※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドーミン


■キャラクター名
ドーミン

■性別
男性

■所属陣営
関東

■所属地域
北海道

■所属地域のアピール
だいたいキャラ説に書きました。
真っ白なホルスタインは白い恋人です。

■体力/知力/攻撃力/財力/FS(FS名) 【合計...
体力:5/知力:1/攻撃力:6(+1)/財力:1/FS(食欲):6(+2)

■特殊能力名
ブリザード・スナフキンズ

■特殊能力内容
全てのキャラを寒さと貧困で苦しませる能力。

一部の有識者の力で国の予算をドーミン谷の開発、生活保護費に当てる。
その結果国民に皺寄せがきてMAP内全員の財力を下げ、砂ふきんにする。

しかしドーミン谷の人達は馬鹿なので土地開発に失敗し相変わらず貧しいままであり
LOSE-LOSEの関係が成立する。
全ての国民は寒さと貧困に苦しんで死ぬ。

※GK補足
MAP全域の経済力を引き下げ、地形を寒冷化させる。
効果は毎ターン発動することで徐々に強まっていくものとするが、その度合はGKのフィーリングによる。


■キャラクター設定
ドーミン谷出身の肉牛。F1。
ドーミン谷東部の悪寒は酪農が盛んな地方である。

非常に獰猛で、よく牛舎やハッチを脱走してその辺を縦横無尽に走り回っている。元気。
国家によって愛する真っ白なホルスタイン(雌)が牛質にとられ、今回のハルマゲドンに無理やり参加させられた。
かなりプンスカ怒ってる。

一方その頃、ドーミン谷の議会では国にとある要請をしていた。それは…




ドーミン谷は流刑された罪人と左遷された役人が開墾した蛮族達の国である。
東北よりも更に北に位置し、一応は日本の植民地という扱いになっているが、一歩ドーミン谷に足を踏み入れれば
凍てつく冷気とエゾシカ※1、エゾリスの支配する不毛の地であるため本州の人間が訪れることは滅多にない。

また、ドーミン谷は別名『試される大地』、『悪魔の手のひら』などとも呼ばれている。
そこに足を踏み入れた者は悪魔に魅入られ、その過酷な環境下を生き抜いた者は悪魔の力を手に入れる。
アイヌ民族の伝承によると、大昔に風不死岳(ふっぷしだけ)、恵庭岳(えにわだけ)、樽前山(たるまえざん)が噴火し
全てを破壊し呪われているのだという。※2


ドーミンの暮らす苦死路、悪寒地方は、かつては炭鉱業が盛んで
いくらか潤っていたが、石炭が枯渇してからはどんどん経済情勢も悪化し
現在では『砂ふきん』※3と呼ばれるホームレスも多い。

ドーミンはまだ若い牛であるが、牛なんて産まれて数カ月もすれば余裕で人間蹴り殺せるくらいの体重になる。
安易に牛の後ろに立って興奮させることは死を意味する。冗談じゃなくて牛の背後に立つのはマジで危険。マジで。





※1
エゾシカ
軽自動車より強い。オプティの仇。

※2
富士山のフルパワーを1とした場合、樽前山、恵庭岳の本体である支笏(しこつ)のパワーは225。
約4万年前に超巨大噴火を引き起こし巨大カルデラを形成、
火砕流が殺滅(さっぽろ)を飲み込んで日本海にまで到達した。

※3
砂ふきん
生活に必要な物資も揃えることができず、砂で顔を拭いているに違いないという偏見から生まれた差別用語。
生活保護の受給条件が厳しくなり、また受給資格があっても門前払いされるなどで年々砂ふきんの数は増え続けている。
生活保護の申請に窓口を3回も訪れ、保護金を受給できず窮乏を極めて亡くなった者もいる。
テレビのワイドショーなどで生活保護の不正受給に対する過剰なバッシングが放送されているが、
生活保護の受給=悪という考えが浸透し本当に救いの手を必要としていながら保護を受けられない者達の数も決して少なくない。
生活保護受給者は2013年10月時点で216万4338人となり過去最多となったが、その中に『生活保護を受けられない人達』は含まれていない。


■ご当地ポイント
最終更新:2014年09月08日 15:13