唯「えっ」

憂「…」

唯「う、憂。じゃあもう一回言うからね」

唯「私、憂のことが…」

憂「お姉ちゃんはそんなこと言わない!」

ダッ

唯「あっ」

憂「言わない!言わない!」

唯「待って!ういーっ!」

ガチャ

憂「言わな行ってきますー!」タタタ

唯「ああ……」

唯(なにそれ……)

唯「…」

唯「はぁ…」

……

純「おー、ふたりともおはよー」

梓「ああ、純…」

純「え?なに?」

梓「えっと、憂が…」

純「憂?」チラ

憂「…」

純「?憂、どうかし…」

憂「お姉ちゃんはあんなこと言わない」

純「わっ」

純「なにそれ」

梓「ずっと聞いてるんだけど…」

純「…憂?ちょっと…」

憂「言わないったら言わない」

純「…」

梓「この通り」

純「ふ、ふーん。よくわかんないけど…」

憂「……」

純「…」

梓「…」

純(なにこれ…)

梓「あ、もうホームルーム始ま…」

憂「言わない!」

純「うわぁっ」

梓「これは暫く様子を見たほうがよさそうだね」

純「う、うん…」

憂「…」

純「憂、じゃあ…」

憂「ぜったい言わない」

純「わかったよもーっ!バイバイ!」タタ


~~お昼休み

憂「…」

梓「結局分からないままだね」

純「どうしようか」

憂「…」

憂「お姉ちゃんが私にあんなこと言うはずがない」

梓「ん?進展したね」

純「え?…あ、ああそうだね」

憂「お姉ちゃんが私のことを「好き」だなんて言わない」

梓「どういうことだろう」

純「…いつも好き好き言い合ってるよね」

梓「もうすこし聞いていみよう」

純「う、うん」

純(私達は一体なにをしているのだろうか)

憂「…」

憂「お姉ちゃんが私に「特別な意味で好き」なんて言うはずがない」

梓「ほほう、見えてきたね」」

純「でも憂が壊れた理由はわからないままだよ」

梓「うーん…」

憂「…」

憂「お姉ちゃんが私に「ずっと前から好きだった」なんて言うはずがない」

梓「どうやら憂は唯先輩に告白されたみたいだね」

純「う、うん」

純(どうして梓はそんなに冷静に分析しているのだろう)

梓「憂、続けて」

純「…」

憂「…」

憂「お姉ちゃんが私に「ずっとそばにいたい」なんて言うはずがない」

梓「ふむ…」

梓「いいよ、次」

純「…」

憂「…」

憂「お姉ちゃんが私に「もしよかったら、ずっと憂のそばに…」

バタン!

唯「う、憂っ!人の告白をさりげなく言いふらすのはやめて!」

梓「あ、あなたは唯先輩っ!」

純(うわ、テンション高…)

梓「盛り上がってきたね純!」

純「う、うん」

純「…」

唯「憂、ちょっと…」

憂「」ガタン

ダッ

唯「あっ」

憂「お姉ちゃんが私に「一緒にお昼食べよう」なんて言わないーっ!」タタタ

唯「ああっ、憂まって!」

スタコラ

唯「行っちゃった…」

唯「はぁ…」ズーン

梓「先輩!ナニしてるんですか!?」

唯「えっ」

梓「憂は照れてるんですよ!お昼一緒に食べたいって言ってるじゃないですか!」

純「…」

唯「そ、そうなの?」

梓「そうです!ほらはやく行ってください!」グイグイ

唯「わ、わかった!ありがとうあずにゃん!じゃあねっ」

タタタ

梓「フッ……お幸せに…」キラリ

純(うわー、何この子、うわぁ…)ジトッ

……

タタタ

唯「はぁ、はぁ…」

唯「憂まって!」

憂「…」ピタ

唯「逃げないでよ、ね?」

唯「憂にそんなことされたら悲しいし…」

憂「……わない」

唯「え?」

憂「…お姉ちゃんは私に、「答えを聞かせて」、なんて言わない」

唯「…」

憂「…」

唯「…憂」

唯「答え…聞かせてくれる?」

憂「…」コク

憂「わたし、私は…」

唯「…」

憂「…お姉ちゃんのこと、好き」

唯「!憂っ」ダッ

ギュ

憂「…」

唯「ありがとー、私も憂のこと大好きだよ」

憂「……わぁぁんごめんなさいぃー」ギュー

唯「わわっ」

憂「うわぁぁん」

唯「…よしよーし」ナデナデ

憂「…」

唯「ね、うい」

憂「…?」

唯「その、よかったら…」

憂「…」

ピト

唯「!」

憂「そんなこと、言わなくて…いいよ」

唯「憂…」

憂「…えへへ」

唯「……もう、大好き」

チュッ



おしまい。



最終更新:2010年11月23日 00:17