梓「りっちゃん、りっちゃん」

梓「……ノリノリでいいんじゃないー♪」



律「プッ」
梓「聞かれたっ!?」


梓「唯先輩の真似、ですか?」

律「そうそう。来年は梓がメイン張らないとダメなんだぞ? ギターだけじゃなくてMCとかさ」

梓「うっ、痛い所を……」

律「と言う訳でまずは唯の真似から。唯のヤツMCは妙に上手いからなぁ」

梓「長いのが難点ですけどね。……わかりました、ちょっとやってみます」

律「おー!」

梓「コホン、あー」

梓「りっちゃん聞いてよぉ~っ! またあずにゃんが練習練習ってガミガミ言うんだよぅ~!」

律「うおっ!? い、一瞬梓が唯に見えたぞ!?」

梓「私だってね、好きでお茶飲んでまったりしてるんじゃないんだよ!」
梓「私は充電してるんだよ! こうお菓子で音楽パワーを集めて放電するんだよっ!」
梓「りっちゃんなら、りっちゃんなら解ってくれるよねぇ~っ!!」

律「……いや、お前、実は唯だろ!? 似すぎて怖いよ!?」

梓「ハハハ、何言ってんだ律。何処から見ても梓に決まってるじゃないか」

律「澪!?」

梓「フフ、りっちゃんったら。それじゃ唯ちゃんの為にもお茶にしましょうか」

律「ムギまで!?」

梓「あ、律。申請書類がまた出てないわよ。明日までだからちゃんと書いて提出してね」

律「」

梓「それで律、梓の事なんだが」
律「え?」

梓「あずにゃん最近様子がおかしくない? 何かずっとりっちゃんばっかり見てて!」

梓「そう言えばりっちゃんも最近梓ちゃんの方をチラチラ見てるわよね」

梓「どうなんだ律、お前梓に何かしたのか?」

律「し、してないって! 誤解だ!! って言うか何言い出してんだ梓!?」

梓「あらあら素直じゃないわね、りっちゃん。青春の甘酸っぱい1ページってヤツかしら」

律「さわちゃんまで真似るの!?」


梓「え……律先輩、私の事見てるんですか?」

律「何なんだこの自演裁判は……」

梓「りっちゃんっ! はっきりしなさいっ!」
梓「律っ!」
梓「言質はちゃんと抑えるわっ!」

律「とりあえず梓の中のムギ、お前は落ち着け」

梓「私、一度でいいからこういうリポーターするのが夢だったのー」

律「って言うか本当に真似してるだけだよな、梓?」

梓「もちろんです、律先輩」

律「ふぇー……何かやっと落ち着けるぜ……」

梓「そんなに似てましたか? 一番じゃないからあまり自信ないんですけど」

律「正直心臓に悪い。って言うかさり気なく変なこと言ってたよな!?」

梓「え、な、何の事でしょう? 役にはまると記憶がですね」

律「嘘付けっ!」

律「……そういや、一番じゃないって、どう言う事だ?」

梓「あ、あー、アレですか……ほら、こう言うのってやっぱりよく観察してないとダメじゃないですか」

梓「唯先輩達も見てますけど、私が一番見てる人じゃないからですね、その」

律「へぇー、あれで一番じゃないって、それじゃ一番はもう本人何じゃないか?」

梓「そんな事無いです! 私なんかじゃその人にはなれませんです!」

律「そ、そうか……でも残念。ちょっと知りたかったな。梓がそこまで見てるのが、誰なのか」

梓「え?」


梓「律先輩は、私が誰を見ているかが気になるんですか?」

律「いや、ほら、何となくだよ何となく!な!」

梓「……いいですよ。私が一番見ている人になってみます」



梓「……」

律「……」


梓「……田井中、律か」

律「え? だ、誰だ……?」

梓「おいおい、私が誰か解らないのか?」

律「あ、あぁ……」

梓「ふぅん……まぁいいや、そんなの些細な事だしな!」


梓「で、律。お前、梓の事どう思ってるんだ?」

律「え?いやいやさっきもだけど何聞いて……っ」

梓「また悪ふざけか。まぁ解ってたけど悲しいぜ、お前。せめて私ぐらいには本音を聞かせろよー」

律「な……、……っ! お前、ままま、まさか……!」



梓「梓の気持ち、何となく解ってるんだろ? 梓も解ってるみたいだし」

梓「梓が一番見ていた相手として『私』が出てきてるし」

梓「これ以上後輩から語らせるのかい? お前は」

律「私は」

律「そんなにヘタレたヤツなのか?……か。知ってるくせに」


律「……梓、戻ってくれ。これ以上はズルすぎるから」

梓「……」

律「私は梓を見てた。確かに梓を気にしてた」

律「最初は後輩として。仲間として。そして」

律「好意を向ける、相手として」

梓「……律、先輩」

律「あずにゃんと抱きつかれるのを羨ましくみてた。だから時々唯に乗じて一緒に抱きついた」

律「律先輩と呼ばれるのは好きだけど、さっきりっちゃんと呼ばれた時は驚いた」

律「先輩ではない、私を呼んでくれたんだって、嬉しかった」

梓「…………」

律「梓がいいと思うなら、これからも」

『りっちゃん』

律「と……って、梓?」

梓「な、何ですか。そこまで呼んで欲しいと言われたら呼ぶしか無いじゃないですか」

梓「でも、二人っきりの時だけですよ! 恥ずかしすぎますから!」

律「……だな、流石に私も恥ずかしいわ!」

梓「後、りっちゃんと呼ぶ代わりに私からもお願いがあります」

律「何だ、改まって?」

梓「これから出来るだけ、沢山。律先輩をりっちゃんと呼ばせてくださいねっ!」



おしまい



※ここから未完↓


梓「りっちゃん」
律『』

梓「……なんて先輩には言えないよなぁ……」

梓「りっちゃんぬいぐるみ相手ならこんなに簡単なのに……」

梓「ねぇ、りっちゃんもそう思いますよね」

律『思うよねー梓ちゃん』

梓「!? し、喋った!? まさかこれって何かの奇跡が!?」

律「いや当てレコだし」

梓「ですよねー」



梓「!?」


律「なるほど、梓は私の事りっちゃんと呼びたかったのかー」

梓「ち、違います! そんな事ありませんです!」

律「しかもそんな可愛らしい私のお人形まで用意して、もぅー」

梓「こ、これはアレです! 科学な超電磁スピンとかのUFOキャトルミュートです!」

律「まぁまぁ落ち着け」

梓「わわ私はいつだって落ち着いていますっ!」

律「ほぅ、そんなに焦っているのに、落ち着いてるんですか梓ちゃんはー」

梓「もちろんですっ!」

律「なら私を見ながらりっちゃんと呼んでみなさいっ!」

梓「!?」

律「あららー、できないのかにゃー?」

梓「で、できますっ! えぇ簡単ですともやってやるです!」

律「よさこい! あっちゃん!」

梓「りっ……っ!」


梓「………………り、りっちゃん…………先輩」


律「先輩などいらんっ!」

梓「り、りっ……ちゃ……」

律「もっと大きな声でっ!」

梓「りっちゃ、ん」

律「もっと大きく!」

梓「りっちゃんっ!」

律「もっと幼なじみが照れ隠しに怒ってるような感じでっ!」

梓「りっちゃんっ!」

律「もっと世界中に私へのアイを叫ぶぐらいの勢いでっ!」


梓「りっちゃあぁぁ──────────────んっっ!!」

律「よせやい、照れるじゃないかぁー」

梓「」 ……


律「くぅぅ……何故か頭が痛い……っ」

梓「奇遇ですね、私は右拳が痛いです」

律「さて、先輩をちゃん呼ばわりする後輩には罰ゲームが必要ですな」

梓「律先輩が呼べって言ったくせに……」

律「罰ゲームー! 私が良いって言うまで梓は私の事りっちゃんと呼ぶ事っ!」

梓「……えっ?」

律「返事は?」

梓「……仕方ないです、部長の律せ、り、りっちゃんがそう言うなら従う、です」

律「そーそー、仕方ない、仕方ない」

梓「りっちゃん……フフフ」

未完





唯「あずにゃんは先輩に対して固すぎだよ!」

梓「そ、そうですか?」

唯「まず呼び方を変えよう!ほら、あそこに人が居る!」

梓「居ますね、律先輩が」

唯「違う違う、りっちゃんだよ!ほら、いくよ?りっちゃーん」

梓「り、りっちゃーん」


律「ん?今、何だか声が二重に聞こえた気が」

律「唯と…あ、梓?」

律「ということはさっきの声は梓?いやでも梓が言う訳無いだろうし…」

唯梓「「りっちゃーん」」

律「」


梓「だ、駄目です///まだ恥ずかしいですよ」

唯「そんなことなーいって。あ、和ちゃーん!」

梓「ええええ!?」

唯「後は頑張ってね~」ヒラヒラ

梓「ちょ、唯先輩!待って下さいよー!」

律「中野さん?」

梓「ひいっ!?」ビクッ


律「さっきのは幻聴…では無いよな?」

梓「げ、幻聴です!お医者さんに行くことをお勧めします!」

律「私まだそんな歳とってないんだけど…?」

梓「な、なら気のせいです!きっと疲れてるんです、お医者さんに行くことをお勧めします!」

律「りっちゃんはいつも元気だぜ!」

梓「と、とにかくお医者さんに行くことをお勧めします!」

律「趣旨違ってないか」

律「りっちゃーん」ニヤニヤ

梓「……」

律「りっちゃーん」ニヤニヤ

梓「……」ブルブル

律「りっち梓「あああもう!!」ギュッ

律「え、梓!?」

梓「なんですか、『りっちゃん』」

律「な、なんだいきなり!?」

梓「いけませんか?」

律「いけないだろ!何いきなり抱きつくんだよ!」

梓「好きだからです」

律「はあ?」

梓「だから、好きだからですよ」

律「え、何?聞こえない」

梓「ああもう!じゃあ行動で示しますよ!」ギュウウッ

律「なっ///」

律「あ梓、お前レズビアンだったのか!?」

梓「違います。中学までは普通に異性に興味がありました。でも…」

律「?」

梓「律先ーーりっちゃんを初めて見た時に、私の心は千々に乱れました」

梓「その日から、私は心の中でいけないと分かっていながら、こういうことを頭の中で考えるようになりました」

律「梓…」

梓「でも…やっぱりいけませんよね…同性の人に欲情するなんて…最低…ですよね…」ボタボタ

律「……」ギュッ

梓「律…先輩…?」

律「…確かに、同性愛は、不潔な物だ」

梓「……」

律「蔑まれて見られることも多い」

梓「……」ブルブル

律「…でもな」

梓「……」ピクッ

律「本当に、心の底から愛しているなら、私は別に良いと思うぜ」

梓「りっ…ちゃん…」

律「梓…」

梓「りっちゃん…」

ドドドドドドドドド

律梓「!?」

紬「バレちゃった。もう、澪ちゃん押しすぎ」

澪「だって!だってだってだって!律とあ、梓が、その///」

唯「澪ちゃーん、私のあずにゃんりっちゃんにNTRちゃったよー」

梓「んなっ///」

律「」

律「お前らどこから湧いて出てきた!」

唯「和ちゃんとの話が終わった後、ずっと見てたよ!」

梓「えぇっ!?」

唯「最初に見たら、あずにゃんがりっちゃんに抱きついていて、思わず泣きそうになったよ!」ホロ

律「と言いながら泣くな!」

梓「澪先輩達は、いつから?」

澪「わ私は、何か律が梓に話していた所からしか…」

唯「嘘はいけないよ澪ちゃん!澪ちゃんは私が最初に来た後すぐに来てたよ!」

澪「ばばば馬鹿!唯!」

梓「ムギ先輩は!?」

唯「ムギちゃんは私が来た時にはとっくにいたよ!」

律「嘘!?気づかなかったぜ!?」

紬「私はずっとソファーの下にいたわ!」

梓「どうやって移動したんですか!?」

紬「わかんない」

律梓「ハァ?」

紬「気が付いたらここにいたの。…そう、導かれる様に」

梓「」

律(ここまでとはな…)





最終更新:2010年11月22日 21:42