澪「! だ、だってしょうがないだろ!///
いきなり、その! 和に、チチチチ、チン……コ、付いてるだなんて///」

紬「和ちゃんはその事を誰にも言えなくて苦しんでいるの!」

律「うーん、なら私が今度聞いてみるよ」

紬「ううん。私たちは影ながら2人を応援していきましょう!」

律「2人?」

紬「! う、うん、和ちゃんと、その秘密を知っている唯ちゃんを!」

律(影ながらってことは、そう大事にはならなそうだな。
サクっと和に話を聞いて、笑い話にしてしまうか……ん!)チラ

澪「」ガクガクブルブル

律「み~お~」ニヤ

澪「ひっ! なんだよ、律」ビクッ

律「チンコの話を聞いただけで気絶なんて、そんなんで将来大丈夫かぁ?」

澪「な! ピュアな女の子が住んでるんだ! しょうがないだろ!///」

律「澪もこれから高校を卒業して、大学へ。そして社会に出る」

澪「……」

律「そのどこかで出会いがあって恋に落ち、やがて結婚するとする」

澪「///」

紬「そんなのダメ!」

律「『そう』なったときに、どうする? 澪。
もうチンコの話を聞いて気絶なんて済むものじゃないぞ?」

澪「///そ……それなら!」

律「それなら?」ニヤニヤ

澪「律と結婚する!///」

律「」

紬「キマシタワー」

律「///いいいいやいやいや、そういう事じゃなくてだな!
ほ、ほら、今のうちに抵抗をなくすために……」

澪「ばか律!/// もう、帰る!」ダッ

律「おい、澪!」

紬「すばらしい! すばらしいわ、律ちゃん! 澪ちゃん!」ハァハァ

律「ムギは和の話はもういいのかよ……」


澪(律のバカ! いきなりそういう話なんて!)

澪(……ううん、そうじゃないんだよな、律。)

澪(私がこんなだから心配して、あんなことを)

澪(和には悪いけれど、でも、そういった抵抗をなくすためにも、いい機会だということを)

澪(こういう事なんだろ? 律)ピッポッポッ

澪「あ、和? ちょっと頼みがあるんだけど……」

和「どうしたの? 澪。部室に呼び出したりして。みんなは?」

澪「みんなは……ちょっと遅れて来るように、言っておいた///」モジモジ

和「澪?」

澪「あの、その、和に……頼みたいことがあるんだけれど///」モジモジ

和「うん。出来ることならいいわよ」

澪「その……和の……チ……ンコを、見せて欲しい///」モジモシ

和「は?」

和「ん、ああ! この前の唯とのやりとり、聞いてたの?」

澪「え……あ! ごめん。ムギから……いや、盗み聞きするつもりは!」アタフタ

和「いいわよ、別に。変な話だけど、隠すほどのことでもないし、たぶん」

澪(え? あれ? あまり深刻じゃないのか?)

澪(……案外人にばれてしまうとスッキリするものなのか?
! まさか律はこのことも見越して!)

和「でも、なんだって私のなのよ。他の人に……」

澪「ダメだ! よく知っている、和のだから、きっと大丈夫なんだ!」

和「そうなの? これは褒められてるのかしら」

澪「今の和は私の将来にとって必要なんだ!」

和「大げさねぇ……」

和「何がそんなに好きなのかはわからないけど、とりあえず終わらせちゃいましょうか」

澪「///」

和「はい」アーン

澪「……え?」

和「……」アー

澪「え? え?」

和「ん? どうしたの、澪。始めないの?」

澪(そうしたんだ、和……いきなり口を開けて……)

澪(! あぁ! そうか、そういうことだったのか!///)

澪「わかったよ、和。そういうことだったんだな。
うん……ギブアンドテイク……だもんな///」

和「澪? なに言って」

澪「の、和にばかり恥ずかしい思いはさせないよ……///」

和「え?」

澪「その……でも、やっぱり恥ずかしいから、目を閉じていてもらえないか。な?///」

和「? いいけど?」パチ

澪「……///」

パサ…

和(これは、衣擦れの音?)

和「ちょっと澪、一体何……モガッ!」ムニュン!

和「フガ! モガガ!」

和(ちょっと、何これ? おまんじゅう? いきなり口に押しつけてきて)

澪「ん! ……アン! 今は、出ないけれど……ん、気分だけでも……!
和! 目は開けちゃだめぇ!///」

澪「和ばかりに……ん! 恥ずかしい思いは、させない、んう、少し、なめるだけならいいから///」

和(なめるって、これ何? おまんじゅうじゃないの? ……味もないし)ペロ

澪「ひゃうん! の、和! 軽くなら、すっても……んん!///」ビクッ

和(突起があるわね。あ、突起が固くなってきた……ホントなんなの、これ)チュー

澪「ひあぁぁ!」

和「!? ちょっと澪、モガッ」

澪「ダメ! 今目を開けちゃダメぇ!」ビクンビクン


紬「唯ちゃん、律ちゃん、ごめんなさい」シュン

律「あーあー、和のチンコでノドチンコ、ね」

唯「そう、和ちゃんのチンコだよ!」

律「まぁ、そんなこったろうと思ったよ」ハハハ

唯「和ちゃんに、その……チ、チンコ……なんてついてないよう///」

律(言葉一緒なのに、なんでそこは照れるんだ?)

唯「この前じっくり見たし」

紬「その話くわしく」キリッ

紬「そういえば、律ちゃん。最初からわかってたの? じゃぁ澪ちゃんにああ言ったのは?」

律「ああ言えば、澪は将来の不安を無くすため、
まだ抵抗の少ない和に頼みに行くだろう? 見せて、って」

律「そこで、勘違いがわかって、なんだこりゃ! 一杯食わされた! ってなるわけだ」

紬「澪ちゃんのことよくわかっているのね。
でも、あまりからかいすぎるのも良くないよ」

律「ゲンコツ1個で済む冗談なら甘んじて受けますよ、って。到着!」ハハハ

ガチャッ

唯「澪ちゃん! 和ちゃん! ドッキリカメラで……す……」

澪「あん……はぅ! 和! 軽くなら噛んでもいいから! あああん!」ビクンビクン

和(こう、かしら?)アマガミ


律「うわああぁぁぁ! お、おまえら! ナニやってるのおおおぉぉ!?///」

紬「あああぁ! かはっ、神様! 神様あぁぁ! あがががが」プシャー

唯「……」

和「え? あ、みんな……って、うわああぁぁ! 澪! あなたナニやってるの!」バッ

澪「え、みんな……? 嫌ぁああ! 見ないでええぇぇ!」バッ

唯「和ちゃん……これは、あんまりなんじゃないかな?」ユラー

和「ゆゆゆゆ唯!? 違うのよコレは! 私にも何が何だかいつの間に」

唯「いつの間にかで他人の乳首すうなあああぁぁぁ」ベチーン!!

和「ふべっ!」

唯「昨夜も私にのどかじゃない和ちゃん見せてくれたのに!
とっかえひっかえですかああぁぁ!」プンスカ

和「唯! 聞いて!」

唯「和ちゃんの……2軍ロミオー!」ダッ

和「あ、それ地味にクル」

律「……で、ナニがあったんだ?」

澪「だ、だって和が、チンコ見せるから、代わりに私の母乳飲みたいって……。
物欲しそうな顔で口を開くから……///
だから、出ないけど、せめて気分だけでも……って///」

和「そ、そんな事思ってないわよ///」

唯「その割には随分と盛り上がっていたようで」ジー

和「ホントに! まったくもってこれっぽっちも!」

唯「目を開けるまで乳首にむしゃぶりついていたことが、わからない、ねぇ……へー」

和「視覚も自覚も味もわからないと、何口にいれてるかわかりにくいのよ。
澪のいい匂いだったら最初からしてたし、嗅覚もないとなると、なおさら、ね」

澪「いい匂いって///」

唯「……」ジー

澪「ひぃっ」ビクッ

紬「ま、まぁ全部誤解だったってことで!
和ちゃんにも唯ちゃんにもチンコ付いてなかったし!
和ちゃんも澪ちゃんも浮気してたわけじゃないでしょ!?」

和「浮気だなんて!」

澪「滅相もございません!」

律「まぁ、からかった私も私だったし……」

律(これが和だったからまだしも、他の人間だったら……)

澪「! 律!」

律「う! なんだよ、澪」

澪「私の母乳は律のだから!///」

律「」

律「な、なに言ってんだよ澪!///」

澪「律?」

律「母乳が出るってことは、そういうことになっちゃうだろ?」

澪「あ……」

律「私は、澪は母乳が出なくても、あ、ああ、愛してるぞおぉぉ!///」

澪「律!」パアァ♪

律「澪!」ダキッ

紬「すばらしい! すばらしいわ!」ハァハァ

紬(後はこっち、ね……)チラ

唯「……」

和「……ゆ」

唯「和ちゃん!」

和「はいっ!」ビクッ

唯「勘違いとはいえ、今回は酷いです」

和「ごめんなさい……」

唯「和ちゃん大嫌い」

和「あ……」

唯「……」

和「そう……だよね、いくらなんでも、だよね」アハハ

唯「和ちゃん大嫌い……」

和「……」

唯「……大嫌い、だから……」ヒック

和「唯?」

唯「大キダイだがら……和ぢゃん」ヒック

和「……」

唯「もう゛、のどがじゃないのば、私にだげにじでえぇ……」ヒック

和「! 唯!」ダキッ

和「ごめんね! 唯、ごめんね!」ギュー

唯「ぼぼがぢゃーん!」ギュー

紬「よかった」フフ

紬(そう、和ちゃんも唯ちゃんも、チンコがあろうとなかろうと、
固い絆で結びついているものね。
ずっと観察していた私もわかっていたはずじゃない。

これからも、あの2人には、ううん、あの4人には、
同姓という、どうしても在ってしまう壁がつきまとうかもしれない。
それでも、ただつきあいが長いとか、チンコがないとかじゃない、
2人だけに確かめ合える絆があって、それは何よりも芯のある暖かな確かなもの。

でも……たまには、私にもそれを見せてほしいな。
この場で4人を祝福できる、そんな幸運にあるんだものね。)

紬「あ、そうだ!」




紬「おしまい!」





最終更新:2010年11月21日 02:15