ダイナミック入店

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「9人も殺されたのか…」

店内をフラフラしながら放送の内容を記憶する。

「流石に…めんどいなんて言ってる場合じゃねえか…」

急に腹が鳴る。
寝ていても腹は減る物だ。
ここはスーパー、食う物には困らない。

「…コロッケか、旨そうだな」

とりあえず、目に付いたコロッケを貪る。
ジャガイモと肉のスタンダードなコロッケだ。
ご飯が欲しくなる味だ。

「メシはないのか…ああ、あったあった」

惣菜コーナーにある白飯を取り、コロッケと共に食べる。
やっぱり、コロッケと白飯は合う…。

「動くな」
「…!」

急に頭に銃を突き付けられる。

「床に伏せろ」
「…分かったよ、そう急かすな」

下手に反抗しても、殺されるだけ。
そう感じた一輝は、素直に伏せた。

「質問に答えてもらおうか」
「何だ…」
「…お前は、殺し合いをする気があるか?」

その質問をするなら、なんで床に伏せさせるんだよ…と思ったが、口には出さなかった。

「…する訳ないだろ。第一、する気があるならこんな所でメシなんか食ってねーだろ」
「まあ、確かにそうだが。万が一を考えてだな…」
「まあ何でもいいけど、もう起きていいか?」
「あ、ああ…すまなかった。」

床に置いたミニミを拾い上げ、服の埃をはらう。
…食べかけのコロッケが、床に落ちている。

「ああ、もったいねえ…ん、アンタ、ロシアの人か?」
「いかにも。俺はアンドレー・アヴェルチェフ。アンドレーでいい」
「よろしく。妙に銃を使い慣れてるっぽいが、軍人か何かか?」
「ああ。昔、特殊部隊にちょっと、な。銃のことはそれなりに分かる」

そう言って、持っている銃を見せてくる。
自分の持っている銃よりかなり小さい。
名前はH&K MP7とか言うらしい。

「装弾数は40。使用弾丸は4.6mm×30。かなり使える」
「そうなのか、俺は一般人だしな。銃は良く分からん。俺のはどんな感じなんだ」
「お前の銃か、名前はFN ミニミ。装弾数は…200発のようだ。弾は7.62mm×51だ。」

聞いてはみたものの…さっぱりわからない。

「とりあえず…この重いのはお前が使った方がいいんじゃねえか?」
「そうか。じゃあ俺のと交換だ」




「…これからどうする?今は…4時7分か。出歩くにはまだ暗い…」
「なら、もうすこし明るくなるまで待つか?」

その時。
豪快な音を立てて、入り口がブッ壊れた。
丁度2人がいる所からは良く見えないが、ただ事では無いのは分かる。

「何だ何だ!?えらくダイナミックな入店方法だな、おい」
「とにかく行ってみるぞ」
「…おいおいおい…何だこりゃ?トラックが突っ込んでるぞ」
「中に誰かいるぞ、注意しろ」

その「誰か」が、トラックから降りてくる。
アンドレーが素早くそいつに銃を向ける。

「うわあああっ、銃なんて下ろしてください!」
「…お前、何でこんなことをしたんだよ…」
「じ、実は操縦ミスで入り口につっこんじゃって…」

嘘を付いているようには見えない。

「お前、名前は?」
「夜釣りの人だ」




「面倒だから夜釣りでいいか?」
「いいですよ」

突っ込んだトラックを何とか駐車場の方に送る。
フロントガラスやライト等はボロボロだが、まだ走れるようだ。

「とりあえず、この車があれば移動に便利だろう。」
「でも、ライトが壊れたからな。暗い中での走行は無理だ」
「仕方無い。とりあえず、キーを抜いてスーパー内に戻ろう」

【一日目・深夜/A-3:スーパー駐車場】
【川内一輝@オリジナル】
[状態]:健康
[装備]:H&K MP7(40/40)
[所持品]:支給品一式
[思考・行動]
基本:ちょっとダルいが、ゲーム脱出の為に動く。
1:とりあえず、明るくなるまで待つか

【アンドレー・アヴェルチェフ@オリジナル】
[状態]:健康
[装備]:FN ミニミ(200/200)
[所持品]:支給品一式
[思考・行動]
基本:ゲーム脱出の為に動く。
1:明るくなるまで待つ。

【夜釣りの人@Tさんシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:なし
[所持品]:支給品一式、トラックのキー
[思考・行動]
基本:殺し合いはしない。
1:明るくなるまで待つ。
※駐車場にボロボロのトラックが停めてあります。

≪キャラ紹介≫
【アンドレー・アヴェルチェフ】 35歳/男/元・特殊部隊隊員
ロシア系の男。
細かな説明は本文中にあるので割愛
最終更新:2011年06月14日 23:29
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。