第1話 幸せの匂い




「あら、おかえりなさい、祈里。ダンス合宿はどうだったの?」
「ごめん、お母さん!その話は夕ご飯の時にするね!」


 パタパタッと急ぎ足に階段を上るわたしの後ろから、お母さんの「何慌ててるのかしら……」って
呟きが聞こえてくる。慌てますとも!これが慌てずにいられる訳が無いじゃない!
 ドアノブを回すのももどかしく、部屋に飛び込んで背中でドアを勢いよく締める。ああ……また一階
でお母さんが同じ台詞呟いてる気がする・・・。


(ううん、今はそれどころじゃないっ!)


 視線だけを素早く動かし、部屋の中をざっと見回す。机の上、イス、ベッド……。


(ありますように……ありますように……絶対にあるってわたし信じてる……!)


 部屋の壁、ある一点でわたしの視線が止まり、一気に真剣だった顔が緩む。


「……あった~!」


 彼女の性格を表わしたように、キチッと折りたたまれて、ミシンの置いてあるテーブルに置かれていたもの。
 それはせつなさん……せつなちゃんの着ていたジャージだった。



                   *


 わたしの忘れた練習着を取りに、アカルンの能力で合宿所からここまで来てくれたせつなちゃん。
帰ってきた時手ぶらだったのと、ダンスの練習で忙しかった事から、わたしは彼女がこれをわたしの部屋に忘れている事、そしてそれを失念してるであろうと推測していた。


「……さて……」


 とはいっても、推測がいざ現実になった今、さっきまでの緩んだ顔もどこへやらで、眉間に皺を寄せジャージの前に正座して、ただひたすら凝視し続けるわたし。


「……実際あったからって……どうするかってことなのよね……」


 どうするかって、そんな事は分かっている事で。
 せつなちゃんに連絡して取りに来てもらうか、ううん、迷惑かけたのはわたしなんだから、ここはわたしが届けるべき!
 それは分かっている事で。……でも頭では理解してても心では理解してないわたしがいる。


「せつなちゃんの、きてた、じゃーじ。」


 わざとらしく感情を込めずにそう言うと、わたしはジャージにそっと手を伸ばした。
 と、途端に手を引き、大きく首を左右に振る。
 ちょ、ちょっと待って……わたし今何をしようとしてるの?!ううん、違うわ!わたしはこれを届けるために、そ、そう、なにか紙袋に入れなきゃって手を伸ばしたのよ!何かへ、変質的な行為が 目的で手を伸ばした訳じゃなくて!自分が信じる自分を信じろって、わたし信じてる!……はあ、 それにしてもいい匂いだわ・・・。


「はっ!?」


 気が付くとわたしは、伸ばした手を引っ込めた代わりに、ジャージに思い切り顔を埋めていた。
 ちょっ……何やってるの、わたし!
 慌ててジャージから顔を……上げられない。
 ……柔らかくて甘い彼女の残り香が、わたしの顔を上げさせてくれない。



「せつな……ちゃん……」



 気が付くとわたしは、ジャージを顔に被るようにして、床に仰向けに寝転んでいた。
 当たり前だけど、目を開けてても閉じてても、暗い。今わたしの世界に存在してるのは、わたしと、彼女の匂いと、そして甘くて……少し苦い想いだけ。


「おかしいよね、こんなの」


 いつもラブちゃんの隣にいるせつなちゃんを見てて。イースとプリキュアとして戦った2人を見てて。
そして今、家族となって一緒に暮らしてる………幸せを、見てて。
 それなのに合宿で、見た事無いせつなちゃんを見ちゃった。
 あの時からわたしは……本当におかしくなったみたい。
 きっと、わたしなんかとは違う、凄い人だと思ってたせつなちゃんが、女の子だったから。
 普通に、悩んだり、頑張ったり……ちょっとふてくされたりする、普通の女の子だったから。



 気がついたら、好きになっていた。



 お互いのダンスへの考えとか、2人で一緒に踊ってる時とか、同じ物を感じてたと思う。
 けど……こんな苦しい思いを感じてるのは……わたしだけかな。


(……せつなちゃんにはラブちゃんがいるし)


 そう思ったとき、胸が急に痛くなった。


(よく考えたらこのジャージだって、ラブちゃんが昔着てたものだよね)


 胸の痛みが増す。何か、今までせつなちゃんと2人でいた所を邪魔されたみたいな気になる。
 ……嫌だ……こんな事考えるの止めないと……ラブちゃんとわたしはお友達じゃない……・。


「このままじゃ親友が幸せになっちゃうじゃない、って誰の台詞だったっけ……」


 わたしは最近TVで見たアニメの事を思い出そうとしたけど、すぐに諦めた。



                    *


 いつの間にか少し眠ってたみたい。
 相変わらずジャージを被ったままなので明るさは分からないけど、さっきより少し涼しい。
 眠ったせいもあってか、さっきまでの嫌な嫉妬めいた気持ちは収まってきてたけど、今はまた違う黒い気持ちが心に湧いてきていた。
 ……罪悪感と自己嫌悪。


(気持ち悪い、わたし)


 いくら好きだからと言っても、せつなちゃんの知らないとこで服の匂いを嗅ぐなんて。
 ストーカーとか変質者とか、そんな風に言われる人たちと一緒だ。こんなこと皆にバレたら……プリキュアどころか、友達でさえいられなくなっちゃう。


(もう、起きなきゃ……)


 でも、まだ残り香のせいか、少しだけ黒い気持ちの中に甘いものが混る。


(祈里、って呼び捨てでも良かったのにな)


 ブッキー、って皆と一緒の呼び方じゃなくて。
 せつなちゃんだけは祈里って呼んでてくれても良かった。それだけでわたしは小さな幸福感を得られたかもしれない。


(わたしがせつなちゃんだけちゃん付けしなかったら、そんな気持ちも味わえるかな?)


 ラブちゃんみたいに。そしたら皆ビックリするよね、きっと。
 多分そんな事は、しない。それがただの悲しい自己満足で、一人よがりだって分かるから。
 このジャージを被っている行為と一緒だ。


 だけど、だったら。


 今なら呼べるかもしれない。今、このわたしと彼女の残り香しかないこの薄闇の中なら。



「……せつな………」




「なあに?ブッキー?」




 バネ仕掛けの人形のように、わたしは飛び起きた!



                    *


 せつなちゃんが、椅子に座って笑顔でわたしを見下ろしていた。


「お昼寝はすんだ?……もう夕方よ」
「せ、せ、せつなちゃん……」


 焦って言葉が続かないわたし。み、見られてはいけないところを……よりによって一番見て欲しくない人に………!


「ふふ、ブッキーが起きるまで結構待ったんだから……って連絡もしないで来た私も悪いけど。まさか合宿終ってすぐ寝てるなんて思わなかったから」


 わたしの焦りようとは反対に、せつなちゃんは落ち着いた口調で更に言葉を重ねる。


「家に着いて合宿の着替えとか洗濯しようと思ったんだけど、そのジャージをここに忘れたの思い出してね。返してもらおうと思って来たの。すぐ戻るつもりだったからアカルンで来たんだけど、部屋に着いたらブッキー寝てるから……起こすのも可哀想かなと思って」


 話が核心のジャージに触れたことで、さらにわたしの焦りが増す。


「ジャジャジャージを取りに?!ずずずずっと見てたの!?」
「見てたわよ。やだ、まだブッキー寝呆けてる?」


 せつなちゃんはクスクス笑いながらわたしを見てる。
 ……ここまできてわたしも流石におかしいと思い始めた。これって変質者やストーカーに対しての態度じゃないよね?


「あ、あの……そのジャージなんだけど………」


 わたしは恐る恐る様子を探るようにせつなちゃんを見る。


「全く……他にも色々あるでしょうに、何でよりによって私のジャージなのよ」


 彼女は口元に軽く苦笑いを浮かべた。


「まあ確かにお昼寝するには日差しきついものね。ラブもお昼寝する時は必需品だ!って言ってたわ。…ア……イキドー?とか言うんだっけ」


 合気道……?いやそれは……。


「ア、アイピロ―だよ、せつなちゃん!」
「それそれ!やだ、私ったら」


 二人で同時に笑い出す。もっとも、わたしの笑いは多分引きつっていて、背中は嫌な汗でビショ濡れなのだけれど。



                     *


「さて、じゃあブッキーも起きた事だし,そろそろ行きましょうか」


 一笑いし終えた後、せつなちゃんはおもむろに立ち上がった。


「行くって……どこへ?」
「家よ。ラブたちが待ってるんだから、ホラ早く支度する!」


 唐突に話を切り出されてちんぷんかんぷんなわたしを、せつなちゃんは急かす。


「もう!ジャージの件だけならブッキーが起きるのをずっと待ってたりしないわよ!今から皆で合宿の打ち上げやろうって話……あら、ラブから聞いてなかった?」


 そういえば……わたしジャージの事で頭が一杯だったから…ラブちゃんがそんな事を言ってたような気も……。
 慌しくとりあえずの身支度を終えたわたしの手を、彼女が固くぎゅっと握ってきた。


「え、え、え、なななな何?!」
「何って……アカルンで行くんだから、くっつかないと……こないだのタルトみたいになりたくなかったら、ブッキーもしっかり掴まっててよ?」
「わ、分かった」


 ドキドキしている心臓の音を悟られませんように、と願いながら、わたしもせつなちゃんの手を握り返す。
 その時、ふわっと彼女の髪から、香りが届いた。
 さっきまでの暗い一人だけの世界で感じたものとは全然違う……ずっと濃くて、甘くて。
 そして温かくて、優しい匂い。





 これが幸せの匂いなのかも、ってわたしは思った。
                                  了



第2話 黒い声へ続く
最終更新:2013年02月13日 23:27