唯「もうあずにゃんかわいいなあ」ぎゅっ

梓「……唯先輩には、せ、責任とってもらいますからね……!///」

唯「先輩じゃなくってお姉ちゃんでしょ」

梓「もうそれはいいんですーっ!!」

唯「わあっ?! 耳元で怒んないでよあずにゃあん……」

梓「あ、ごめんなさい……」

唯「それで、責任って?」

梓「……ちゅーとかハグとか、唯先輩は嫁入り前の女の子をもっと大切に扱うべきです! お嫁にいけなくなったらどうするつもりですか!///」

唯「大切に思ってるからそういうことしてるのに……」

梓「そう思うなら、ちゃんと、その……、ちゃんとした手続きをしてからにしてくださいっ!///」

唯「手続き?」

梓「……わかんないならいいです」

唯「あずにゃん?」

梓「もう知りません!」

唯「あのね、あずにゃん」

梓「…………」

唯「わたし、誰にでもちゅーするわけじゃないよ、あずにゃん」ぎゅっ

梓「っ……!」

唯「あずにゃんが好きだから。何度もいってるじゃん」

梓「……どーして恥ずかしげもなくそういうこと言えるんですか……、ずるいです……」

唯「えへへ、ごめんね……」

梓「……わたしだって……、唯先輩だから特別にちゅーを許してるんです……」

唯「素直にわたしのこと好きって言えばいいのに」

梓「だ、だって……、ああもう! 好きです! わたしも唯先輩のことが好きです!」

唯「……うん、よろしくね、あずにゃん」ぎゅー

梓「う、ゆ、ゆいせんぱい……?」

唯「ふふっ、なーに?」

梓「えと、あの、つ、付き合うってことですか?」

唯「手続き、ってそういうことでしょ?」

梓「その……、まぁそういうことですけど……」

唯「いやなの?」

梓「いやじゃないです! ……でも急すぎてなにがなんだかっ……」

唯「急じゃないよー、今日だってずーっと好き好きっていってきたじゃん」

梓「そうですけど……、いつもの冗談かと……」

唯「いつも冗談じゃなかったのに……」しゅん


翌週火曜!ひるやすみ!

梓「……ということがありまして…………」

純「まった。土日月はどうした」

梓「らぶらぶでした。察して純」

憂「週末お姉ちゃんが帰ってこないと思ったら……、ちょっと混乱してるよ……」

純「今朝ふたりでいっしょに登校して来たと思ったら、なんですか、のろけ話ですか」

憂「お姉ちゃんと梓ちゃんが付き合って? 平沢梓がお義姉ちゃんで? あれ? よくわかんなくなってきた……」

梓「飛躍しすぎだよ憂」

憂「だだだだってお姉ちゃんと親友が恋人同士になったなんてそんな簡単に受け入れられるわけないよう!」

純「三連休お泊りということは……、さくばんは おたのしみ でしたか?」

憂「純ちゃん冗談はやめてよ……。これ以上新事実が発覚したら頭おかしくなっちゃうよ!」 

梓「いやぁ、毎晩抱き枕にされただけだったよ……」

憂「ううう……、お姉ちゃんがとられちゃった……くすん」

梓「べ、別にとってないよ! 唯先輩もいってたし! 憂は100%で大好きって!」

憂「ほんと?」

梓「ほんと!」

純「しっかし、憂のお姉ちゃんって、どうやったら恥ずかしがるんだろうね」

梓「結局ずっと翻弄されっぱなしだったしね……、3連休は……、察して///」

純「うざいよ梓……。……まぁ結果的に、なんていうか、うん、結果オーライではあったんじゃないの?」

梓「……でも、やっぱあまりの恥ずかしさにうつむいて頬を染めてあたふたと顔を必死に隠しながら「なんでもない! なんでもないから!////」とかいう唯先輩も見たいんだよね」

純「梓……」

梓「想像しただけで呼吸が乱れちゃうよね……可愛らしすぎて……」

憂「……はぁ……はぁ……く、くるしいよう……」

純「あんたら……」



ほうかご!

梓「ということで律先輩にご教授を願いたいのですが……」

律「は?」

梓「いや、律先輩って澪先輩いじるの上手じゃないですか、そういうテクを学ばせてもらおうかなー、と」

律「あぁうん、ちょっと話がわからないんだけど」

梓「だから、唯先輩を恥ずかしがらせたいんですってば」

律「いや、そこはわかるんだけどさ。えっ、なにお前ら付き合ってたの?」

梓「えへ、えへへ、まぁハァ↑イ」

律「なんだこいつ」

梓「あ、もしかして律先輩って同性愛とかに理解のない人でしたか?」

律「そんなことないけどさ……、同じ部活内で恋仲になると、いろいろやっかいなんじゃねーかなー、と思ってさ」

梓「え、でもわたしと唯先輩ですよ?」

律「それもそうか……」

梓「もうらぶらぶですから! 律先輩と澪先輩みたいにケンカとかしませんから!」

律「調子に乗るな」ずびしっ

梓「あうっ、えへへ、えへへ……」

律「それで、唯を恥ずかしがらせる方法? そんなに唯って恥じらいなかったっけ?」

梓「ある程度照れたりはするんですけど、なかなかわたしの満足いくレベルの恥ずかしがりかたをしてくれなくて……」

律「なんだよそれ……」

梓「それはですね、あまりの恥ずかしさにうつむいて頬を染めてあたふたと顔を……」

律「もうわかった、もういい。もうなんかもう見てられない。もう頼むからもうやめて」

梓「ハァッ、ハァッ……唯先輩が可愛すぎて呼吸が苦しいですっ……」

律「お前、実際に唯の恥ずかしがる姿見たら死ぬんじゃないのか……?」

梓「本望です」キリッ

律「よくわからんけど一周まわってかっこいいよ梓さん」

律「それでだな、わたしが思うに、梓が返り討ちにあうのは、唯の要求に応えてばっかだからだと思うんだよ」

梓「なるほど……興味深い意見ですね」

律「恥ずかしがらせたいなら、いじるんだ! 攻めろ!」

梓「律先輩が澪先輩にやるみたいにですか?」

律「いや、澪を恥ずかしがらせるのはすごい簡単だけど、唯はなぁ……」

梓「あんまり嫌がらせみたいなことはしたくないんですけど……」

律「いじるほうに愛があればいいんだよ、もちろん、絶対傷つけるようなことはしちゃだめだけどな」

梓「愛のあるいじり……ですか」

律「そうだ、愛のないいじりはいじりじゃなくていじめだからな?」

梓「わかりました!じゃあその路線で行ってみます!」


といれ!

梓「こんなとこに呼び出してごめんなさい……」

唯「あずにゃーんっ!」だきっ

梓「わうっ?!い、いきなりですかっ」

唯「あずにゃん、どうして休み時間とか会いに来てくれなかったの?寂しかったよお」すりすり

梓「すいません……、純と憂に追及されちゃって」

唯「許します! ……でもあしたは会いに来て欲しいなー……」

梓「あの、教室は恥ずかしいので、これからも、トイレとか……」

唯「えー、見せつけたいのに……」

梓「……」ぐいっ

唯「えっ、ちょっとあずにゃんっ、ひっぱらないで……」


バタン!ガチャリ


唯「もう、どうしtんむっ…………!?」

梓「ん……ちゅう……///」

唯「ぷはっ……、あ、あずにゃん……?////」

梓「……わたしは……、人前で出来ない、こういうことも、したいんです」

唯「あ、あずにゃん…………///」

梓「恋人なんですから……、いいですよね?」すっ

唯「ちょ、ま、まってよう……、心のじゅんびが……///」

梓「目、つむってください……」

唯「う、うん……////」

梓「(ハァッ、ハァッ……、かわいいです唯先輩!)」

梓「(はっ、違う、あくまでも恥ずかしがらせるんだ、わたし!)」

梓「唯先輩……さわりますよ……」

唯「……うん、いいよ……///」

梓「…………」ハァハァ…

唯「あ、あずにゃん?……まだ……?」

梓「…………こちょこちょこちょこちょっ」ワキワキコチョコチョッ

唯「ひゃっ?!ちょ、あははっ、やめっ、きゃははふふっ、もしょこいよおっ!///」

梓「ついぃーー……」ツイィーー……

唯「ひゃんっ!や、太ももなぞるのやめてぇっ!ぞわってっ!きゃははっ///」

梓「ふぅ……」

唯「はぁっ……はぁ……///」

唯「もうっ!あずにゃんのばかーっ!」

梓「楽しかったです」

唯「ひどいよ……、わたしくすぐったがりなんだよ?」

梓「『ちょ、ま、まってよう……、心のじゅんびが……///』、『……うん、いいよ……///』」

唯「えっ///」

梓「唯先輩、どんなことされると思ったんですか?」にやにや

唯「ど、どんな、って……その……///」

梓「言いにくいことなんですか?」にやにや

唯「ち、ちがうよっ……////」

梓「(やばい楽しいかわいい)」ハァハァ

唯「だってあずにゃんがぁ……うぅ……、もう!///」

梓「ハァッ……ハァッ……」

梓「(やば、興奮しすぎて呼吸が……)」

唯「あ、あずにゃん?///」

梓「ハァッハァッ、ハァハァハァハァハァハァッ……!/////」ポタポタ…

唯「ど、どうしたの? 大丈夫!?」ぎゅっ

梓「あ……」くらり……

梓「(たおれる……)」


─────
───
──

──
───
─────


梓「はっ」ぱちっ

唯「あ、あずにゃん……」

梓「唯先輩……、えと」

唯「よかったあ…………」ぎゅー

梓「(そうか……、わたし、はぁはぁしすぎて……)」

唯「あずにゃん、急に倒れちゃって、鼻血も出てたし、……とにかく、よがっだぁー……」ぎゅーっ

梓「ごめんなさい……」

唯「心配したんだよぉ、保健室つれてきてからもうなされてたしぃ……ぐすっ……」

梓「ゆ、唯先輩?」

唯「ひっく……あは……、安心したら……ぐすんっ……」

梓「(……泣き顔も可愛すぎる……! ……でも、)」

梓「……ごめんなさい、心配かけて」

唯「いいんだよぉ……、わたしたち恋人同士なんだから……」

梓「……そうですね、…………えと」

梓「ゆ、"ゆい"、……これからもよろしくお願いします」

唯「うん、よろしく……、"あずさ"……」

梓「もうだいじょうぶですから、泣きやんでください」

唯「うん……」ごしごし

梓「やっぱり、泣き顔よりも何よりも、笑ってる顔のほうがすてきですしね」

唯「えへ、ありがと……」にこー

唯「あ、そういえばー……」

梓「なんですか?」

唯「さっきいたずらされたおしおきしなくちゃね?」にやり

梓「えっ、ちょっと……」

唯「えいっ」どんっ


ばたーん!


梓「お、おしおきってな、なんですかっ!///」

唯「くふふっ。恋人二人がベッドですることなんて決まってるじゃん?」にやにや

梓「ちょ、あぁっ! まってください!すとっぷ!////」

唯「やーだよっ!」

梓「せ、せめて学校の外で! 見つかったらまずいですって!///」

唯「もうがまんできないもん、……触るよ?」

梓「うぅっ、もう……!///」

唯「……なんちゃって。こちょこちょこちょこちょっ!」ワキバラコチョコチョ

梓「ひゃっ?!やめっ、あはっ、あははっ///」

唯「うりうりうりうりっ」ワキワキワキワキ

梓「あははひひっ、ちょ、あはは……!//」

唯「ふんすっ」

梓「はぁ……はぁ……っ!」

唯「むふふ。わたしは満足です!」

梓「うぅ……」

唯「ね? いきなりあんなこと言われたら、変なこと考えちゃうでしょ?」

梓「そ、そうですね……ごめんなさい」

唯「おあいこだからいいよー♪」



唯「……でも、いつかは……しよーね!」ぎゅっ

梓「は、はひっ?!///」



おわり



最終更新:2010年11月24日 02:23