チャウワドゥ帝国

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国名 チャウワドゥ帝国
リーダー ヒワイデッセ・エ・ワイセブッツ
種族 人間
人口 450万人
首都 ド・スケーベ
友好 共和国
中立 トゥトウ・獣華連邦・フェラトピア
敵対 王国・エロチカ・聖王国・教義国

賢帝ヒワイデッセが治める国。
ヒワイデッセは幼少の頃より非常に優秀であり、13歳で皇帝に即位し『童帝王』と呼ばれた。
皇帝は統治力だけでなく軍師としての腕もあり、多くの国と戦火を交えている。
潜在的な敵であるエロチカを除いても、人類国3カ国と戦争をし続けてる恐ろしい国。

白い肌と金色の髪を持つ人種。
自分達こそ人類種の起源であり他国の人種はそれらが変質したものだと主張する。
聖王国民を「田舎者」教義国民を「トンキン」王国民を「黄色い猿」と呼ぶ。