(数日後)

-部室-

律「はい澪、あ~ん♪」

澪「あ~ん♪」もぐもぐ

律「おいしい?」

澪「ああ、律の手にかかれば何でも最高さ」

律「きゃ~!嬉しい♪じゃあもう一口、あ~ん♪」

澪「あ~ん♪」

唯紬梓「………」

唯「…なんかさ、二人とも変わったよね…?」

梓「変わったどころじゃありませんよ。律先輩なんて別人じゃないですか」

唯「あのプロポーズが原因かな?」

紬「そうね。きっとあの告白でりっちゃんの中の女の子の部分が一気に目覚めたのね」

梓「澪先輩は?」

紬「一世一代のプロポーズを成し遂げた事で、一気に精神的に成長したのね」

唯「愛ってすごいなあ…」

澪「ちょっとお茶を…」

律「まって!澪がやけどしたら大変だから私がふーふーしてあげる!」

澪「ありがとう。律は本当に優しいな」

紬「何か私がわざと熱いお茶を入れたような感じになってる…?」

唯「ていうか、あの二人より熱いものなんてあるの?」

梓(…でも、羨ましいな)

梓(私も唯先輩に告白しようかな…)

梓(でも、唯先輩は私のことをどう思っているんだろう?それ以前に恋とか興味あるのかな…?)

梓(ちょっと調べてみよう)

梓「あの、唯先輩?」

唯「なあに、あずにゃん」

梓「澪先輩たちのこと、どう思いますか?」

唯「え?う~ん、らぶらぶだねえ~」

梓「他には?」

唯「う~ん…、ちょっと羨ましい…かな」

梓「!」

梓(脈あり…?)

唯「どうしてそんな事聞くの?」

梓「あ、なんでもないです…」

梓(よし…、決心した!明日告白しよう!)

澪「ちょっとトイレに行ってくるから」

律「まってよ~!私を一人にしないで!」

澪「ははは、じゃあ一緒にいこう」バタン

唯「何か、必ず二人でトイレいくよね…?なかなか帰ってこないし…」

紬「…仕方のないことね…」

梓(私ももし唯先輩とつきあえたら…)

梓(はっ!不純な考えは捨てなきゃ…)


(翌日)

-部室-

梓「唯先輩遅いな…」

梓「大丈夫…、私の思いを素直に伝えれば…」

梓「それにしても遅い…。ちょっとメールを…」

ガチャ

唯「あずにゃんごめんね、遅くなっちゃって」

唯「それで、話って?」

梓「あの…、唯先輩!好きです!つきあってください!」

唯「…」

梓「…」

唯「…あずにゃん」

梓「はい…」

唯「…ごめん」

梓「!」

梓「……そうですか」

梓「…そうですよね、急にこんなこと言われたって困っちゃいますよね!」

梓「それに、元々女の子同士ですもんね…。変ですよね…」

唯「あの…、あずにゃん、私あずにゃんのことはとっても大好きだけど…」

梓「わかってます!その…、これからも友達でいてくれますか?」

唯「うん…、もちろんだよ」

梓「ありがとうございます!それだけで十分です」

梓「…でも、今日はちょっと…帰りますね…」

唯「あ、あの…」

梓「それじゃあ、唯先輩…、また明日…!」

バタン

唯「…」

唯「…あ、あずにゃん携帯忘れていった…」

梓「…」タッタッタ…

澪「梓じゃないか。部室行かないのか?」

梓「あ…、今日はちょっと用事が…。律先輩はどうしたんですか?」

澪「ああ、今日は遅れるよ。どうしても抜けられない家の用事があるとかで…。さっきまで電話で話してたけどな」

梓「そうですか…。どうか…どうか、幸せになってくださいね!」タッタッタ…

澪「泣いてた…?」


-部室-

唯「…」

澪「おーす…っているなら返事くらいしろよ」

唯「え…?うん…」

澪「…」

澪「…梓となにかあったのか?」

唯「…たいしたことじゃないよ」

澪「そうか?さっき梓に会ったけど泣いてたみたいだったぞ」

唯「え…!そう…」

澪「話してみろよ」

唯「…あずにゃんに告白された」

澪「え?もしかして…」

唯「…断った」

澪「その…、こんなこと聞いていいのかわからないけど…、何でだ?」

唯「何で?」

澪「いや…、てっきり私は、というか多分律とムギもだと思うけど、お前たちは両思いだと思ってたから…」

唯「…」

澪「違ったのか…?」

唯「…」


梓「携帯忘れるなんてなんてどじなの…。先輩たちまだいるよね…」

梓「声が聞こえる…」


唯「ううん、違ってない。あずにゃんのこと大好きだし、告白された時すごく嬉しかった」

澪「だったら何で…?」

唯「…あのね、もし私とつきあったら、あずにゃん大変なことになっちゃうと思うの」

澪「どういうことだ?」

唯「私って、性格はぐうたらだし、料理もお洗濯もなんにもできないし、憂がいないと何にもできないし…、多分あずにゃんとつきあってもあずにゃんに頼りきりになっちゃうと思うんだ」

唯「…それに、この体でしょ?」

唯「もし、周りの人から変な目で見られたり、いじめられたりしたらあずにゃん耐えられないと思うんだ」

唯「…だから、断ったの。私と一緒にいたらきっと…」

澪「唯、それは…」

唯「うん、澪ちゃんたちはしっかりしてるから大丈夫…」ぐす…

唯「わ、私が澪ちゃんたちみたいにしっかりしてれば…、よかったんだけど…」ぽろぽろ

バタン!

梓「…」

澪「梓!?」

唯「聞いてたの…?」

梓「今の話、本当ですか…」

唯「…うん」

梓「…」つかつか

ぱぁん!

唯「…!」

梓「ひどいですよ…。私だって、決心して告白したんですよ…」

梓「それなのに、そんなくだらない理由で…」

唯「くだらないって…」

梓「お料理できなかったら、習えばいいじゃないですか…。憂っていうすごい先生がいるんだから…」

唯「でも、私こんなぐうたらで…」

梓「違います!唯先輩はやればできる人!やる時はやる人です!」

唯「でも…」

梓「大丈夫…。何もかもうまくいきます…。どうにかなるようになります…」

唯「あずにゃん…」

梓「…もう一度いいますよ」

梓「唯先輩…!好きです…!つきあってください…!」

唯「…」ぎゅう…

唯「うん…」

梓「唯先輩…」

澪「…」

澪「邪魔者は去るか…」

澪「着信…。律か」

澪「もしもし…」


(その日の夜)

-梓の部屋-

唯「…緊張してる?」

梓「…は、はい」

梓(お風呂上りの唯先輩…。何だかすごく色っぽい…)

唯「…一つ聞きたいことがあるんだけど、いい?」

梓「は、はい!」

唯「…あのゴミ箱に捨ててあるの、何?」

梓「え…?」

(壊れた○ナ○ー○)

梓「!?!?!?」

唯「ねえ、あれって…」

梓「ああああれは、その…」

唯「あれで、何してたの…?」

梓「あああの、その…(新婚初夜のムードが…)」

唯「ねえ…」ずい…

梓「あ…、その…、一人でしてました…」

唯「一人で…?何を思ってしてたの…?」

梓「唯…先輩です」

唯「私…?どれくらいしてたの…?」

梓「ほ…、ほとんど、まいに…」

唯「ほとんど、何…?」

梓「うぅ…。ほとんど毎日です…。ほとんど毎日してました…!」

唯「…そうなんだ」

梓「うう…、恥ずかしい…。なんでこん…」

梓「…!」

梓「…」

唯「…」

唯「…ごめんね、ちょっと意地悪したくなっちゃったんだ」

唯「これからはふたりでね…?」

梓「あ…、唯先輩…」

唯「…唯でいいよ、二人のときは…。恋人なんだから…」

梓「…唯…」


-澪の部屋-

律「それにしても、…見たかったなあ」

澪「ムギもそういってたよ。もっと早くくればよかったって」

律「ははは、そうだな」

律「…今頃何やってるかな」

澪「愛する二人がすることっていったら…、決まってるだろ?」

律「あの唯が?」

澪「唯はああ見えて結構大人だぞ」

律「そうかなあ…」

澪「律が本当はすごくかわいいのとおんなじさ」

律「え~!?何それ~!」


-紬の部屋-

紬「…」

紬「…それにしても、一体なんだったのかしら」

紬「…結局あの薬の事は何にもわからないまま」

紬「でも、あの薬のおかげでみんなは幸せになった…」

紬「神様…?宇宙人…?」

紬「誰の仕業かはわからないけれど…」

紬「とりあえず御礼をいっておきます」

紬「ありがとう…」



終わり





最終更新:2010年11月30日 22:41