生徒会室


コンコン

律「失礼しまーす…」

和「どうぞ~」

和「…ってあら?唯じゃない」

唯「…!」

澪「あれっ、知り合いか?」

和「ええ、そうだけど…ってことはあなたたち、軽音部の方かしら」

律「私が部長の律です!話が早くて助かるぜ!」

和「私は役員の真鍋和。それで、どんな用事かしら?」

紬「学祭でライブをやりたいので、ステージの使用許可を取りたいんですけど…」

和「そう。ちょっと待っててね」

パラパラ

和「……ん?」

パラパラパラ

和「おかしいわね…、手元のリストでは軽音部という部活は存在しないことになってるけど」

律「そ、そんなワケないだろ!部活申請用紙なら今も私が大事に持って―――あ」

澪「律のバカ~~っ!!!」ゴッ!


唯&和「(やれやれ……)」ヤレヤレ・・・

紬「(こういうのもいいわね…)」

和「部活として認定するには顧問も必要ね」

紬「そうなんですか…」

和「期限は特別に許してあげるから、なるべく早く提出してね」

澪「律!」

律「はいぃ……」グスン

和「唯も頑張ってね」

唯「!」ビシッ!

律「ところで和さんは唯とどういう関係なんだ?」

和「同い年なんだから和でいいわよ。どうって言われると…幼馴染かな」

唯「……」コクコク

澪「そうだったのか、じゃあ唯も和が生徒会役員だって知ってたんだな」

唯「……」エート・・

律「…本当に幼馴染なのか?」

和「少し自信なくなってきたわ…」




部室


律「うーむ…いきなり顧問を探せと言われてもなぁ……」

澪「ムギ、なにか心当たりはないか?」

紬「そうねぇ……音楽教師の山中先生とかどうかしら?優しそうだから引き受けてくれるかも!」

澪「でも確か山中先生って吹奏楽部の顧問だったよな…掛け持ちはさすがに断られるんじゃ…」

律「まぁグタグダ悩んでてもしょうがないじゃん?とりあえず当たってみよーぜ!」

唯「……」パラパラ ジーッ

律「ところで唯は会議そっちのけで何を見てるんだ…?」

唯「……」コレ

澪「昔の軽音部のアルバムか…面白いもの見つけてきたな」

唯「……」ツンツン

紬「? この写真がどうかしたの…?」

律「いまどきこんなメイクしてる軽音部なんてないだろー」ハハハ

唯「……」スッ

『これって山中先生だよね』


澪紬律「え?」


律「いやいや、さすがにそれはないだろ…」

澪「見間違いじゃないのか?」

紬「う~ん…」


『いや、コレ絶対山中先生だって!私の目に狂いはないよっ!』


澪「そうは言ってもなぁ……」

律「ハッ!そうか、ひらめいたぞ!でかした唯!!」ガシッ

唯「!?」

律「唯の言うことを信用するとして、こいつをダシに恐喝すればいいんだよ!」

澪「まーた律はロクなことを思いつかないな……」

紬「…それでそれで?」

澪「(食い付いてるっ!?)」

律「山中先生といえば容姿端麗清楚キャラで生徒からの人気も高いだろ?」

唯「……」ウム

律「けど、こんな軽音部の過去を晒されたらここまで築き上げてきたイメージが台無しになるだろ?」

澪「確かに…」

律「だから、『顧問になってくれなきゃこの写真をバラまいてやる!!』ってな感じで頼めばいいわけだ」

紬「おぉぉ~…」パチパチ

唯「……」フフフ・・・

澪「はぁ…私はどうなっても知らないからなっ」

律「なぁ~に、ちょちょいと済ませてくるって!んじゃ行ってくるっ!」ダッ


~20分後~


律「…というワケで、顧問のさわちゃんだ!」

紬&唯「軽音部へようこそ~!(ようこそ~!)」

さわ子「トホホ……」

澪「」



次の日の部活


律「顧問も決まって無事ステージも取れたし、早速学祭本番に向けて準備を進めていこうと思う!」

澪「ついにみんなで合わせるはじめてのライブだ、頑張らなきゃなっ!」

紬「ええ!」

唯「……」メラメラ

律「そのためにはまず、決めなきゃいけないことがいくつかあるけど…」

澪「まず曲はどうするんだ?」

紬「あ、それなら私が作曲します♪」

律「おぉっ、さすがムギ!じゃあ悪いけどよろしく頼むな!」

唯「……」ファイト♪

紬「どんとこいです!」

律「んじゃ作詞は澪でいいよな?」

澪「!」

澪「……それが、実は少し作ってきたんだけど…」モジモジ

律「(どうするとか聞いておきながらやる気マンマンじゃねーか)」

律「どれ、見せてみい」パシッ

澪「あっ……」

紬「私も見たい!」ジッ

唯「……」ジッ


澪「そんなに見られたら恥ずかしいよぅ……//」

律「誤解を招く言い方をするな!」

紬「ポッ…///」

律「ムギは赤くならないの!!」


澪「どう…かな…?」

律「うーん……このマシュマロだのウサちゃんだの甘ったるい歌詞はどうにかなr

紬「いい!すごくいいわ!」キラキラ

澪「そ、そうか…?そう言われるとなんか照れるな…//」

律「……」

律「…なぁ、唯はどう思うよ」

唯「……」ヨヨヨ・・・

律「感涙してるし……」

律「…多少不本意だが歌詞も決まったことだし、あとは曲が完成したら本番に向けて練習あるのみだな!」

澪「不本意とはなんだよ~っ!」

紬「まぁまぁまぁ…」

唯「……」ナデナデ

澪「…ったく、律のやつは……」ブツブツ

律「で、コレだれが歌うんだ?」


唯「……」

澪「……」

紬「……」

律「…あれ?」

律「おいおい…ボーカルがいないと始まらないじゃんかよぉ」

紬「あの、私が歌ってもいいけど…」

律「いいや、こういうのは詞を作った人が一番曲の意味を理解しているはずだ」

律「というわけで澪!お前歌え!」ビシッ

澪「ひぃっ!?…まぁそうくると思ってたよ…」

唯「……」ギュ(←手を握る)

澪「唯…?」

律「そうだぞ、唯は歌いたくたって歌えないんだ。なのにお前がそんな調子でどうする?」

澪「……」

澪「…わかった、私が歌うよ」

紬「澪ちゃん偉いわ♪」

唯「……(ありがとー♪)」

律「うんうん、そうこなくっちゃな!」

澪「わ、私はみんなが頑張ってるから歌うだけだけだからな!…ホントは恥ずかしいんだからなっ!//」

律「それだけ元気なら大丈夫だって」


律「(唯、よくやった)」ヒソッ

唯「……」ピース



学祭当日 in部室


唯「……」

律「ついにあと数時間で本番だな!さすがの唯も緊張してるのか?」ニシシ

唯「…!」ブンブンブン

律「なに、そうカタくなることないって。ここまでちゃんと練習してきたんだからさ」

唯「……」コクリ

紬「りっちゃん、澪ちゃんが…」

澪「……」

律「澪が落ち着いている…だと……!?」

紬「そうじゃなくて…実は失神しているみたいなの」

澪「」

律「あ~……」

唯「……」ユサユサ

澪「あぁぁあぁぁぁぁ……」ガクガク

唯「……」ダメダコリャ・・

律「最近澪の恥ずかしがりもナリをひそめていたかと思ったが、ここにきて発火しちゃったか…」

律「…仕方ない、ムギ!こうなったら最終手段だ!」

紬「あいあいさー♪」


澪「……」

紬「澪ちゃん、お茶が入りましたよ~っ…?」ヒソ

澪「……飲む」


澪「……」ズズ・・

律「まったく、少しは落ち着いたか?」

澪「…うん」

唯「……」

『ごめんね、私が歌えないから澪ちゃんに任せっきりになっちゃって…』

澪「……」

澪「ううん…いいんだ唯、私が間違ってたよ」

律「澪が人前に立つの苦手なのは重々承知だけどさ、そこをなんとか頼むよ、な?」

紬「澪ちゃんにしかできないことなの。お願いしますっ」

唯「……」コク

澪「…ああ、ちゃんとライブを成功させてみせるよっ」キリッ

律「もし失敗したら全校生徒に醜態を晒すことになりかねんぞ…?」

澪「……」





澪「やっぱりイヤだよーーーっ!!!」

『いまのはりっちゃんが悪い』

紬「私もそう思います」

律「うん、いや…スミマセン」



律「よし、機材も運び終わったしいよいよ本番だな」

紬「緊張してきたわぁ…」

澪「私はふっ切れた!」

唯「……」ドキドキ

律「念のために最終確認しておこうぜ」


ガチャッ

さわ子「みんなー!盛り上がってるゥー!!?」


律「……それでさ、ここのパートなんだけど――」


さわ子「おーい無視すんなー」

さわ子「今日はみんなのためにステージ衣装つくってきたのよっ!!」ドーンッ!!

さわ子「メイド服にナース服、スク水もチャイナドレスも完備!ランドセル、鈴、ネコミミなどのアクセサリーも充実してるわよ!!」

律「(家庭科教師のが向いてるんじゃなかろうか)」

紬「はいは~い!私ナース服がいいで~す♪」

唯「……!」ハイハイ!

律「そこは変な対抗心燃やさんでいいから… だいたい先生、こんな目立つ格好したらまた澪が……」

澪「初めてのライブなんだしインパクトが大事だよな!じゃあ私はスク水着ちゃおっかな??」キャピ

律「正気の沙汰じゃないな………」

さわ子「うんうん、みんな似合ってるわ!」

律「なんで私まで……」

唯「……」フリフリ♪

紬「(さわ子先生GJです!)」

さわ子「初めてだから緊張してると思うけど、逆に言えばここからあなたたちのバンドが始まるのよ」

さわ子「思いっきり楽しんできなさいっ!頑張ってね!」ノシ

バタンッ

律「なんだかんだ言って憎めないよなぁ、さわちゃんって」ヤレヤレ

紬「りっちゃん、熱が冷めないうちに体育館に行きましょう!」

澪「私たちの練習の成果を見せるときだっ!」

唯「……」ヨシッ!

律「…だな!よっしゃぁ行くぞーっ!!」


律「ファイトォ~~……」

澪紬唯「「「オーッ!!(オーッ!!)」」」



講堂


律「(……いよいよ、だな)」

紬「(歌詞は大丈夫?澪ちゃん)」

澪「(……)」コク

唯「………」


和「――ありがとうございました。続いては、放課後ティータイムによる演奏です」

(幕が上がる)


憂「(お姉ちゃん……!)」ハラハラ


スゥー・・

紬「みなさんこんにちわ~!放課後ティータイムでーすっ♪」


\ワァァァアアァァァアアアア!!!!!/


憂「MC紬さんなんだ…綺麗だなぁ……」


紬「私たち軽音部は、放課後ティータイムというバンド名で活動していますっ」

紬「今日が初めてのライブで、部員も4人しかいませんが…今日のためにみんなで一生懸命練習してきました!」


\\\ガンバレーーーーー!!!!!///


憂「がんばってーーーっ!!!」



紬「それでは私たちの練習の成果を聴いて下さいっ!」

紬「曲は…『ふわふわ時間』」


紬「(うまくいってよかった……)」ホッ

澪「……」チラッ

唯「……」コク

律「……」ニッ


スッ・・・

1、2!


澪「キミを見てると いつもハートDOKI☆DOKI」

澪「揺れる思いはマシュマロみたいに ふわ☆ふわ」


\うおおぉぉおおおおお!!!!!/

\かわええええええええええ!!!!!/

憂「おねーちゃーんっ!!!!!」




澪「あぁ 神様お願い 二人だけの―――」


―――――

―――


ジャーン・・・


澪「みんなありがとーーっ!!!」


\ワァァーーーーーーー!!!!!/

\最高だぁぁぁぁーーーー!!!!!/


和「以上、放課後ティータイムの演奏でした。軽音部のみなさんありがとうございました。続いては――」


憂「お姉ちゃん……カッコよかった……」ポロポロ

和「(…ふふっ、頑張ったわね、唯)」

さわ子「(もうちょっと裾短くてもよかったわね…)」


?「すごい…これが高校の文化祭……」

?「…決めたっ、私…ここの軽音部に入部する!」



唯「……」おわり

第二部
梓「無口な唯先輩」へつづく



最終更新:2010年11月29日 21:45