――リビング

唯「うーいー」

憂「なぁに?」

唯「ひまだねー」

憂「そうだねー」

唯「やることないねぇ」

憂「だよねー」

唯「そういえば今日学校はー?」

憂「今日はおやすみだよ~」

唯「文化の日かぁ」

憂「うん。文化の日」

唯「やることないねー」

憂「ないねー」

唯「さむいねー」

憂「うん。今日もさむいね」

唯「何でこんなにさむいのかな」

憂「地球は温暖化にむかってるのにねー」

唯「まったく大人の言うことは当てにならないよ」

憂「ふふふ、お姉ちゃんもそのうちに大人になるよ」

唯「むむむ、私はちゃんと当てになること言うよ!」

憂「わぁ、そうなんだ。えらいえらい」ナデナデ

唯「うふふ」ニコニコ

憂「お姉ちゃん笑ってる?」

唯「もちろん!ういがなでてくれるから」ニヒ

憂「じゃあ、もっといっぱいなでてあげる」ナデナデ

唯「おー、あたまきもちいいー」

憂「私もなでてるときもちいいー」

唯「えへへー」

憂「えへへ~」

唯「うーいー」

憂「なぁに?」

唯「もっとこっちおいで」ギュ

憂「うん!」

唯「ぴったり」ピター

憂「ぴったり」ピター

唯「ふふふ」

憂「えへへ」

唯「でもまださむい」

憂「さむいよー」

唯「手にぎっていいー?」

憂「うん!もちろん!」

唯「わーあったかい」ギュ

憂「じんわりあたたかくなるね」ギュ

唯「ういの手は良い手です」

憂「お姉ちゃんも」ニコ

唯「テレビ見ようかなー」ピッ

憂「あっ、いいとも」

唯「おータモリさんだー」

憂「何か昔から変わってないね」

唯「ねー。一緒に見える」

唯「あはははは」

憂「おもしろーい?」

唯「おもしろーい」アハハ

憂「よかったぁ」

憂「私、お昼ご飯作ってくるね」スク

唯「うん!」


――トントントン

憂「ネギを切ってー、油揚げ切ってー」トントン

憂「麺をゆでてー」グツグツ

憂「おつゆ作ってー」

憂「さぁ出来上がり!!」

憂「今持っていくよ!お姉ちゃん!!」

唯「あははは」

憂「お姉ちゃんご飯できたよー」トテトテ

唯「わぁ、ありがとう。ういー」

唯「こたつで食べよう」

憂「そうだね、こたつあったかいもんね」

唯「ぬくぬく」

憂「ほかほか」

唯憂「あったかあったか」フフフ

唯「じゃあ、いただきます!」

憂「いただきます!」

唯「つるつるー」

憂「あったかいよー」

唯「ういは本当に料理うまいねぇー」

憂「えへへ~おだてても何もでません!」

唯「言いたいから言っただけだよー」

憂「……笑顔で言うお姉ちゃんかわいい!」


――ごちそうさま

唯「ふーお腹いっぱい」ゴロン

憂「うつわ洗ってくるねー」スクッ

唯「私も手伝うー」

憂「えーいいのに」

唯「今日はやる気あります!」

憂(やる気顔のお姉ちゃんかわいい!)

憂「……じゃあお願いしようかな?」


――ジャー カチャ カチャ

唯「うぅぅ、み、みずが冷たいぃい」

憂「もう冬だねぇ」

唯「さむいのきらいー」

憂「私もちょっと苦手」

唯「でも、ういに抱きつくとあたたかくなるからちょっと好きー」ドン

憂「わっ、危ないよ。うつわ落ちちゃう」

唯「えへへ、ごめんごめん」

憂「でも、私もお姉ちゃんに抱きつくとあたたかくなるから好きー」ニコ

唯「はい、洗い物終わりー」スタスタ

憂「ありがとうお姉ちゃん」

憂「おかげで早く終わったよ~」

唯「ういのために頑張ったよ!」ふんす!

憂「わぁ、お姉ちゃんありがとう~」ギュ

唯「あったかーい」

憂「お姉ちゃんもあったかーい」

唯「でも、手はつめたいのです」シュン

憂「ううぅ可愛そうなお姉ちゃん」ウルウル

憂「私の手であたためてあげる」ギュッ

唯「おぉ、ういの手が私の手を包み込んでるー」

憂「そうだよ。そうするとじわじわーっとあたたかくなってくるんだよ」

唯「でも、ういの手も私みたいにつめたいよ」

憂「私もお水さわったから……」

唯「じゃあー私の手であたためてあげる!」

憂「私だって!」

唯「ういは私の手を。私はういの手をあたためるんだよ」

憂「じゃあずっと握ってないとね!」

唯「そうだよ!」

唯「こう、握ってると冷たいのも寒いのも吹き飛ぶ感じだよ」

憂「お姉ちゃん……すごい!」

唯「ふふふ、ういもそのうちわかるよ」

憂「私……がんばる!」ウン!

唯「さーて、午後も暇だねぇ」

憂「午後はだんだんあたたかくなるよ」

唯「となれば……アレしかない」

憂「お姉ちゃんのアレと言えば」

唯憂「ゴロゴロすること!」

唯「それー」ゴロゴロ

憂「わぁー」ゴロゴロ

唯「手、離しちゃダメだよー」

憂「うんーバンザイしたままー」

唯「ゴロンゴロン」

憂「あっ!」

唯「どうしたのー?」

憂「今日まだお掃除してないや」スク

憂「服が汚れちゃうかな」

唯「リビングはいつもういがキレイにしてるから平気だよー」

唯「それにゴロゴロするのにそんなことは気にしちゃいけないよ!」

憂「そ、そうなんだ」

憂(ゴロゴロするのって……奥が深い!)

唯「今日くらいお掃除は大丈夫だよ」

憂「うーん、お姉ちゃんが言うなら」

唯「だからういはもうちょっとこっちおいでー」

憂「うん」スッ

唯「はー。ういはホントあったかいねぇ」ギュー

憂「お姉ちゃん、ちょっと強いよぉ」

唯「あっ、ごめんねぇ。ついつい」

憂「でも、お姉ちゃんの胸の中あったかい」

唯「私の胸くらいいくらでも貸してあげるよ」

憂「じゃあ、ちょっとお借りしまーす」ギュ

唯「ほーらどんどん使っていいよー」グイグイ

憂「押し付けても、もういっぱいいっぱいだよ~」

唯「あら、これは失礼いたしやした」テヘ

唯「うーん、お日様はあたたかいし、ういもあたたかい」

憂「ぽかぽかだよ~」

唯「これはお昼寝できそうだよ」

憂「お昼寝もいいかもね」

唯「じゃあ、このままういを抱いてお昼寝時間だよー」ウツラウツラ

憂「ふふふ、お姉ちゃん。おやすみ」


唯「くかー」

憂(寝顔かわいい!)

憂(特に眠くないんだよねぇ)

憂(お姉ちゃんはいつ起きるかな)

憂(お姉ちゃんが抱きついているから動けないなぁ)

憂(私、お姉ちゃんの抱き枕!!)

憂(あー、やっぱり眠気がぁ)

憂(お姉ちゃんもお日様もあたたかいし)

憂(お姉ちゃんからふんわり良い匂いがするし)

憂(ちょっとだけ、おやすみなさい)

憂(……くー)

――
――――
――――――――

唯「――いー。うーいーってばー」ユサユサ

憂「はっ!」パチリ

唯「ういーおきたー」ギュ

憂「すごい寝てた気がする……」

憂「今何時?」

唯「もう5時過ぎてるよー。ちょっとお腹空いてきちゃった」クー

憂「わっわっ、たいへん」

憂「お買い物しないと」

唯「私行って来るよ!」

憂「だ、大丈夫かなお姉ちゃん」

唯「とっても平気です!」ふんす!!

憂「じゃあ、メモ取るからまっててね」

唯「わかったよー」

憂「今日は何を作ろうかなー」ウーン

憂「やっぱりお姉ちゃんの好きなハンバーグだね」カキカキ

憂「はい、お姉ちゃんコレお願いね」

唯「ガッテン承知!!」ビシ

唯「行って来るよー」タタタ

憂「気をつけてねー」

憂「さぁて私は今のうちに掃除をっと」

憂「そうじそうじお掃除」フンフン

――ガーガーガー

憂「はい、終わり!」

憂「後はお姉ちゃんを待つだけ」


――ただいまー

憂「あ、帰ってきたーー」

憂「お帰りお姉ちゃん!」

唯「ただいまーういー」ギュ!

憂「わっ、お姉ちゃんつめたーい」ギュー

唯「夜は冷えます」

憂「すぐご飯作るからあったまろうね」

唯「そうするー」


――お夕飯!

唯「うんまい!」ピカー

憂(光ってるお姉ちゃんかわいい!)

唯「いやーあたたまりますな」モグモグ

憂「喜んでもらってよかったよ~」

唯「ういの料理は世界一!!」

憂「お姉ちゃん、ありがとう」ニコ


――ごちそうさま

唯「くるしー」グテン

憂「食べすぎだよ」クスクス

憂「お風呂用意できてるからあったまってきてねー」

唯「わかったよー」トテトテ

――ジャー

憂(食べ物いっぱいほおばるお姉ちゃんかわいかった!)

憂(でも、今日短かったなぁ。お昼寝しちゃったし)

憂(もっといっぱいお姉ちゃんとお話したい!)

憂(休日、祝日がもっといっぱい欲しい!)

唯「うーいー、お風呂あがったよー」

憂「うん。次、私はいるね」

唯「うん、それと今日、一緒に寝よ?」

憂「ふぇ」

唯「いや?」

憂「ううん!!寝るよ!寝たい!」フルフル

唯「じゃーお風呂あがったら私の部屋ねー」

――ザブーン

憂(お姉ちゃんと一緒に寝れる~)

憂(早く出てお部屋に行きたいな~)ソワソワ

憂(でもでも体あたためないとねぇ~)

憂(お姉ちゃん今頃ちょっと冷えてるだろうし)

憂(私が抱きついて、ゆたんぽ代わりかな~)

憂(……よし、そろそろいいはず。今行くよお姉ちゃん!)ザバー

――コンコン

唯「はーい」

憂「入るよお姉ちゃん」

唯「うんー」

憂「あ、ギー太触ってるんだね」

唯「そうだよー。ギー太とも毎日おしゃべりしないとね」

唯「ういもベッドの中でおしゃべりしよ?」

憂「うん!」

憂(そんなこんなでしばらくの間、お姉ちゃんとベッドでおしゃべりをしました)

憂(気付けばもう寝ないといけない時間です)

憂(当然明日も学校があります)

憂(短かったけど、楽しい祝日はおしまいです)

唯「もうねむいねー」フワァー

憂「うん。寝ないと明日起きれないよ」

唯「ういー、明日起こしてぇ」

憂「明日も、でしょ」

唯「えへへ」テレ

憂「ふふふ」ニコニコ

唯「ういも体ひえちゃったね」

唯「さっきまでぽかぽかだったのに」

憂「お姉ちゃんあっためてぇ~」

唯「まかせて!!」ギュー

憂「わーい、お姉ちゃんあったかーい」

唯「ういを抱くとあったかくなるんだよー」

憂「うれしい……!」ギュ

唯「このまま寝れるね」

憂「お昼寝の時みたいだね」

唯「ういと一緒ならどんな時でも寝れるよ」

憂「私もお姉ちゃんとなら」

唯「じゃあ電気消すから、寝ようっか」

憂「うん、お姉ちゃん」

唯「ん?」

憂「おやすみ」

唯「うん、おやすみ。憂」

――ポチっ



                 おしまい



最終更新:2010年11月23日 02:23