いつも、何度でも3

いつの間にか、僕は歌を歌っていた。

「そうね、愚痴や悲しみや憎しみを口に出すくらいなら、その方がいいわ。」
アスカが僕の体内からそう言っているのが聞こえた。
「結局、あたしたちはネルフからは逃げられないの。
ネルフの思うままに踊らされ利用されていくだけ。」
「でも、そのネルフのおかげで僕はアスカに会えたんだよ。」
「…そうね。」
僕とアスカは2人で混じり合いながら、歌う。
選ばれた、あるいは創り出されたチルドレンとして、歌い続ける。
そう、僕たちの歌は終わらない。
そして、そのまま、僕たちは、消えていく。





気づいた時、僕はミサトさんの部屋の前にいた。
アスカがここに連れてきたことは間違いない。
覚悟は、できていた。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2007年08月12日 01:25
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。