無線ルーター

.
科学技術 >

Wireless_router, 2016.5.5

無線ルーターは信用できるか


 ここから先は集団ストーカーという、一般的には精神病という扱いになっている、秘密犯罪に関する話題ですので、一般の方は読む必要がありません。読んでも理解できません。しかし、分かる人には、何が書かれているのか、理解できるでしょう。

 電話やテレビなどは、秘密裏に軍や政府が、国内の監視ができるように設計されている、という説を主張している人がいます。アメリカが核兵器研究施設で働いていたという女性の話です。

 日本ではポケモン事件として扱われた、テレビ放送による子供のてんかん事件がありました。海外では洗脳事件が行われたとして非難されています。特定周波数の光を特定の順番などで見せると、てんかんを人工的に引き起こすことができることが知られていますので、洗脳だった可能性もあります。

 ポケモンは海外でも人気ですから、超富裕層から逆恨みされていたとしてもおかしくはないでしょう。その後、2015年7月11日には任天堂の岩田社長も55歳で亡くなっています。死因は胆管腫瘍、つまりガンです。

 日本でも、確かに、使っていないはずの電話線を切ると、集団ストーカーの思考盗聴被害が一時的に軽減します。電話線を切ると、加害者側は監視能力が落ちますので、これを補うために、新たな監視機器が設置されます。電話線の切断はあくまで一時的な対処となります。

 監視は、自衛隊や公安などが仕事、つまり公務として行っていますので、多少面倒なことでも、必要なことはやります。市民への監視を公務として行う場合も同様です。監視をするのは監視をしろという命令が下されているということですから、命令通り、必ず監視は行われます。監視に必要な設備も必ず整えます。そのための作業員が自衛隊や公安ということになります。

 前置きが長くなってしまいましたが、無線LANルーターは、電波を送受信しています。この電波は電磁波に属します。出力は小さいですが、室内で個人を監視するには十分な出力を持っています。当然、監視や攻撃にも利用できます。特定の周波数の電磁波を照射することで、人間の精神状態を変化させることも、理論上は可能です。

 現在の日本では、株式会社の設立には、固定電話の登録が必須となっています。飲食店などの出店にも、おそらく固定電話の登録が必要になることでしょう。

 電話が思考盗聴インフラだという可能性は、かなり高いとみてよいでしょう。無線ルーターも大量の市民に電磁波を照射できますので、暴動鎮圧などを目的とした睡眠波や頭痛波を発することができたとしても不思議はないでしょう。

 さらに無線ルーターは、携帯電話の電波妨害機の電波に妨害されてしまいますので、二つの併用は難しいでしょう。集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の方には無線ではなく有線のルーターをおすすめします。

 無線マウス・キーボードなども電波が干渉してしまうようですので、使わないほうがよいでしょう。被害者宅には電磁波が飛び交っていますので、それと干渉し、電磁波アレルギーなどを引き起こす場合があるようです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。