幻影城

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【幻影城】
 悪魔たちの拠点である【魔界の門】。
 その周辺は現実とも魔界ともつかない不思議な空間となっており、人間には感知できない空間(単なる朽ちた廃神社にしか見えない)である。
 そこに建てられたのが【幻影城】であり、中には蝋人形のようになった攫われた乙女たちが彫刻のようにディスプレイされている。
 ここは魔界王で始祖悪魔のルシファが城主としてソファに座っている。

 悪魔であればだれでもこの空間にやってくることができるが、この場はルシファの圧倒的なプレッシャーが支配しており
 戦闘を起こそうという気力はよほどの意思が強くないと基本は不可能。

 魔界の門とわばれる穴は大きく、悪魔であればルシファたちにバレずに現実世界を行き来することは可能。

 ルシファは幻影城に常にいるとは限らず、魔界に戻っているときもある。
 ここで「海馬市暗黒魔方陣」の術を準備している。

 人間側は、何らかの術(メタ的に言えばイベント等)がないとこの場所を感知することも侵入することも難しい。
 しかし悪魔に連れてこられる、と言うのであれば、潜入できなくない(人間側キャラクターだけの意思では潜入は現時点では不可能)。