいってんだっ!!//」ポカッ

律「あいたっ…うう…」

紬(澪ちゃんの…豊満な胸…いやぁ~//)ホワン


唯「納得…いかんよっ!!」プンスカ

梓「まあまあ先輩落ち着いてください?」

律「そうだぞーゆい」

唯「これが落ち着いてられますかっ!

  いったい何回私をのけ者して会議すれば気がすむのっ!」プンプン

澪「あ、あははは…まあ…な?」

梓「そんな深く考えなくても大丈夫ですよ!?

  たいしたことじゃありませんからっ!」アセアセ

唯「ええいっ!ゆるさな…」

律「むぎっ!例のものをっ!!」パンパン

紬「はいはいっ!」

カタッ

紬「今日のお菓子はショートケーキですっ。

  唯ちゃんだけ苺2個乗せてみました~」

唯「…許したっ!!いただきますっ!!!」キラーン

律澪梓(うんうんだよね)

唯「この苺のすっぱさがたまんないよねー?

  甘いのにきゅううってするのがたまりませんな~」モグモグ

律(さあて餌付けは成功したと…)

梓(あとはむぎ先輩が…)

澪(どう切り出す…かだな)

ジー

紬「うふふー唯ちゃんに喜んでもらえて嬉しいわ~」ニコニコ

紬「ねえ唯ちゃん?」


律澪梓「!!」


唯「なあにーむぎちゃん」モグモグ

紬「もうーほっぺにクリームついてるの」

唯「ええーほんとにー?むぎちゃんとってくれる?」

紬「うん、じゃあちょっと動かないで…」

唯「うんっ」


ペロペロッ


紬「…うん。これで大丈夫よ?」ニコッ

唯「ありがとーむぎちゃん」ニコッ


澪梓律(……)ゴゴゴ

律「…唯…」

唯「へ?なにりっちゃん?」

梓「…少し…少しでいいので…」

唯「ほえっ!?今度はあずにゃんっ!?」ビクッ

澪「外に…出ててくれないか…?」

唯(…なぜかわからないけけど…無性にここにいたくない気分にっ!?)

唯「あはは…じゃあちょっと出てきます…」

紬「あ、あの…やっぱりやりすぎ…」


律澪梓「やりすぎだあああぁああ!!」バン


紬「ご、ごめんなさーいっ!!」


梓「お、思わず敬語も忘れて叫んじゃいましたよ…」

律「いや梓あれはしょうがないというやつだ、うん」

澪「う、うらやましい…な…//」ボソッ

律「ったくむぎはなー」

紬「みんなごめんね?でももしみんなに同じようにクリームついてたら

  同じことしてたと思うのよっ!」キラーン

梓「あはは…むぎ先輩?目を輝かせて恐ろしいこと言わないでください?」

澪「は、ハレンチだっ!///」


唯(みんな…あたしゃ寂しいよ?…)シクシク

唯「長い長い旅路から…ようやく私はここに

  帰ってきた!」バン

律「そんな壮大な話じゃねーだろっ!」

唯「あははー気分を出してみましたっ」キラン

梓「なんなんですかそれっ!?」ガビーン


紬「唯ちゃん、唯ちゃん」

唯「ほええ?むぎちゃんなにー?」

紬「今週末ちょっと付き合って欲しいの」

唯「おおー了解!」


律(さすがむぎ…まったくもって動じないとはっ!)

澪(あれくらい私も簡単に誘えたらな…//)

梓(この2人がデート?…ううぅ…

  絶対おかしなことになるよ~…//)




週末 朝 

紬「ふんふんふーん♪」

紬(楽しみだなぁー…うふふ~。

  …いいえ、私が楽しむだけじゃダメ。

  今日は唯ちゃんを楽しませるのが目標なのっ!

  紬、ファイおー!)グッ


唯「むぎちゃーん!!バタバタ

紬「あっ、唯ちゃん」

唯「ごめんねー!ちょっと遅れたよ~」アセアセ

唯「みんなとの約束もいつも待たせちゃっててさ~えへへ。

  いつも時間ちょうどくらいにはいるんだけど、

  なぜかみんなもういるんだ…うーんみんな早起きさんなんだよねっ」

紬(それはみんなデートをすごく楽しみにしてたからなの。ふふっ)

唯「…?どしたのむぎちゃんにこにこしちゃって」

紬「ううん、なんでもないの」

唯「変なむぎちゃん」

紬「!」

紬(これは…チャンス…?ええチャンスよー!!

  今こそ唯ちゃんを楽しませるんだからっ!!)キラーン

紬「…唯ちゃん!」

唯「は、はいっ!?」

紬「へ、変なむぎとかけまして…

  変顔と解きます…その心は…」ボソッ


紬「変顔のむぎですーっ!!//」プー


唯「おおうっ!むぎちゃんが突然よくわからない事をっ!?

  でもなんかグッジョブ」グッ

紬(うう…なんかちょっと失敗しちゃったかも~//)

唯「むぎちゃんなんか無理してない?大丈夫っ?」

紬「ええっ?そ、そんなことないのよ?」

唯「そうかなぁ?私に合わせてくれる感じに思えたからさー。

  むぎちゃんらしくないというか…」

紬(はううっ!?なんか唯ちゃん鋭いっ!?)ギクリ

紬「いいえっ!そんなことないわっ!!

  私ってこんなキャラだものっ!!」グッ

唯「うーん…だったらいいんだけどね?」

紬「あははは…」

紬(あ、危ないわ…。

  これはもうちょっと慎重さと大胆さが必要ね…

  しっかりするのよっ、紬?)

唯「ほんじゃあ移動しようか?そろそろ」

紬「そうね…うん」

紬(平常心、平常心と)

唯「今日はねー?

  いつもの私とは違う、大人な私でいこうと思ってるんだっ!

  ふふんっ、エスコートは任せなさいっむぎちゃん!」キラーン

紬(そうなのっ!?ここまではいつもと違いがわからないわ…

  唯ちゃん…)シクシク

唯「というわけで、どこいこうかむぎちゃん?」ポカン

紬(唯ちゃん!さっそく決めてないのっ!?

  全然エスコートになってないわ!?)ガビーン

唯「うーん…お茶でもいいかなー?」

紬「うんそうね。それでいいんじゃないかしら」

唯「だねっ。そうと決まればれつごーだねっ」


2人は喫茶店にやってきました

唯「ふい~。部室じゃないのもたまにはいいねー?」

紬「そうねー?うふふっ」

唯「!」

紬「?どうしたの唯ちゃん」

唯「…それ私もやりたいよっ!」キラーン

紬(また何かが動き出したのね…)ゴクリ

紬(何でも受け止めてあげるわ唯ちゃんっ!)キラーン

唯「えへへ…ではではっ、ゴホンっ」

紬 ドキドキ

唯「お茶おいしいわ~うふふっ」

紬「はうぅっ」ゾクリ

唯「どうしたの?むぎちゃん大丈夫?うふふっ」

紬(な…な…な…)

唯「うふふっ」ニコニコ

紬(…な、なというかわいさなのっ!?

  ものすごい威力だわっ!!

  ああもうかわいい!!かわいいの~!

  もう堪らないっ!!いやぁ~///)ブンブン

紬「…唯ちゃん…」

唯「なんてねっ?いやーやってみたかったんだよ!

  むぎちゃんの『うふふ~』ってやつ」

紬「唯ちゃん!!」バン

唯「ほわいっ!?」

紬「少し…おトイレに…いってきます」

唯「ど、どうぞ」

紬(うん…少し落ち着かないとダメ…これはもうダメ…)ハアハア

唯(むぎちゃん遅いなー)



紬(唯ちゃん…ハアハア…唯ちゃん…唯ちゃん!!

  ゆいちゃあん…ハアハア…ああっ…ああぁ!!

  だめぇ…かわいいのぉ…かわいいのぉ…!!)



紬「た、ただいまかえりました…//」

唯「おかえりむぎちゃん!」

紬(ごめんね唯ちゃん…粗相してしまいました…うぅ…//)

唯「はあ~結構ゆっくりできたし、そろそろいこうかむぎちゃん?」

紬「いく!?」

唯「?うん」

紬(いい加減…落ち着きなさいむぎ…//)

紬「い、いえっ!!なんでもないのよっ?」アセアセ

唯「そうなの?」

紬「いきましょう、ね?」


唯「むぎちゃん…お腹すちゃったよー」

紬「あっ、そうね。時間もいい頃合ね」

唯「うんうん」

紬「何か食べたいものある?唯ちゃん」

唯「ハンバーグかなっ!」キラーン

紬(それでこそ唯ちゃんね。うふふっ)



とあるファミレスにて

唯「う~ん…」

紬(唯ちゃん…ものすごく悩んでるわ…?

  ハンバーグを頼むって言ってたはずなんだけど

  どうしたのかしら?)

唯「むうう~…むぎちゃん?」

紬「はいっ!?」ビクン

唯「私は今人生最大の悩みで苦しんでいます…」

紬(なんですって!唯ちゃん人生最大の悩みを抱えているのっ!?

  これは私が力になるしかっ)キラーン

唯「これはむぎちゃんにも助けを求めることになりそうだよ…」

紬「ま、任せてっ!!私、唯ちゃんの力になりたいのっ!」グッ

唯「むぎちゃん!」

紬「ゆいちゃん!」

ガシッ


紬「それで…悩みというのはなんなのかな?」

唯「実はこのメニューにある『和風おろしハンバーグ』と

  『チーズハンバーグ』のどちらを頼めばいいのか…

  これは…選べんよっ!」

紬(それが人生最大の悩みなのっ!?)ガビーン


唯「むぎちゃんナイスっ!やはりチーズにはなにものも

  敵わないというのが実証されたよ、うんうん」モグモグ

紬「そう?それはよかったわ~」

紬(とりあえず力にはなれたみたい…)ホッ

唯「むぎちゃんのもおいしそうだねー?」

紬(…はっ!これは…澪ちゃんもやってもらったという…

  あれをできるチャンスではっ!?)

紬「もしよかったら…ひとくち食べる?」

唯「よろこんでっ!」

紬(チャーンスッ!!)キラーン

紬「ゆ、ゆゆ唯ちゃん?あーん」

唯「あーん」

紬(ああっ…唯ちゃんが近づいてくる…//)

パクリ

唯「うーんおいしーよ~」モグモグ

紬(なぜ私はポテトを頼まなかったの…

  これじゃ指までパクリといかないわ…

  スプーンなんて…スプーンなんて!!)ウルウル

唯「?」

唯「おいしかったね~むぎちゃん」

紬「ほんとねー」

紬(はあ…

  ってこんなことで気を落としてる場合じゃないわ、紬!

  勝負はここからなのっ)グッ

唯「ほんとお腹一杯の大満足だよ~」


6
最終更新:2010年11月20日 02:34