唯「今日のご飯も美味しかったぁ~」

唯「憂はやっぱり天才だね!」

唯「私って幸せ者だな~」エヘヘ

唯「あれ…?メール来てるや…あずにゃんからだ…」


from:あずにゃん
件名:無題

from:あずにゃん
件名:無題

from:あずにゃん
件名:無題

from:あずにゃん
件名:無題


唯「な、なにこれ…?」


from:あずにゃん
件名:無題

from:あずにゃん
件名:無題

唯「何なんだろ、これ~?」ポチポチ

to:あずにゃん
件名:無題
ボンジュール、あずにゃん☆
さっきから何通もメールもらってるけど、これ、何かのおまじない?


ピロリン

唯「お、来た来た~」

from:あずにゃん
件名:無題
こんばんは、唯先輩。

実は私、とある人のことが気になって仕方ないんです。

さっきのはその人を振り向かせるためのおまじないだったんです。

勝手なことをして、すみませんでした。

唯「へぇ~、あずにゃんもとうとうそういうお年頃に……」

唯「よし、ここは一肌脱いじゃうよ!」フンス


to:あずにゃん
件名:無題

へぇ~、あずにゃんに好きな人がねぇ~

よーし、お姉さんが悩める後輩の相談相手になってあげよう!(ふんす!)

何でも答えてあげるから、どしどし質問しちゃっていいよ!


ピロリン

唯「お、来た来た~」

from:あずにゃん
件名:無題

ありがとうございます。でもお気持ちだけで結構です。

唯先輩じゃ、あまりいい相談相手にならないと思いますので。


唯「む、失礼な!」プンプン

to:あずにゃん
件名:無題

もー、あずにゃん先輩ひどいっス!(怒)

私だって女の子なんだから、恋バナくらいはわかるよ!

いいから何でも相談してみたまえ!騙されたと思って!


from:あずにゃん
件名:無題

なんですか、騙されたと思って、って……(呆)

じゃあ、これからする質問に正直に答えてくださいね。

私はその人、つまり好きな人に贈り物がしたいんです。

ですが、私はその人の正確な好みがわかりません。

そこで、唯先輩の好きなものを参考にしたいと思います。

構いませんか?


唯「う~ん、そんなんでいいのかなぁ?」

唯「私は別に構わないけど……」


to:あずにゃん
件名:無題

オーケーだよ、あずにゃん!

でも私とその人じゃ、好みが全然違うかもよ?

そこのところは、気をつけてね☆


from:あずにゃん
件名:無題

ありがとうございます。

じゃあ、さっそく第一問。

唯先輩は、甘いものが好きですよね?

実はその人も、お菓子が大好きだと思うんです。

唯先輩のおすすめのお菓子ってなんですか?


唯「う~ん、お菓子かぁ」

唯「羊羹に芋ぜんざい、クッキー、マフィン……むー、迷うなぁ」

唯「とりあえず、これかなぁ」ポチポチ


to:あずにゃん
件名:無題

むむむ、初っぱなから難問ですな(汗)

いろいろ考えたこど、やっぱりイチゴの乗ったショートケーキかなぁ

あのイチゴを、ぱくっとやる瞬間がたまらないのだよ、あずにゃんクン!


from:あずにゃん
件名:無題

ありがとうございます。

先輩の言う通り、ケーキをプレゼントしてみようと思います。

では、次の質問です。

私は好きな人に、お花をプレゼントしたいと思います。

唯先輩のおすすめの花って、なんですか?


唯「お、お花~!?」

唯「私、お花なんて知らないよぉ。これは違う意味で難しいよぉ~」

唯「……いやいや、あずにゃんのためならエンヤコラ、です!」

唯「えーと、んーと……」


to:あずにゃん
件名:無題

お花とはエレガントだね、あずにゃん!

きっとその人も喜ぶよ~

私、ハマナスが好きだなぁ。でも夏の海辺にしか咲かないからダメだよね……とほほ

いっそオーソドックスにバラとかどうかな?きっと喜ぶよ~

ところで、バラって漢字で書ける?


from:あずにゃん
件名:無題

バラですか、情熱の花ですね。

わかりました。プレゼントしてみます。

では、最後の質問です。

唯先輩が今一番もらったら嬉しいものって、何ですか?

あ、もちろん先輩へのプレゼントじゃないですからね?

だからあまりにメチャクチャなのはダメですよ。


唯「……なーんか微妙に矛盾してる気がするなぁ」

唯「バラの漢字の件、スルーされちゃったし」

唯「メチャクチャなのはダメ、かぁ。あんまり高いのはいけないよね」

唯「……よし、これだ!」


to:あずにゃん
件名:無題

私がもらったら嬉しいもの、大公開!どんどんパフパフ~

三位は「部屋着のTシャツ」!

Tシャツって何枚あっても足りないからネ☆

二位は「新しい歌詞」!

澪ちゃんの歌詞って素敵だよね。でも私、あずにゃんの歌詞も見てみたいなぁ。

そして栄えある第一位は、「あずにゃん分」!

可愛いあずにゃんの成分もらったら、どんな人だってイチコロだよ!

というわけで、ドーンとアタックしちゃいなさい!


from:あずにゃん
件名:無題

……もう、変なのばっかりじゃないですか(呆)

でも、最後の一言には元気づけられました。ありがとうございます。

唯先輩にアドバイスされたもの、全部用意したいと思います。

あ、最後に一つだけ。

好きな人と待ち合わせをするなら、唯先輩はどこにしますか?


唯「……やれやれ、さっき最後の質問って言ったのに」

唯「まあしょうがないか。これも可愛い後輩のためさ……」

唯「……」

唯「……あれ」

唯「なんで汗が止まらないんだろ」ポロ

唯「おかしいなぁ」ポロポロ


to:あずにゃん
件名:無題

いやいや、とんでもない

可愛いあずにゃんのためなら何でもないよ

そうだね~。私なら学校のそばの河原にするなぁ

あそこ、私のお気に入りの場所なんだ。二人でギターの練習したから

あずにゃん、頑張ってね。大丈夫、きっとうまくいくよ

どうか末永くお幸せに!


……

数日後!

唯「……今日はあずにゃんの告白の日かぁ」

唯「大丈夫。きっとうまくいくよ。相手の人もいい人だよ」

唯「だから見に行かなくても平気だよ。見守らなくても大丈夫だよ……」

唯「……」

唯「……結局河原まで来ちゃった」

唯「あずにゃん、まだ一人だ」

唯「相手の人はまだかなぁ」

唯「……のぞきなんていけないよね。私、ヤなやつだよね」

唯「……帰ろう」

梓「あれ?唯先輩」

唯「あ、ヤバ……」

梓「こんなところで何してるんですか?こっち来てください」グイグイ

唯「……ダメだよ。もうすぐあずにゃんの好きな人来ちゃうよ」

梓「何を言ってるんですか」

唯「私、帰らなきゃ。お幸せにね、あずにゃん」

梓「……私の好きな人は、すぐ目の前にいます」

唯「……え?」

梓「……」ギュッ

唯「え、えっと?」

梓「唯先輩がもらったら嬉しいもの、第一位です」

唯「……あずにゃん分?」

梓「……嫌なら返してください」ドキドキ

唯「……ううん、あ、りがと……」ボロボロ

梓「ゆ、唯先輩!?」

唯「う……ひぐっ……」ボタボタ

梓「もう、子供みたいに泣かないでください」ナデナデ

唯「あずにゃん……あずにゃん……」




to:あずにゃん
件名:ありがとう

私も、あずにゃんが大好きだよ



おしまい



最終更新:2010年11月27日 02:52