純「おい梓ー」

梓「何よ純、なんかむかつく喋り方だけど」

純「律先輩のマネ!」

梓「似てない」

純「がーん…」

憂「どうして律先輩のマネなの?」

純「よくぞ聞いてくれました!実は…」

梓「どうせくだらないことでしょ」

純「な!?人の話は最後まで聞きなさい!」

憂「そうだよ梓ちゃん」メッ

梓「これでくだらなかったら殴るからね」

純「実は昨日ふと考えたところ、私は律先輩のポジションなんじゃないかと思って!」

憂「確かにそうかもねー」

純「それで~、律先輩ポジションってことは私は部長気質なのかな~って…」

梓「殴っていい?」

純「やめて~」

梓「何よその超理論、だいたい部長は私でしょ」

純「今こそ部長交代の時!」

梓「一旦死ね」ボスッ

純「…がはっ、レバ…」バタン

梓「確かに純は律先輩みたいにうざいけど、それと部長は関係ないでしょ」

純「…それ、律先輩に面と向かって言える?」

憂「まぁまぁ、二人ともその辺にして…」

純「そうだっ!ポジションチェンジしてみようよ!」

梓「まーたくだらないことを…」

憂「ポジションチェンジ?」

純「みんなで先輩たちのポジションになってみるんだよ!」

憂「わぁ、楽しそう♪」

梓「こういうパターンだと思った…」

純「まず、梓は元々は澪先輩ポジションだよねー」

梓「わ、わわわわ私が澪先輩…///」

憂「確かにね~、純ちゃんと梓ちゃんってまんま律さんと澪さんみたいだよね」

純「いや、見た目的にかぶってるし」

梓「…原作者批判?」

梓「憂はムギ先輩だよね」

純「うんうん、そんな感じ」

憂「がーん…」

梓「がーんって…ムギ先輩に失礼じゃない」

憂「…あ、そういうがーんじゃなくて…その…」

梓「ああ、憂は唯先輩ポジションだよね」

憂「うふふ♪お姉ちゃんと一緒♪」

純梓(やっぱムギ先輩ポジションだなー)

憂「で、どうするの?」

純「うーん、ちょっと待ってて」カキカキ

純「…完成!あみだくじ!」

梓「小学生かっての…」ボソ

純「なんか言った?」

梓「いーえ、何もー」

梓「いっつも思うんだけど、あみだくじで斜めとか回転とかって意味ないよね」

純「何を言う!こういうのでかく乱する事によって答えが非常に分かりにくくなるのだよ!」

憂「すごーい、ただ横に線を引いてただけだと飽きるからとかじゃなかったんだー」キラキラ

純「そ、そういうことです!」エッヘン

梓「…図星ですか」

純「じゃあ私が書いたから私は最後に選ぶよ」

梓「じゃあ私はこれ」

憂「…」

梓「…うい?」

憂「…どれがお姉ちゃんだろう」ムムム

梓「ピンポイントで狙い撃ちですか…」

憂「これだ!」ビシッ

純「じゃあ私これ~、じゃあ早速見ていきますか!」

梓「ここがこう繋がってるから…ああもう、ややこしい!」

憂「来た!お姉ちゃん来た!」

純「良かったね憂」

憂「うん!」

梓「はやっ!唯先輩への執念こわっ!」

梓「あー、私は律先輩かー」

純「私ムギ先輩だ」

梓「で、どうすんの?三文芝居でもするの?」

憂「あずにゃーん!」ダキッ

梓「にゃ!?何するのよ憂!」

純「あらあら~♪」

梓「…もう始まってんの?」

憂「ほらほら、あずにゃんも律さんやらなきゃだよー」

梓「律先輩…お、おっしゃー!おりゃー!」

純「何それ…」

梓「部長だぜー!偉いんだぜー!」

憂「あずにゃんの律さんへのイメージって偏ってるねー」

梓「もういやだ…」

純「お茶ができましたよー」

梓「できてねーし!」

憂「あずにゃーん!」ベタベタ

梓「律先輩なのか私なのかハッキリしろ!」

梓「はぁ~、全く…こういうときに私は損な役回りだよ」

憂「梓ちゃん、なんだか本当に律さんみたいだったよ♪」

梓「はぁ?どこがだよ」

純「なりきってる自覚なし!?」


純「じゃあ気を取り直して第二周!」

憂「じゃあ今度は私があみだ書くね」

梓「純のみたいに変なのにしないでよ」

憂「任せて!」

純「ちょっとー、変なのってどういうことよー」

憂「…」スラスラスラ

梓「速い…ペン先が見えない…」

純「憂選手本気だねぇ」

憂「できた!」フゥ

純「じゃあ今度は私から」

純「よし、これ!」

憂「ああああああああああああああああああ!!!!!」

梓「!?」ビクッ

純「あ、もしかしてこれ…唯先輩?」

憂「…」コクッ

梓「あのスピードで書いて、ルート計算してたんだ…」

純「ごめんごめん、今回は我慢してよ」

憂「…いいの、私ズルしようとしてたんだから」グスッ

純「そうだ、なんなら私の唯先輩で唯先輩分を補充しなよ!」

憂「純ちゃん…」ウルウル

梓「純の唯先輩とか嫌な予感しかしない」

梓「私は澪先輩」

憂「私律さんだ」

純「よーし、いっくよー!」

梓「最悪の事態だけは起こらないでよ…」

~~~

純『憂、唯先輩だよー、大好きだよー、ちゅっちゅー!』

憂『お姉ちゃんはそんなこと言わない!』ガスボカドゴォ

~~~

梓「…」ドキドキ

純「ういー!ちょっと来てー」

憂「なあに、お姉ちゃん」

梓「憂、律先輩律先輩」

憂「お、おう純、なんだー?」

純「ぎゅっ!」

憂「わ!おね…純ちゃん、じゃなくて純、何すんだよー///」

純「あったかい?」

憂「うん、純すっごいあったかい」

純「私もこうしてるとあったかいなー」

梓「へ?なんかめちゃくちゃ上手くいってる…」

純「憂」

憂「なあに、お姉ちゃん?」

純「いっつも憂のこと考えてるからね、ずっと永遠に一緒だよ!」

憂「お姉ちゃん…」ウルッ

梓「ストップストップ!なんで純の演技がこんなに上手いのよ!」

純「これが本当の私、って奴かな」

憂「…今、お姉ちゃんが純ちゃんを通してメッセージをくれたみたいだった」ウルウル

梓「あんたはもう色々と病気だよ…」

純「梓は全然マネしてなかったじゃん、ずるいよー」

梓「あんな状態でマネできるか!」ポカッ

憂「あ、澪さん」

梓「じゃあ順番的に次は私があみだ作るんだよね?」

純「すっかりノリノリじゃん」

梓「流れってもんがあるじゃん、それだけだよ!」

憂「素直じゃないなー」

梓「あみだくじとかこの程度でいいんだよ」カキカキ

憂「私これ!」

純「私はこれかな?」

梓「じゃあ私は右端の奴ね」

憂「あ、私澪先輩」

純「私は律先輩か」

梓(…どうしよう、唯先輩だ)

梓(正直私の唯先輩へのイメージじゃあ憂を傷つけかねない…)

梓(いや!憂に傷つけられかねない!)

純「梓はー?」

梓「ぎくぅ!ちょ、ちょっと待ってねー!」ビクビク

梓(だいたい純のマネが上手いのがいけないのよ!)

憂「梓ちゃんは右端だったから…お姉ちゃんだね!」

純「梓の唯先輩か―、なんか新鮮!」

憂「梓ちゃんお姉ちゃんとベッタリだったから上手いんじゃないかな?」

梓(ハードル上がってるーーーー!!)

梓「わ、私物マネとか全然ダメな人だし…」

純「でもいままでは結構上手かったしなー、今回も上手いでしょう!」

梓「…純、月の明るい夜ばかりだと思わないでよ」

純「よー憂!元気かー?」

梓(相変わらず似てない…)

憂「う、うん、突然なんだよ?」

純「なんでもねーよ?」

梓「う、ういー、じゅんちゃーん!」ガバッ

憂「な、何するんだよ突然!」

純「お、やるのか梓ー、このこのー!」

梓「じゅ、純ちゃんの髪モフモフー!」

純「おい梓ー、やめろよー!」

憂「…」

梓(やっべ!早速何か逆鱗に触れた!?)

憂「何やってんだお前ら、練習するぞー?」フー

梓「ほっ…」

憂「…お姉ちゃんはそんなところでホッとしない」ボソ

梓(ひいいいいい!怖い!)

純「よーし、じゃあ2順目やろうか」

梓「ちょっと待ってよ純、まだやんのこれ」

純「まだやんのって、まだまだやってない組み合わせいっぱいあるじゃん」

梓「全部やる気!?」

憂「あと21パターンかな?」

梓「多いよ!」

梓「だいたいさ、私達の立ち位置って先輩がたと比較するもんじゃないと思うんだ」

純「うーん」

梓「私達は私達じゃん、私は私ポジションだし、憂は憂ポジションだよ」

憂「そうだね」

純「私は?」

梓「モブキャラ」

純「何よー!」プクー


梓「嘘うそ、純は純だよ」

純「綺麗にまとまったし、早速練習始めますか!」

憂「うん!」

梓「次はどんな立ち位置の子がくるかな?」

純「きっと、面白い子だよ」

憂「お姉ちゃんみたいな人だといいな♪」

梓「…とりあえず走らないドラマーが欲しいかな?」

純「二人とも先輩の立ち位置基準にしすぎ!」

おわり



最終更新:2010年11月30日 23:43