第1話OP4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OP4「新たな使命」

シーンプレイヤー:“ストームブリンガー”エル
他のPCは登場不可。

 世界の脅威と戦う組織、エクスカリバー。
その一員であるキミのもとに、剣の刻印が刻まれた一枚のコインが届けられた。

エル:では宿の個室にて。ひとりコインに向かって呟く。
エル:「今度はどんな任務だ?」

 コインが眩い光を放つと、導師シェルリィの姿が浮かび上がる。
シェルリィ:『“ストームブリンガー”エルよ。新たな使命を授けよう』
エル:「お久しぶり、導師シェルリィ。今回は何を?」

 眠っている姿を写したものか、目を閉じた少女の映像が浮かび上がる。

シェルリィ:『今、ひとりのアルフが帝国の銀十字軍に利用されておる』
シェルリィ:『彼女の名前はリーリエ』
シェルリィ:『今回おぬしがするべきは、リーリエの保護じゃ』
エル:「なるほど。帝国らしいわね」

シェルリィ:『彼女は今、銀十字の手から逃れようとウィンカスターに向かっておるはずじゃ』
シェルリィ:『早急に合流し、彼女の助けとなれ』
エル:「了解したわ。帝国の鼻を明かしてやりましょう」
シェルリィ:『シャードの導きがあらんことを‥‥』
GM:映像が消え、コインは元に戻った。
GM:【クエスト:リーリエを保護する】をどうぞ
エル:頂きます。

GM:では、シーンは変わらず場面を変更するよ。
エル:大丈夫です。精霊の力を借りてウィンカスターへ飛びましょう。

 ** ** **

 キミがウィンカスターに到着すると、どこか街は物々しい様子だった。
路地を歩いていると、いきなり帝国兵に取り囲まれる。

帝国兵C:「そこの女、止まれ!」
帝国兵C:「旅の者のようだな。少し訊きたい事があるのだが‥‥」
エル:「何かご用かしら? 急いでいるのだけど」
帝国兵D:「‥‥違うか」 その兵の後方で、何かを確認していた様子。

GM:逃げようと思えば逃げられるけど、怪しまれるだろうね。
GM:帝国兵は2人分の似顔絵をキミに見せて、この街で見かけたかどうかを訊いてきた。
GM:片方は活発で正義感の強そうな青年(ハヤテ)。
GM:もう片方は‥‥ シェルリィ導師の映像にあったアルフの少女、リーリエだ。
エル:「いえ、見てないわね」 この街では。
帝国兵C「知らないのなら良いのだ。見かけたら通報してくれ」

GM:では、キミはそのまま解放される。
GM:目標値10の【知覚】判定に成功すれば、立ち去る帝国兵たちの会話が聞こえるよ。
エル:【知覚】判定ね。2d6+4(ダイスを振る)出目「5・5」で達成値14。成功よ。
帝国兵C:「‥‥とにかく、このアルフを見つけて、バッフェ中尉まで届ければいいのさ」
帝国兵D:「チッ 銀十字のやつらの失敗の尻拭いかよ。コキ使ってくれるぜ」
帝国兵C:「まあそう言うな。ゾンバルトの尻拭いよりは、まだ見返りが期待できるぞ」
帝国兵D:「そうだな。少しはやる気を出すか」
エル:では風を操作して聞いた、ということで。
GM:良い演出だねw
エル:ため息をつきつつ。
エル:「楽な仕事でないとは思っていたけれど、面倒な展開になってきたわね‥‥」

シーンEND


最終更新:2013年03月07日 14:24