梓「――なるのかな?」

梓「どっちに転んでも律先輩が悪くなっちゃうな」

梓「そんな目でしか見てないのかな?」

梓「でも、澪先輩と律先輩でしょ」

梓「……日頃の行いって重要だなぁ」

梓「おっと。こんなこと律先輩の前じゃ絶対に言えないよ」

梓「さ、次はムギ先輩かな」

梓「これまた想像しにくいなぁ」

梓「ええっと――」


~~

唯「――じゃあさ、そこに行った後にこの店にも行こうよ!」

律「そうだなぁ……ん、おい澪、どうした?」

澪「ああ、ムギ遅いなって」

梓「そうですね、ムギ先輩が遅刻するなんて珍しいですね」

唯「りっちゃんだったら珍しくないのにね~」

律「その言葉はそっくり唯さんにお返ししますわよ~」

唯律『おほほほほーっ』

澪「何やってんだか……」

梓「あれ? 何か聴こえませんか?」

澪「え? 何も聴こえないけど」

梓「外ですよ。何か近付いてきてます」

唯「おおーっ、飛行機かな」

律「いやぁ、ありゃヘリコプターだろ」

梓「あ、あのヘリ、こっちに向かってきてますよ!」

澪「うわわっ!」

バババババババババババババ!!!

梓「す、凄い音です!」

唯「え~? 何も聴こえないよ、あずにゃ~ん!」

梓「何にも聴こえないです!」

ババババババ…バババ…ババ……バ……

律「やっと収まった……のか?」

澪「何なんだ一体……」

唯「うわ~、店の前にヘリが停まってるよ!」

梓「あ、誰か降りてきますよ……って、あれはムギ先輩!?」

紬「みんな、お待たせ~!」

律「お、おいムギ、なんでヘリで来るんだよ」

紬「昨日お父様の仕事の関係で、どうしても付いていかなくちゃならなくなって」

紬「それで待ち合わせ時間に遅れそうだったから、これで急いで来たの!」

澪「は、はぁ」

梓「それはそれは……」

唯「すっご~い、ムギちゃん! 私、こんな近くでヘリコプター見たの初めてだよ!」

紬「良かったら乗ってみる?」

唯「いいの!? わ~い、今日はこれでお店回ろうよ~!」

律「よーし、窓際ゲットー!」

澪「」ポカーン

梓「いやいや……ヘリポート無いと無理ですよ――」

~~


梓「――これは……無理ありすぎだ……」

梓「ムギ先輩が遅れてくるなんてありえないよね」

梓「そうだとしても、ヘリで直接乗り付けるとか……ははは」

バババババババババババババ!!!

梓「えっ! 嘘っ!?」ガタッ

梓「まさか本当にムギ先輩が……!?」

梓「あ、全然関係なかった……向こうに飛んでっちゃった」

梓「あ、店員さん? え、あ、すみません! 静かにしてます……」

梓「ふーっ、赤っ恥かいちゃったよ」

梓「ムギ先輩がそんなに堂々としてくるわけないよね」

梓「あんまりひけらかすような事したくないみたいだし」

梓「まぁ、ムギ先輩が遅れてくるのはありえないってことで」

梓「最後は……一番怪しい唯先輩」

梓「お決まりのパターンだろうけど――」


~~

梓「――はぁ~。やっぱり唯先輩が遅刻ですか」

澪「全く。本当にしょうがないな」

律「ほら~、ヒゲっ!」

紬「きゃあ~」

澪「あっちはあっちで何やってるんだか……」

梓「はぁ……」

唯「ごめ~ん、みんなぁ!」

澪「お、来たみたいだな」

律「なーにしてたんだよ。みんな待ってたんだぞ」

梓「そうですよ」

唯「いや~、早く起きる事には成功したんだけどね~」

律「ならどうして遅れるんだよ」

唯「えっと、家を出たら偶然隣のお婆ちゃんに会ってお菓子もらって~」

唯「その後歩いてたら道を横切った猫さんが遊んでくれって言って~」

唯「いつものアイス屋さんを見たら新製品が出てたから並んで~……」

澪「わ、わかった、唯。もういい」

唯「ふぇ、そうなの? まぁ、色々あって遅くなったから走ってきました」

紬「お疲れ様。はい、お水」

唯「ありがと~、ムギちゃん」

梓「本当に唯先輩はだらしないんですから」

唯「あうぅ~、ごめんよ、あずにゃ~ん」

澪「まぁ、ちゃんと来たんだからいいんじゃないか」

律「そだな。じゃあ行こうぜー!」

唯紬「おー!」

梓「全くもう……」

澪「さ、梓も行こう」

梓「はい!――」

~~


梓「――あれ? 綺麗に収まった」

梓「唯先輩が遅刻するってのが自然すぎて怖い」

梓「何か他のシチュエーション……そうだ!」

梓「不甲斐ない姉に代わって、甲斐甲斐しい妹が――」


~~

梓「――唯先輩が最後ですね」

澪「でも、まだ待ち合わせ時間まで少しあるからな」

紬「あ、噂をすれば来たみたいよ」

唯「お待たせー」

澪「ギリギリセーフだな」

律「もうちょっとで罰ゲームだったのになー」

唯「ひどいよ律さ……りっちゃーん。間に合ってるから大丈夫だよね」

律「……ん? うん」

梓「でも時間ギリギリなんですよ? もうちょっと余裕持って行動して下さい」

唯「わかってるよ梓ちゃ……あずにゃん。次からは気を付けるね」

梓「え……あ、はい?」

澪「何か……」

紬「違和感……」

唯「え? え?」

律「そういえば前にもこんなことあったような」

梓「ですよね。確かあの時は学園祭の……」

唯「お待たせ、憂! さぁ、交代しよう!」

律「ゆ、唯!?」

憂「お、お姉ちゃん、今出てきたら意味無いよ」

唯「あ、そうだった!」

梓「やっぱりそういう事ですか……」

紬「相変わらず見分け付かないわ~」

憂「ど、どうしようお姉ちゃん……」オロオロ

唯「こ、こうなったら!」ババッ

澪「うっ! 唯と憂ちゃんが交差して……!」

律「一体どっちが唯で、どっちが憂ちゃんなのか……!」

唯「さーどっちが本物の平沢唯でしょうか!」

律澪紬梓『寝癖でだらしない方』

唯「うわ~ん、バレバレだ~!」

憂「お姉ちゃん……」

梓「はぁ、やれやれ――」

~~


梓「――と、まぁ、こんな風になるんだろうな」

梓「憂は本当に唯先輩の事となったら必死だからね」

梓「私は姉妹いないからよくわからないけど」

梓「そういうものなのかな」

梓「それより結構考え事してたけど」

梓「まだ誰も来ない……」

梓「あ、携帯かければよかったのか」

梓「うわっ、着信いっぱい」

梓「えっ……と」ピッピッピッ

梓「……」プルルルル

梓「あ、出た」

梓「唯先輩? 今どこにいるんですか。こっちは結構待ってるんですよ」

梓「え? そっちは、って……駅前の喫茶店ですよ。決めてたじゃないですか」

梓「え、ちょっ、唯先輩!?」

梓「電話切れちゃった」

梓「どういう事だろう」

梓「仕方ない。もう一回かけようかな」ピッピッピッ

梓「……」プルルルル

梓「出ないなぁ」

唯「あずにゃん」

梓「うーん……」

唯「あずにゃんや」

梓「全然出ない……」

唯「あずにゃ~ん」ユサユサ

梓「わっ! びっくりした……唯先輩!?」

唯「あずにゃん、こんなとこで待ってたんだ」

梓「ど、どういう事ですか? ここって言ってませんでしたっけ?」

唯「待ち合わせ場所は隣の店だよ」

梓「えっ」

唯「似たような店だから間違えちゃったのかな」

梓「えっ」

唯「私もよく間違えちゃう時あるんだ~」

梓「えっ」

唯「そういう訳でみんな待ってるから、あずにゃん罰ゲームね」

梓「えっ」


梓「――はぁ、はぁ、はぁ」

律「おーい、梓ぁ。遅れてるぞー」

紬「梓ちゃん、頑張って~」

梓「は、はいぃ……頑張ります……」

唯「じゃあ次はあっちのお店行こうよ~」

澪「これ以上増えたら梓じゃ無理じゃないか?」

梓「そ、そんな事ありません……! 持てますよ……っ!」

律「じゃあはい、追加」ドン

梓「あ! う、うわわっ……うわびゅっ!」ベシャッ

唯「あ、潰れた」

澪「やっぱり約束事は守らなきゃいけないな」





おしまい!



最終更新:2010年11月25日 07:35