澪「やっぱりアニメが終わってからは唯には勝てないか・・」

澪「・・・」

澪「まあいっか・・どうせ私は脇役だし・・」

澪「唯が5つ」

澪「私がこれ1つ」

澪「律が3つ」

澪「憂ちゃんが1つ」

澪「紬と梓は・・・」


澪「どうにかして私のスレを増やしたいな」

澪「私に足りないのは何だろ…」


唯「え?澪ちゃんに足りないの?」

唯「う~ん…馬鹿っぽさ、かなぁ」

唯「うんたん♪」

唯「馬鹿っぽいでしょ?でもこれが良いんだよ!」

澪「ふむふむ…馬鹿っぽさ、と…」


律「え?澪に足りないもの?」

律「う~ん…おしとやかさ、じゃね?」

律「ほらお前あれだ。すぐ殴るもんな」

澪「それはお前が悪いんじゃないか」

律「ん、そうか?何にしても暴力は良くない、暴力は」

紬「澪ちゃんに足りないもの…?」

紬「好きな人じゃないかしら!」

紬「ほら、好きな人が出来ると女の子は綺麗になるって良く言うじゃない!」

紬「あ、でも男の子を好きになっちゃダメよ」

澪「好きな人…でも男の子はダメ、と。何じゃそりゃ」


梓「え?澪先輩に足りないもの?」

梓「う~ん…突然言われても」

梓「あ、そうだ!服装!」

澪「服装?」

梓「もっと可愛い服を着ましょう!ネコミミとか、メイド服とか、ウェイトレスとか!!」

澪「ネコミミ…ウェイトレス…ふむふむ…」


和「澪に足りないもの?」

和「別にないんじゃない?」

和「唯の話だとベースはかなり上手いみたいだし」

和「それに顔も可愛いわね」

澪「そっ、そんなことないよ!」

和「あ~…あえて言えばそうね、自信が足りないかも」

澪「自信?」

和「そ、もっと自分に自信を持ちなさいよ」

澪「自分に自信…ねぇ」


さわ子「澪ちゃんに足りないもの、ね」

さわ子「私はもっと澪ちゃんに従順で居て欲しいわぁ」

さわ子「そしたらもっと色々澪ちゃんで遊べるのに♪」

澪「それは先生の願望じゃないんですか…?」

さわ子「でもね、こう、何でも言うこと聞いちゃうっていうか」

さわ子「従順で大人しい子は人気があるものよ、どの作品でも」

澪「はぁ、従順…ですか」

憂「え?澪さんに足りないもの…ですか?」

憂「ヤン…じゃないですか?」

澪「や、やん?」

憂「ヤンデレってあるじゃないですか」

憂「こう、好きな人は殺してでも一緒に居たいみたいな病み方」

澪「なんかいまいち良く分からないけど、好きな人が思い通りにならなかったら殺せばいいのかな…?」





澪「メモを整理してみよう」

  • 馬鹿っぽさ

  • おしとやかさ

  • 好きな人(男の子はダメ)

  • ネコミミとウェイトレス

  • 自信

  • 従順

  • ヤンデレ


澪「これを全部抑えれば、私の人気はうなぎのぼりだな!」


澪「下駄箱は~あった。よし、ラブレターは入れたぞ」

紬「あら澪ちゃん、おはよう」

澪「あっムギ、良いところに着た!」

紬「?」

澪「何にも言わずに私にウェイトレスの制服とネコミミを貸してくれ!」



音楽室

澪「必要な物は揃えた…」

澪「よし、メモも確認したぞ」

ガチャ

律「お、おっす」

澪(来た!!)

律「わ、わざわざ手紙で呼び出したりしてどうしたんだよ?」

今日最後の授業が終わった跡、1番早く音楽室に来て下さい。
貴方に伝えたいことがあります。
絶体に来て下さいね。
濡より

律(何かラブレターっぽい…てか濡って誰だと思ったら澪かよ!)


澪(よし、ちゃんと律は来てくれたな)

澪(まずムギのアドバイス、好きな人を作るをクリア)

澪(そして唯のアドバイス、ラブレターの手紙の漢字をわざと間違える事で馬鹿っぽさもクリア)

澪(順調だな!)

律「てか、何で澪ウェイトレス姿…それにネコミミも…?」

澪「かっ、可愛いだろ?」

律「えっ、う、うん。確かに可愛いよ」

澪「だろ!?そそそりゃそうだ、なんたって私が着てるんだからな!可愛くないハズがない!」

律「…」

律(確かに可愛いけどこう言われるとムカつくな…)

澪(ネコミミ、ウェイトレス姿で梓のアドバイスをクリア)

澪(そしてこれを自慢する事により、和のアドバイスもクリアだ!)

澪(ふふ…これで『澪「』が入ったスレタイはかなり増えただろうな)

澪(ん…まだこのスレだけか…。気が早かったかな?とりあえず最後まで実行するぞ!!)


澪「と、いうことで…律さん。私を好きにしてください」

律「はぁ!?な、何故そうなる!?」

澪「私、律さんの言う事なら何でも聞きます…」

律「えぇえ…?」

澪(さん付けでおしとやかさアピール!律、お前のアドバイスだぞ!)

澪(そして貴方の言うこと何でも聞きます発言で、さわ子先生のアドバイス、従順もクリアだな!)


律「な、なぁ澪。私達女同士だしさぁ」

澪(そして最後のアドバイス…憂ちゃんが言っていたヤンデレ)

律「何か、そういうのって違うと思うんだよね、ははは~…ってお前その包丁は…?」

澪「そっか…律は私が嫌いなんだぁ」

律「待て!嫌いなんて一言も言ってないぞ!!」

澪「私はこんなに律が好きなのに、伝わらないんだ…」

律「澪っ、落ち着け!目が怖い目が!!」

澪「律が私の思い通りにならないんだからしょうがないよね」

律「やめ、みっ、うぎゃぁぁぁぁぁぁぁあ!!」




澪「ミッションコンプリート!」

澪「きっと今頃、『澪「』のスレが乱立してるハズだ!」

澪「あ、あれ…ま、まぁそんなすぐには立たないか」

澪「きっと日付が変わった途端に立ちまくるな!」

澪「きっと今皆一斉に立てようとして、同じ人が同時刻にスレッドを立てようとしています!って画面になってるんだ!」

澪「いやぁ、12時回った後が楽しみだ!」


おわり