※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

亡国の錬金術師 ヴァイツェン

効果モンスター
星2/炎属性/アンデット族/攻500/守500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手に400ポイントのダメージを与える。
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、
自分の墓地に存在するレベル4以下の炎属性モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。
「亡国の錬金術師 ヴァイツェン」のこの効果は1ターンに1度しか発動できない。
絵師:○○様

炎の堕天使に登場。
自身の召喚・特殊召喚成功時に、
400ポイントのダメージを相手ライフに与えるバーン効果と、
1ターンに1度だけカードの効果により破壊され墓地へ送られたときに、
墓地のレベル4以下の炎属性モンスターを蘇生する効果を持つ。

炎属性メインの亡国デッキのメインエンジンの一つともいえるカード。
後半の蘇生効果は1ターンに1度しか使えないが、
相手の攻撃に合わせて発動した《盲雨》《無縁仏への誘い》などで相手のモンスターを除去しつつ、
蘇生効果を使うこともできる。
そのまま召喚してしまうと500という低めの攻撃力を晒してしまうことになるので、
《亡国の踊り子 ファティマ》《亡国の教皇 アヒャリウス》などの効果を使い守備表示で特殊召喚しよう。

  • 原作において
不完全ながらも不死を手に入れた東欧の大貴族。
ギコのことを友として、師としてしたう。
穏和な彼も研究となると豹変するマッドアルケミス。
不完全な不死に苦悩している。


関連カード



登場作品

最終更新:2013年03月07日 18:16