─律の家

唯「りっちゃん家来るの初めて~」

紬「なんだかドキドキするね♪」

律「そういえばそうだな」

澪「私以外は来たことないよね」

律「よし、折角だから今日は特別に私が料理作ってやろう!」

梓「律先輩…料理できるんですか…?」

律「できるわーい!それにかんなり美味いぞ!」

唯「りっちゃんのキャラじゃない…」

澪「律の料理はキャラと違ってかなり美味しいぞ」

律「お前ら…人を見かけで判断するなよ」

律「このやろー!すっごい料理でお前らをギャフンと言わせてやる!」

唯「わーい、すっごい料理だって!」

梓「澪先輩、期待してもいい…んですよね?」

澪「ああ、期待してやってくれ」

紬「楽しみ~♪」


律「できたぞー!」

唯「うお!すっごい美味しそう!」

律「どうだー!参ったかー!」

梓「くっ、見るからに美味しそう!」

紬「ぎゃふん!」

律「あ、ああ、ムギありがとな」

唯澪紬梓聡「いただきまーす!」

律「…おい聡、お前なんでいるんだよ」

聡「だって晩御飯だし…」

律「まあいいや、許可する!」

聡「許可とかいらねーよ、だいたい俺の分用意してんじゃん」

唯「うまい!」モグモグ

澪「うめー!」モグモグ

紬「美味しい!」モグモグ

梓「…美味しい」モグモグ

律「んー?梓、今何て言った?」

梓「おしいって言ったんです!」

律「可愛げがないなー」

律「おい梓」

梓「…なんです?」

律「お前、箸の持ち方おかしくね?」

梓「へ?そうですか?別に大して気にしないので…」

紬「そういえば梓ちゃんが箸使ってるのって年末パーティのときぐらいしか見てないわね」

澪「私達はクラス同じだから良く見るけどな」

梓「年末にスルーしたんだから今回もスルーでお願いします」

律「んー、折角だから今なら私が教えてあげなくもないんだけどなー」

梓「嫌です」

律「嫌ですってお前!せめて遠慮しておきますとかだろ!」

梓「律先輩は箸の持ち方正しいんですか?」

律「おう!『わりばしりっちゃん』とは私のことよ!」

梓「何ですかソレ…」

澪「小学生の時のあだ名だよ、私も律から箸の使い方教わったんだ」

梓「マジですか…」

律「澪は昔はグーにして持ってたんだぞー、所謂握り箸ってやつだな」

澪「やめろ、恥ずかしい///」

紬「想像したら可愛い♪」

梓「でも箸の持ち方なんて別に今後の役にも立ちませんよ?」

律「ふっ、甘いな梓!そんなことだからいつまでもお子ちゃまなのだ!」

梓「子供じゃないです!」

律「いいか、箸の持ち方って言うのはマナーなんだ、気にする人は気にするもんなんだよ」

梓「…」

律「友達、彼氏から上司まで、多くの人間がその可能性を有している」

梓「まぁ、そうかもしれませんけど…」

律「彼女と初のお食事で、汚い箸の持ち方をしていて百年の恋が冷めた男が何人いることか!」

梓「う…」

律「取引先の人との飲み会で悪い印象を与えることだってある!」

梓「くぅ…」

律「逆に、箸の使い方がいいだけでかなり人に好印象を与えることだってできるんだ!」

紬「まさにいいことずくめね!」

梓「…分かりました、お願いします」

律「分かればよろしい!」

聡(ねーちゃんたちテンション高いなー)モグモグ

律「まず梓の箸の持ち方だけど、片方の箸を親指と人差し指で持ってるだろ?」

梓「…はい、そうですね」

律「これは箸の持ち方で陥りやすい罠だな」

梓「そうなんですか?」

律「実は片方は薬指、もう片方は中指と親指で支えるのが正しい持ち方なんだ」

律「こんな感じ」スチャ

梓「…こうですか?」スチャ

律「うん、持ち方はできたな」

律「じゃあ実際に使ってみてよ」

梓「こうですか?」ヒョイパク

律「ちがうちがう、こうだよ」ヒョイパク

梓「…これでどうです?」ヒョイパク

唯「あーもー!そんなにコロッケ食べないでよー!」

澪「ずっと会話に参加してないと思ったらずっと食べてたのか!」

律「まー、さっきよりは良くなったかな?あとは習慣づけるだけだな」

梓「はい、気をつけます」

律「しかし流石ギタリストだけあって梓は指が器用でなかなか上達が早いな、すごいよ」

梓「…ふぇ!?そ、そうなんですか?///」

律「澪なんて教えるのに1年もかかったんだぜ―」

澪「昔のことだろー!忘れろー!」

聡「…ごちそうさまー」

律「いたのか聡!」

聡「そりゃいるよ…」

梓「そういえば先輩方はどうなんですか?…特に唯先輩」

律「んー、澪は私がみっちり教えたからほぼ完璧だよな」

澪「おかげさまで…」

梓「ムギ先輩は箸の使い方とか教育が行き届いてそうですよね」

紬「どうかしら?」スチャ

律「うん、いい感じだな…強いて言うなら薬指をもっと曲げると完璧だな」

紬「そうなんだー」

唯「私は完璧だよ!」フンス

梓「まさかそんなこと…」

律「おお!素晴らしい!これは完璧なお手本だな!」

梓「そ、そんなの唯先輩のキャラじゃないです!」

唯「ひどいよあずにゃーん」

律「お前が言うな」

唯「私はねー、妹が『お箸を正しく使えるまで食べちゃいけません!』って言って
  矯正してもらったんだー」

澪「さすが憂ちゃん、教えるのもさぞ上手かったんだろうな」

唯「…1日何も食べさせてもらえませんでした」

律「す、スパルタだ…」

唯「それがトラウマになってすっかり正しい持ち方です」

律「…梓も憂ちゃんに教わったら?」

梓「…遠慮しておきます」

梓「そういえばなんで律先輩は箸の持ち方綺麗なんですか?」

律「んー、確か小さい頃…ほら子供って箸で茶碗叩いて遊ぶじゃん」

梓「やりますね、特に男子は」

唯「小さい頃からドラマー気質だったんだねー」

律「それで親に怒られて…『お前は行儀悪いことの天才だ』みたいなこと言われてさー」

律「くやしいから練習しまくったんだよ、ほんとあの時はなんでそんなことで熱くなったのか…」

紬「いろいろな家庭の事情があるのね」

唯「いやー、てっきりりっちゃんはスティックマスターなのかと思ってたよ」

律「何だよそれ」

唯「ほら、りっちゃんはドラムだからスティック状のものなら何でも使いこなせるみたいな」

律「意味分かんないし、だいたいドラムやる前から箸の使い方綺麗だったって」

唯「あとお箸って英語でチョップスティックって言うし、ドラムスティックと形も似てるし…」

律「全国のドラマーに謝れ!」

澪「スティック☆マスター 私のハートを綺麗に掴む…」

律「作詞すんなよ!」ゾワゾワ

唯「あ、こんな話してたら料理冷めちゃうよ!」

律「切り替え早いなお前」

唯「んーと、次はどれ食べようかなー」ウロウロ

律「ちょーっと待った―!」

唯「な、何?りっちゃん」ビクッ

律「唯の箸使いは完璧だと言ったが、あれは取り消しだ!」

唯「な、なんでー!?」

律「確かに唯の箸の持ち方は完璧だった」

唯「じゃあ、どうして!」

律「しかし、お前は大変なマナー違反をした」

唯「…!?」

律「迷い箸、優柔不断さが仇となったな」

唯「なん…だと…!?」

唯「で、迷い箸って何?」

律「知らないんかい!」

唯「ああ、あの渡ろうとした者は二度と出られないという…」

律「それは迷い橋だ!っていうか一本道でどう迷うんだよ!」

紬「つり橋効果が期待できそうな橋ね♪」

律「いやいや、無いからね?」

梓「んでんでんで?」

澪「それは迷いねk…」

律「澪、そこは突っ込んだら負けだ」

梓「かまってかまってほしいの♪」

唯「私がかまってあげるよ!」

梓「嫌です」

唯「がーん…」

律「いいか、迷い箸っていうのはさっきの唯みたいに箸をウロウロさせることを言うんだ」

梓「それぐらいなら無意識にやってそうですけどね」

律「でもこれも小さい頃の私がやってた叩き箸みたいに立派なマナー違反なんだ」

紬「お茶碗叩いちゃうのにもちゃんと名前があるのねー」

律「そう、日本人はマナーにうるさいのだ!」

唯「つまり、ご飯を食べる時は超スピードで獲物を捕えるんだね?」

律「全然違うけどいいことにしよう」

澪「他には何か箸のマナー違反とかってあるのか?」

律「いい質問ですねぇ!」

梓(なんか教養番組みたい…)

律「まずみんな知ってそうなのは立て箸だな」

梓「ご飯にお箸刺しちゃうやつですか?」

律「そう、これは仏さまのご飯になっちまうからな」

唯「じゃあムギちゃんは仏さまみたいだからマナー違反じゃないね!」

紬「あらあら♪」

律「…言い方が悪かった、死んだ人のご飯ってことだ」

澪「他には?」

律「あと、刺し箸とかは分かるよな」

梓「じゃがいもとかはついつい刺して食べちゃいますよね」

律「それは箸の持ち方が悪かったからだな、刺さないでできるだけ食べてみるとできるようになるぞ」

唯「私持ち方は完璧だけどよくやっちゃうなー、掴むの疲れるし、落としそうで恐いもん」

律「刺し箸は火の通りが悪いのかと疑ってるように見えるから失礼なんだそうな」

梓「…なるほど」ザクッ

律「あ!こら中野ォ!」

律「あと細かいので言えば箸を人に向けたり、振り上げたりするのとかはもちろんダメだ」

澪「刺さったら危ないしな」

律「箸で食器を寄せたり、箸と同じ手に食器を持ったりって言うのにも名前があるんだぞ」

紬「全部守るのは大変ね…」

律「まあ、無難に食べてたら滅多にしないのが多いけどな」

澪「詳しくはwikipediaとかで調べればいいんだよな!」

唯「分かったよ!食事はマナーを守って、食べる人も作った人も気分良く、だね!」

律「そういうことだ!」

聡(ねーちゃんたち、まだ食べてたんだ…)

おわり



最終更新:2010年11月25日 07:56