律「あがががががが」ギリギリッ

梓「本当に危なかったんですからね!!一瞬お花畑が見えたくらいに!」

律「わ、私が今度は危ないって!ほ、骨がぁ!なんかミシミシいってるのぉ!!」ミシミシ

梓「ちゃんと、反省、しましたかぁ!?」ギリギリ

律「したした!したから!あああああ」ミシリミシリ

梓「なら許してあげます」ぱっ

律「ぐわっ」ガンッ

律「うぅ…おでこ床に打った…」

梓「だ、大丈夫ですか?」

律「…お前がそれを言うか…?ていうか普通愛しの先輩にキャメルクラッチなんてする?」

梓「律先輩が悪いんですよ!!私だってお花畑が──というか、い、愛しの先輩って///」

律「おいおい、今さら何照れてんだよ……。あんだけ恥ずかしいことべらべらしゃべってたくせに…」

梓「うぅ…///」

律「くくく『律先輩はずるいです…』か…」

梓「う………」

律「いっそ……先輩が誰か一人と特別な関係になってくれたら、とか考えたりもします』」ウルウル

梓「………///」カァ

律「そうすればきっぱり先輩を諦められますから」キリッ

梓「ああああ!殺して!もう一思いにいいいい!!!」ガンガンガンガン

律「お、おい馬鹿。床に頭打ち付けるな!」

梓「離して下さい!もう死にます!待っていてください、お父さんお母さん。梓は今からそっちへ行きます」

律「いや生きてるよね?お前の両親ちゃんと生きてるよね?」

梓「うわあああああばばばば」

律「駄目だこいつ…早くなんとかしないと…」

律(澪とムギは…?)チラッ

澪「………」スゥスゥ

ムギ「ドゥフフwww膝枕の体勢のまま眠ってしまったでござるwwwwみおみおの柔らかな太ももの感触を頭に感じながら、みおみおの寝顔を見上げる……
まさに至福wwww父上、母上、拙者は生まれてきて幸せでござるよwwwゥフドゥフw」

律(何もなかった…何もなかったんだ…。うん…私は何も見なかったし何も聞かなかった……)

律「な、なあ梓ぁ」

梓「あばばばばばば」

律「梓ぁ…少し落ち着いて」

梓「ありばばばばばば」

律「梓ちゃあん…ねえ」

梓「あああああああああ」

律「………もぅ…」

律「あずにゃん!!!」

梓「ああ…あ…?」ピタッ


澪「うわっ!!びっくりしたぁ」

ムギ「ドゥフwドゥ……あら、澪ちゃんお目覚め?」

澪「あぁ…そうか、私ムギに膝枕したまま寝ちゃったのか…」

ムギ「えぇ、ごめんなさい。起こすのも悪いかと思って」

澪「いや、寝ちゃった私が悪かったんだよ」

ムギ「それにね…その…」

澪「?」

ムギ「澪ちゃんの寝顔、とっても可愛かったから」ニコッ

澪「ちょ、ムギ!か、からかわないで///」

ムギ「からかってなんかないわ!本当のことよ!!あ、でも照れてる澪ちゃん可愛い」ウフフ

澪「うぅ…やめてくれぇ……///」

ムギ「あらあらドゥフフ」

澪「あれ?でもどうして起きたんだろう?何か大声が聞こえたような…」

ムギ「まあまあ、細かいことは置いときましょう。ところで澪ちゃん、足は大丈夫かしら?」

澪「足?足ってどういう…ひぅっ!?」ジーン

ムギ「あら…やっぱり痺れてたのね…」

澪「い…いきなり足をつっつかないで…」

ムギ「ごめんなさい、でもやっぱり足が痺れたのは私のせいよね…もう頭下ろすわね」スッ

澪「あぁ…そうしてもらえると助かるよ」ジンジン

ムギ「とりあえず…足を伸ばした方が良いわね」

澪「え?あ、ああそうだな…」

ムギ「?どうしたの澪ちゃん?」

澪「動かすの怖い…」ビクビク

ムギ「コワガリナミオミオ、モエ」ボソッ

澪「じ、じゃあムギ…伸ばすぞ…」

ムギ「頑張って…澪ちゃん」

澪「………ん……あっ……ひぅ!?……んん、んぁ……」スルスル

ムギ(エロスwww足を伸ばすだけでこの艶めかしさwwww実際のベッドの上ではどれほど喘ぐのかwwwドゥフwww)

ムギ(はっ!実際のベッドの上なんて…私としたことがはしたないことを考えてしまったわ…)

澪「や、やっと伸ばせた」はぁはぁ

ムギ「頑張ったわね澪ちゃん」

澪「ありがとう、大分楽になったよ」ハハハ

ムギ「それはよかったわぁ♪」

澪「それでさムギ…その、悪いんだけど…」

ムギ「なにかしら?」

澪「早く治るように軽く揉んでほしいんだ」

ムギ「揉む?」(胸を!!?)

澪「うん、足を揉んだら血行が良くなって早く治ると思うんだ」

ムギ「うふふ、お安いごようよ」(なんだ…足か)

ムギ(いや!これは澪ちゃんの足を合法的にさわさわする絶好のチャンスだわ!)

澪「よろしく頼む」

ムギ「それじゃあ早速始めるわね」ハァハァ

澪「うん」(ムギの息なんかあらいな……)

───
──


律「あずにゃん!!」

梓「ああ…あ…?」ピタ

律「や、やっと止まった…」

梓「先…輩…?」

律「どしたのあずにゃん?」

梓「せ、先輩!あ、あずにゃんって呼ばないでってさっきも──」アタフタ

律「あずにゃん…」

梓「だから!」

律「あずにゃあん…」

梓「だ…から…」

律「あ~ずにゃん♪」

梓「……あぅ…///」

律「あずにゃん…」

梓「りり…り…りっちゃん…///」ボソッ

律「あずにゃん!」

梓「…りっちゃん」

律「ああずにゃん!!」

梓「りっちゃん!」

律「あずにゃん!!」

梓「りっちゃん!!」

律「あず(ry

梓「りっち(ry

律「(ry

梓(ry

(ry


───
──

律梓「はぁ…はぁ…」

律梓「………」

律「……く…くくく」

梓「……ぷ…ぷぷ…」

律梓「あははははははは!」

律「ははは…なんか私たちってさぁ!」

梓「ええ……ププ…まったく」

律梓「ばっかみたい!!」

律「でもさぁ、これでわかっただろ?」アハハ

梓「何がです?」ハハ

律「さっき私が言った『楽しい』って意味」

梓「そうですね。小学生の気持ちが解るのも癪ですけど、凄くよく分かります」

律「だろ~?あははは……って!なぁかのぉ!このやろ!」

梓「きゃあ!律先輩に襲われるぅ!」

律「ふふふ、今夜は寝かさないぜ、子猫ちゃん♪」


ギャーギャーワーワー

───
──

律「あ~、梓ぁ今何時ぃ?」

梓「夜中の一時です」

律「なんか楽しいなぁ、疲れたけど」アハハ

梓「そうですねぇ…さっきまでの自分が信じれないですよ…」

律「……リツセンパイハズルイデス…」ボソッ

梓「……また頭を床に打ち付けて自殺はかりますよ?」

梓「は~あ、こんな楽しい時間も、先輩方が卒業したらそれで終わりなんですよねえ…」

律「………」

梓「今のうちにちゃんと胸に刻み付けて置かないと。軽音部みんなと過ごした日々の思い出。そして──律先輩との思い出を」

律「……なぁ、梓」

梓「なんですか先輩?」

律「お前、それ本気で言ってるのか?」

梓「………」

律「何でそんなこと言うんだよ?私とお前の繋がりは、私が学校を卒業したらそれで綺麗さっぱり切れちまうのか?」

梓「………」

律「軽音部のみんなだってそうだろ?卒業しちまったら放課後ティータイムはそれで全部終わりなのか?」

律「そんなことあるわけないだろう!それが解らないのか梓?」

律「それに、私はさっき言ったよな?梓とのやりとりが『楽しい』から私は梓についつい構っちまうんだって」

梓「………」

律「ここまで言って何で解らないんだ!?
梓、私はな!
お前と、これからもずっとこうやって軽口を叩きあったり、こうやってじゃれあっていたいんだよ」

律「ずっと私と一緒にふざけあってほしいんだ!」

律「いつまでも、私の隣で──」

梓「……先輩」

律「梓…私は…」

梓「先輩…もういいんです」

律「何がだよ!?絶対に私と梓の関係は終わりになんかさせないからな!」

梓「い、いえ…そうじゃなくて」


律「じゃあ何なんだ!?」

梓「あの…とりあえず周りを見てください」


唯「うわ~!!りっちゃん情熱的~」ヒューヒュー

澪「り、律!お前そこまで梓のことを…///」

ムギ「我が生涯に一片の悔いなし……」●Rec

律「」


ガンガンガンガンガン

律「あばばばばばばばばばば」ガスガスガスガス

梓「お、落ち着いて下さい律先輩!」

律「ああああ死ぬ!私は死ぬ!待ってろ聡!!お姉ちゃんは今からそっちへ行くぞおお!」

澪「いや、聡はまだ生きて──

(中略)

律「………」

梓「落ち着きました?」

律「なぁ唯隊員…」

唯「はい!何でしょうりっちゃん隊員!」

律「いつから起きてた…?」

梓「多分律先輩が情熱的に私への愛を説いてる時でしょうね…キャッ///」

律「やめて、顔から火でるからやめて」

唯「ん~とねぇ、りっちゃんとあずにゃんが大声で名前呼び合ってるあたりからかな」

律梓「」

律「あ、あれ聞かれてたのか……」

梓「というか…澪先輩とムギ先輩にも聞かれてますよね?」

律「え?」

梓「当たり前じゃないですか…みんなずっとこの部屋にいたんですから……私たち、あまりに二人だけの世界に没入しすぎたんですよ、先輩…」

律梓「………」チラッ

澪「///」

ムギ「よく撮れてますぜ旦那、ばっちりでさ」b グッ

唯「ムギちゃん!あとで見せてね!」

律梓「」


律梓「………ふふ…ふふふ…」

律「梓…私たちはずっと一緒だ…」

梓「もちろんです先輩…いつまでも一緒にいましょう」

律「あぁ、それじゃあ決まりだな…」

梓「はい、準備はいいですか?」

律「もちろん、さぁ、始めようぜ…」


律梓「死んでやるううううあああああ!!!」ガスガスガス

End



最終更新:2010年11月22日 23:48