後ほねっこ男爵領

亜細亜の成長

最終更新:

atohone

- view
メンバー限定 登録/ログイン

亜細亜の成長


一 念 発 起 と書く。
い ち ね ん ほ っ き と読む。
ある事を成し遂げようと強く心に誓う、という意味の言葉である。



電網適応アイドレスにおいて、後藤亜細亜は常に守られる側の人間だった。
後ほねっこ男爵領の奪還に先立つ救助活動の大きな目的の一つは、
根源種族に囚われた亜細亜の奪還であったし、
一度戦闘に参加すれば、彼女を守るために、誰もが文字通り死力を尽くした。

自分が、誰かから守られているという事実を知った。
自分で思うよりも、ずっと多くの人に見守られていたのだと知った。
あまりにも多くのものを受け取り、申し訳ないほど何も返せない自分。
自分はそれを受け取るに値しないと泣く亜細亜に、誰かが言った。

『自分の無力を嘆かないで。
 私だって、ずっと昔に誰かから受け取った物を、貴方に渡しただけなのだから。
 それでも報いたいと思うのならば、約束して。
 いつか貴方もそれを誰かに手渡すと』


亜細亜は、優しいというには、あまりにも臆病で、
繊細と言うよりも、剥き出しの神経のように過敏な女の子だった。
傷つけられる痛みを想像して、その苦痛の影の巨大さに怯えるあまり、
自ら作り出した殻の中に篭るような女の子だった。

だが、傷つく事を避ければ避けるだけ、現実に背を向ければ向けるだけ、
痛みへの恐怖だけが膨れ上がっていく。
わが身と心を守るための殻は、何時しか自分自身を閉じ込める檻と化していた。

そこから一歩踏み出す切っ掛けになったのは、吹雪先生とアイドレスだった。
おっかなびっくり人と関わるようになった。
泣きたいくらい怖い目にもあった。
痛みを乗り越える事が、自分で思っていたよりもずっと容易い事を知った。

その度に、誰かが亜細亜の事を守っていた。
誰かが亜細亜を守るたびに、
亜細亜の代わりに傷ついている事に気がつくのに、少し時間がかかった。
余裕が無かった事もあるが、それ以上に、
皆が亜細亜の心を守るため、自分が傷ついた事を悟らせまいとしたからだった。

あまりにも多くのものを受け取り、申し訳ないほど何も返せない自分。

誰かが悲しむのを見過ごすのも嫌だった。
誰かの悲しみと痛みを感じるごとに、我が事にように胸の奥が痛む。
目を閉じ、耳を塞いでも、自分を誤魔化す事は出来ない。
これほど苦しいのに、それを放っておく事など出来るはずが無かった。

でも、もう自分を守るために誰かが傷つくのを見るのは嫌だった。

『わたしは、誰かを守れる人になりたい』
それは、後藤亜細亜の一念発起。
皆から手渡されたものを、今度は自分が手渡す番なのだ。


深く息を吸い、ゆっくりと吐く。
手に持ったヘルメットには、曲面に沿って歪んだ自分自身の顔が映りこんでいた。
思い詰めた表情が、どこかユーモラスに崩れている。
だが、決意を込めた眼差しは驚くほどそのままだった。

その瞳に問いかける。

『わたしは、わたしの願いを叶えられるくらい強くなったかな?』
――いいえ。わたしの力はまだ全然足りない。
『じゃあ、今わたしがしようとしている事は無駄なのかな?』
――いいえ。足りない部分は戦場で学べば良い。
『何時か、届くかな』
――わたしが、諦めなければ。


その答えが、YESである事を願って。



一般性能開示

L:亜細亜の成長 = {
 t:名称 = 亜細亜の成長(イベント)
 t:要点 = ひっつめ髪,インナースーツ,ヘルメット,銃,決意して息をのんだ顔
 t:周辺環境 = ウォードレス部隊
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *亜細亜の成長のイベントカテゴリ = ,,藩国イベント。
  *亜細亜の成長の位置づけ = ,,{特殊イベント,自動イベント}。
  *亜細亜の成長の内容 = ,,後藤亜細亜はこの世の全てのACEを保護・救済し、アイドレス終了後も個人ACE達が消失されない道を探すことを決意する。
 }
 t:→次のアイドレス = 無制限父性復活?(強制イベント),廃役ACEに関する情報の公開?(強制イベント),亜細亜・ブルーアイズ?(ACE)
}

チェック用URL

人気記事ランキング