ClickJapan@wiki

クリックマスラジオ2008~第3部~

最終更新:

wonka

- view
メンバー限定 登録/ログイン

クリックマスラジオ2008


楽しくクリックしながらクリスマスを過ごそう!というラジオ企画です。
今回は3カ国ではなく国内向け放送ですので日本語オンリーです。
放送予定日は後日お知らせします。
詳細は順次発表!

第3部概要

 第三部では1996年から2006年の曲をご紹介します

 曲の合間のどこかでラジオドラマが入ります!!お聴き逃しなく!!

第3部プログラム(予定)


18 邦楽 Dear…again by広瀬香美(1996)(06:07)

 1966年にリリースされた広瀬香美の「ディア…アゲイン」。
 シンガーソングライターである彼女の曲は1990年代に毎年のようにスポーツ用品販売チェーン店アルペンの冬のCMソングに起用され、その多くが今や冬の定番曲として知られています。この曲もアルペンCMに使用された中の1曲。

 この曲は3rdアルバム「SUCCESS STORY」に収録された「Dear」を元に、歌詞変更などの改変を行ったリメイク作品なので、ディア…アゲインというタイトルになっています。

19 洋楽 Christmas Canon Rock by Trans-Siberian Orchestra(トランス サイベリアン オーケストラ)(1998)(04:19)

 トランス・サイベリアン・オーケストラが1998年にリリースした「クリスマスカノン・ロック」。
 トランス・サイベリアン・オーケストラは1996年に結成されたニューヨークを拠点に世界中で活動するロックグループ。
 バンドのテーマがクリスマスということで、クリスマスにちなんだクラシック曲をロック風にアレンジした曲を数多くだしています。

 主要メンバーはポール・オネイル、ロバート・キンケル、ジョン・オリビアの3人ですが、その他に33名のメンバーが所属しているまさにオーケストラなグループです。

 この曲はパッヘルベルのカノンとして有名なクラシック曲のアレンジで、きっと誰もが1度は聞いたことのあるメロディだと思います。

20 邦楽 Burnin' X'mas by T.M.Revolution (1998)(04:32)

 「T.M.レボリューション」が1998年にリリースした「バーニン クリスマス」。
 T.Mレボリューションは西川貴教のソロプロジェクト名。
 この曲はT.Mレボリューションの10枚目のシングルで、初のクリスマスソングでした。

 西川氏はこの頃毎回ど派手な衣装が注目されており、この曲のプロモーションビデオではバラの花弁をイメージしたという全身まっ赤なコスチュームを披露しています。

21 邦楽 白い恋人達 by 桑田佳祐(2001)(04:45)

 桑田佳祐が20001年にリリースした「白い恋人達」。
 この曲はコカ・コーラのNo Reasonキャンペーンソングに使用されました。
 この曲のプロモーション・ビデオでは、ユースケ・サンタマリアやウッチャンナンチャンの内村光良(てるよし)が出演しています。

 2005年にはアメリカのR&Bグループ、ボーイズIIメンがアルバム「ウィンター/リフレクションズ」でこの曲をカヴァーしました。

 この曲も冬の定番ソングとして有名で、今年12月10日に放送された日本テレビの番組「スッキリ!!」では「寒~い日に聞きたい!冬のラブソング・ベスト10」で一位を獲得しています。

22 邦楽 クリスマス・イブ by Babyboo(2004) (04:19)

 ベビー・ブーが2004年にリリースした「クリスマス・イブ」。
 ベビー・ブーは1996年に結成された男性5人組のアカペラグループで、
この曲は今日の放送で4曲目にご紹介した山下達郎の「クリスマス・イブ」のカバーとなっています。

23 邦楽 チキンライス by 浜田雅功&槇原敬之(2004)(04:55)

 2004年にリリースされたはまだまさとし と まきはらのりゆきのコラボレーション曲、「チキンライス」。

 この曲はダウンタウンが司会を務める音楽番組、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に槇原敬之がゲスト出演した際に、浜田雅功が作曲を依頼したのがきっかけで作られました。
 作詞は松本人志によるもので、貧しかった子供の頃のクリスマスの思い出が込められており、同番組での作曲風景を紹介したシーンでは、この詞を初めて読んだ槇原氏が思わず泣いてしまうシーンも見られました。

24 邦楽 メリクリ by BoA (2004)(05:38)

 2004年にリリースされたBoaのメリクリ。
 Boaは韓国出身の女性アイドル歌手で、この曲は彼女の14番目のシングルにあたります。

 東芝「au CDMA 1X WIN W21T」のCMソングに使用され、CMでは彼女自身も出演していました。

 今年アメリカの4人組オルタナティブロックバンド「ウィーザー」が日本語でこの曲をカバーし、話題になりました。

25 邦楽 キミノキセキ by Soulhead (2006)(04:45)

 2006年にリリースされたソウルヘッドの「キミノキセキ」。
 ソウルヘッドは北海道出身の2人、姉のヨシカと妹のツグミの二人によるヒップホップ、R&B姉妹デュオ。
 作詞作曲からプロデュースまで全て自分達で手がけ、姉のヨシカはsowelu/Crustal Kay/平井堅らへの楽曲プロデュースでも活躍しています。2005年には「D.D.D. feat. SOULHEAD」で倖田來未とコラボレーションし話題になりました。

 この曲はソウルヘッドがこれまでに手がけたソロ楽曲をフィーチャーしたクリスマス・スペシャル・シングルとして発表されたものです。
 「キミノキセキ」は姉YOSHIKAがかきおろし、ソロとして表現しています。

アウトロ

記事メニュー