※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

亡国の教皇 アヒャリウス

効果モンスター
星2/炎属性/天使族/攻800/守800
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手に400ポイントのダメージを与える。
自分のメインフェイズ時、
炎属性モンスター1体を手札から特殊召喚する事ができる。
この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。
絵師:○○様

炎の堕天使に登場。
自身の召喚・特殊召喚成功時に、
400ポイントのダメージを相手ライフに与えるバーン効果と、
フィールド上に表側表示で存在するときに1度だけ使用できる、
手札の炎属性モンスターを特殊召喚する効果を持つ。

炎属性メインの亡国デッキにおいて投入が検討されるカード。
効果はフィールド上に表側表示で存在する限り一度しか使えないので使い所は慎重に選ぼう。
《亡国の錬金術師 ヴァイツェン》の効果で蘇生した場合はまた効果を使えるようになるので相性は非常にいい。
《亡国の大司教 アウスレーゼ》同様素のスペックが低いので普通に召喚するのではなく、
《亡国の踊り子 ファティマ》《亡国の錬金術師 ヴァイツェン》などの効果を使い特殊召喚するのが無難。

  • 原作において
しがない一地方司教にすぎなかったが
召喚したベリアルの力で聖主の地位を強奪。
世界を統べる絶対者、教皇になった彼は
ベリアルを完全に信用し全てを任せ、日々遊び暮らす無能である。
本人はベリアルを支配しているつもりだが
使役されているのは果たしてどちらか。
アウスレーゼとともに永遠の手に入れるべく
ベリアルに魂を集めさせる。


関連カード



登場作品

最終更新:2013年03月06日 23:36