休戦の時を迎えて

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うにー。頭が回らない。もう、時間かなぁ?」

髪が、黒く染まっていく。
青色サヴァンが終わっていく。
死線の蒼が消えていく。
何もかもが失われていく。
青も、
才能も。
そんな時、

ピッー!ピッー!ピッー!

騒々しくアラームの音が響きわたる。

「もう…時間かな~。じゃあ僕様ちゃんも仕事しなきゃね」

再び、玖渚はモニターに向かった。

「はぁぁ。ワイスマンの喋りってもうめんどくさいからいいか。
なんかアウラちゃんがいーちゃんに僕様ちゃんのこと教えちゃったしさ」

そして放送が、始まろうとしている。

 ◇

玖渚友による猛攻がいったんやんだ。
これはアウラにとって、
救いとなった。
だから彼女も動き出す。殺し合いを止めるために。

「…………」

女神は天に昇る。

【玖渚友@戯言シリーズ】
スタンス:黒幕

【アウラ@.hack】
スタンス:対主催


今日という一日は 投下順 王?女王?ロールし続けたPC
究極、そしてサヴァン アウラ NOW SAVING
究極、そしてサヴァン ?(玖渚友) NOW SAVING
最終更新:2011年06月16日 17:00
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。